Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

RE:青い鳥を探せ

最近、英語の勉強を兼ねて(?)海外の某フォーラムに参加しているのだが、そこでひょんなことから英語で"Blue Tit"と呼ばれる鳥の存在を知った。"Tit"はこの場合、スズメ目シジュウカラ科の鳥を意味し、日本語では「アオガラ」と呼ばれるが、残念ながら日本には生息しておらず、主にヨーロッパにしか生息していない、まさに「青い鳥」である。一見、姿形はシジュウカラによく似ているものの、毛色が微妙に違っていて、たしかに青が実に印象的で美しい。こんな鳥が身近にいたらホントに幸せな気分になれるに違いない。野鳥カメラマンにとっても魅力的な被写体らしく、"Blue Tit"で画像検索すれば、無数の写真がヒットする。たとえば、スコットランドの野生生物写真家の方のブログに掲載されている写真がスバラシイ。ちなみにドイツ語では"Blaumeise"(ブラウマイゼ)と呼ばれる。
by ka2ka55 | 2012-02-24 10:54 | 自然 | Comments(0)