Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

タグ:ルサルカ ( 6 ) タグの人気記事

ルサルカ@ブリュッセル

たびたび記事にしているドボルザークの《ルサルカ》だが、昨年11月にドレスデンで観て非常に印象的だったプロダクション(演出:シュテファン・ヘアハイム)(関連記事(1)(2))のいわばオリジナル版が最近ベルギーのブリュッセルにあるモネ劇場で上演され、実際の舞台映像(全3幕、約2時間半)を劇場のホームページで見ることができる(4/26まで)。
d0103632_13304955.jpg
《ルサルカ》は昨年11-12月に初台でも上演され、その収録映像がつい先日NHKで放送されたが、その映像を見た場合には上の動画は同じ演目かと思われるかもしれない(かなりの読み替えなので要注意)。映像を見て音楽を聞くだけでも十分に楽しめるとはいえ、残念ながら字幕がフランス語とオランダ語のみなので、これらの言語が理解できる人には問題ないが、せめて英語の字幕があればいいのにと思う。ちなみに「オペラ対訳プロジェクト」のサイトに全3幕の対訳が掲載されているのはありがたい。また、今回の動画配信があることを教えて頂き実際に同公演と2008年の公演をモネ劇場でご覧になった方のブログ(クラシックおっかけ日記)に掲載されているレポート(1)(2)が大いに参考になる。
d0103632_2261027.jpg
第3幕ラスト近くの水中シーン。映像で見るとそうでもないが、劇場の実演ではアッと驚くほどに巧くできた美しいシーンに見えた
d0103632_226262.jpg
ヴォドニク(男の水の精)役のWillard White(バス)。この演出では実質的な主役となっている
d0103632_2263865.jpg
ルサルカ役のMyrtò Papatanasiu(ソプラノ)。この名前はどう読めばいいのか
d0103632_2265584.jpg
指揮はアダム・フィッシャー。間もなく上野で上演される《タンホイザー》(演奏会形式)を指揮する予定

by ka2ka55 | 2012-04-01 13:41 | 音楽 | Comments(0)

Rusalka@ROH

既報どおり、昨年11月に初台で上演、収録された《ルサルカ》は今月11日(10日深夜)のBSプレミアムシアターで放送されるが、それとはまったく別に英コヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)で上演中(今月14日まで)の"Rusalka"が話題になっている。2008年にザルツブルクで上演されたプロダクションのようだが、どうやらその演出が酷いらしい(各紙の批評記事をざっと見ると"vulgar"や"ugly"などの単語が目に付く)。たとえば英紙The Telegraph記事のタイトルは"Royal Opera's Rusalka greeted with chorus of boos"とあり、初日のカーテンコールの動画が掲載されているが、たしかに演出スタッフ陣に対するブーイングが歌手や指揮者に対するブラボーとこれほど対照的なのも珍しい。ちなみに(ほとんどマルガリータの)指揮者はヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin)(関連記事)。


by ka2ka55 | 2012-03-01 18:27 | 音楽 | Comments(0)

ルサルカ考

《ルサルカ》についてこのブログで記事にするのは何度目だろうか。これまでの記事を検索してみると、約3年前の最初の記事(2009-02-12)を含めて十数件ヒットした。多いか少ないかはともかく、個人的にこのオペラがつねに気になっていることは間違いない。もっともこのオペラの存在を知ったのは最初に記事にしたときとほとんど変らない約3年前のことで、調べてみると日本での初演は1959年だったようだが、その後現在に至るまでの日本での公演記録はほとんど不明に近い。つまり今回初台で上演されたことにより、《ルサルカ》の実演を「初めて観た」という日本人が圧倒的多数を占めていることが判明した。オペラ観劇歴がまだ4年余りにもかかわらず、この間に3つの異なる演出の実演を観ているアタシはやはり変人か物好きの部類に入るだろう。以下、その3つの公演で入手したプログラムの表紙。
d0103632_1251468.jpg

by ka2ka55 | 2011-12-10 12:48 | 音楽 | Comments(0)

ルサルカ@初台

6日(火)の朝は冷え込んだが、そのせいか体温計も35度9分とほぼ平熱を示した。先週末に38度5分を記録しているだけに36度台でもだいぶ楽だが、やはり平熱に越したことはない。とはいえ相変わらず咳が止まらず痰が切れない。1日はさすがに熱があったため《こうもり》の初日はキャンセルせざるをえなかったが、6日が最終日の《ルサルカ》だけはどうしても観たくて、咳止めを途中で購入しつつ、初台へ向かった。
d0103632_22523712.jpg

by ka2ka55 | 2011-12-07 22:54 | 音楽 | Comments(0)

RE:ルサルカ@ドレスデン

11日にドレスデンで観た《ルサルカ》はフランクフルトの《ジークフリート》と同様、というか、こちらは予想に反してすばらしく印象的(魅力的)な公演だった。昨シーズンの新プロダクションにもかかわらず早くも再演されるだけのことはあるというべきか。映像(動画参照)や写真などにより概要は把握しており、大胆な読み替え演出らしく、(好みの演目であるだけに)その意味でほとんど期待していなかったのだが、ところがどっこい。実に面白く、舞台上で繰り広げられている(小道具や衣装を含む)演出は部分的に「エログロ」に近いものもあるとはいえ、ドヴォルザークの通俗性とドラマ性のある音楽とも妙に合致して観ていて聴いていて小気味いい。しかも(動画には映っていないが)第3幕の湖中のシーンがすばらしく美しい。そのシーンではけっして本物の水を使っているわけではなく、あくまでも技術的な擬似的描写なのだが、思わずうなってしまうような仕掛け(どこかの国立劇場のように、単純に舞台に水を張ればいいというものでもあるまい)。《ルサルカ》の実演は一昨年の3月にもデュースブルクで観ており、この舞台も美しかったが、今回のドレスデンの舞台はこれを凌駕していた。歌唱陣も皆すばらしかったが、やはり演出(シュテファン・ヘルハイム)に尽きるだろう。オスロ出身の40歳そこそこだが、コンヴィチュニーの手法に似ていなくもないところはあるものの注目すべき演出家であることは間違いない。


by ka2ka55 | 2011-11-16 20:58 | Comments(0)

ルサルカ@ドレスデン

d0103632_1744551.jpg

d0103632_175979.jpg

by ka2ka55 | 2011-11-12 17:05 | 音楽 | Comments(1)