Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

2007年 03月 04日 ( 1 )

イタリア便り

産経新聞Web版の国際ニュースに犬猫に関するちょっとショッキングな記事が掲載されている。以下、一部引用。
(前略)欧州連合(EU)諸国のうち、大半の国が国内法で犬、猫の皮を使用することを禁じているものの、なお10カ国が禁止しておらず、近く、EUの統一法令を出し全面禁止する動きになってきた。
 犬、猫の毛皮の輸出国は中国を筆頭とするアジア諸国だそうだ。コートの場合は、犬の毛皮だと15頭前後が、猫だと約24匹分必要だというから、「アジアでは年間200万匹の犬、猫が殺されている」という動物愛護団体の数字は決して誇張ではあるまい。EUで禁止してもアジアの犬、猫はどうなるのだろう。気の毒にも、まだまだ彼らの運命は前途多難である。(坂本鉄男)
これに関連して、Webを検索すると「動物愛護団体」系の「地球生物会議ALIVE」がヒットし、さらに具体的な事例やデータが紹介されている(参考)。それによると「イタリアでは、皮製品を作るために輸入した犬の皮を、コートの内側や、ジャケットや靴に使っている。」そうだが、先日購入したPR●DAのスニーカー(皮製)にも使われているのだろうか。
by ka2ka55 | 2007-03-04 15:09 | ニュース | Comments(0)