Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

釣魚:アユとオイカワをめぐるあれこれ(1)

d0103632_10594575.jpg
私がいま近所の多摩川中流域(内共12号区=下記参照)で釣りの対象にしているのは主にアユ(左=6/7の釣果)とオイカワ(右=6/9の釣果)ですが、写真でもわかるように体長は両方とも13cm前後で色以外ではそれほどの違いはないように見えるものの、実際にはまったく異なる種類の魚でして、分類学上、アユは「サケ目」、オイカワは「コイ目」に属します。たとえば、上の写真からわかるように、両者の外見上の特徴的な違いの1つは、背鰭(びれ)と尾鰭との間の脂鰭の有無のようです。とはいえ、オイカワ用の仕掛け(エサ釣り)でアユが釣れることもありますし、アユ用の仕掛け(毛鉤)でオイカワが釣れることもあるため、食性が近いことは間違いなさそうです。
d0103632_16263732.jpg

しかし、興味深いのは、やはりアユの習性もしくは生態です。「サケ目」つまり渓流に棲むイワナやヤマメと同じ仲間ではありますが、「キュウリウオ亜目アユ科」に属するのはアユ一種のみであるという点からもユニークです(ちなみに霊長類に属するもヒトもたった一種の生物)。そこで少し検索してみると、「謎に満ちた鮎の生態」と題する興味深い記事が見つかりました。
釣りの点から特に興味深いのは、食性に関するくだりです。(下線はブログ主)
アユは成長して草食系の魚類になります。
 春になって川の温度が10℃前後に暖まると、5~6cmに育ったアユの稚魚が川を遡上しはじめます。
サケと違うのは母川回帰をしません。 その時に一番条件の良い川を選んで遡上を始めるそうです。
とは云っても、秋に下った河口から そう遠くまで回遊しないようですから、ほとんどが生まれた川に帰るのでしょう。
 アユは藻類を食べてあの独特の香りを放つと思われていますが、これは間違いです。
海から登る稚魚はすでに香魚、あの果実を思わせる香りを放っているのです。 田子泰彦先生によれば、富山の庄川はその昔、遡上する稚魚の群れで川面からアユ の香が匂い立ったそうです。
 ところで海から川に登る前に、アユは変態をします。魚類の成長変化にも変態という言葉は使われます。
海の中で体長が35mm前後に成長するとシラス型からアユらしい姿に変わります。 海で動物性プランクトンを食べていたシラス型(ちりめんじゃこ状態で半透明の細長い体形)から、石に生える藻類を食べるアユの姿に変態するのです。 特に歯の変化が著しく、上下の歯が櫛状に変わり、藻類をはぎ取って食べやすい独特の口にかわります。
 つまり、アユは肉食系から草食系の魚類へと成長するわけです。
遡上して成長するアユが藻類を主食としていることはよく知られており、「香魚」とも表記されるアユの香りは食べているその藻類に由来するものとばかり思っていましたが、間違いなのですね。また、肉食系から草食系に「変態」するにもかかわらずナワバリを作って獰猛になるというのも謎ではありますが、けっして理解できない話でもありません。いずれにせよ、このようにユニークなアユを釣るには必然的にユニークな釣り方が求められるわけでして、アユ釣りでは最も一般的であり最もユニークな「友釣り」はまさにアユに特化された釣法と言えるでしょう。
ただし、アユのすべてがナワバリを作って藻類だけを食べているというわけでもなく、その証拠に、アユのエサ釣りで使用されるのはシラスやイカだったりしますし、水中昆虫に似せて作られた毛鉤などでも釣れるわけです。
私が現在アユ釣りで主に使用しているのは、あまり一般的ではない「チンチン釣り」と呼ばれる毛鉤を使用した釣法なのですが、これについてはあらためて記事にすることにします。
ところで、アユとオイカワの雌雄の見分け方に関して、オイカワについては婚姻色が出ればオスであることは一目瞭然ですが、アユについては尻ビレの形が異なるので、それで見分けられるようです(下記参照)。しかし、これまで釣った数十尾のアユに関する限り圧倒的にメスが多いようです。
d0103632_10340872.jpg

# by ka2ka55 | 2018-06-16 06:00 | 釣魚 | Comments(0)

釣魚:今季初の婚姻色オイカワを釣りました

昨年(2017年)4月末に始めたばかりなので釣魚歴はまだ1年ちょっとでしかないのですが、厭きるどころか、ますますハマってしまっている状態…
そもそもこの歳になって釣魚を初めたきっかけは、半世紀前の少年時代の記憶が突然よみがえり、当時釣っていたオイカワ(当時はヤマベと呼んでいた)をもう一度釣りたい衝動に駆られたからなのでした。そして、昨年釣った初めての魚はオイカワだったわけですが、オイカワになぜ惹きつけられるかといえば、繁殖期に婚姻色に染まったオスの個体の美しさが、カワセミと同様、いわば「川の宝石」と呼ぶに値するからでしょう。そんな婚姻色オイカワが昨日(6/8)狛江_多摩川の浅瀬で2尾連続して今季初めて釣れました。婚姻色でない普通の状態でもオイカワの魚体は美しいのですが、やはり婚姻色に染まった姿は特別美しく、釣れたときの感動は格別です。
d0103632_03074950.jpg
d0103632_05265259.jpg



# by ka2ka55 | 2018-06-09 04:30 | 釣魚 | Comments(0)

ヒヨドリが家の庭木に巣を作っています(1)

このところこの時期にしてはヒヨドリがやけにさがわしく家の(狭い)庭を飛び回っているので何事かと思っていると、どうやら庭の山茶花の枝に巣を作っているようです。これまで過去にも当ブロクで記事にしたように、メジロが2010年と2011年(当該記事)にやはり庭のモチノ木に巣を作りましたが、その後は作ることはなく、ヒヨドリが巣を作るのもすでに半世紀住んでいて初めてのこと。メジロの場合は、気づいたときにはすでに雛も生まれていましたが、昨日(6/6)気づいた時点ではまだ巣作りの真っ最中のようで、巣材を運んでいる様子が確認できます。リビングの窓から2mほどしか離れていないためソファから肉眼でも十分に確認できますが、あまりに近いために逆に何かと心配になります。
d0103632_10591899.jpg
ところで、まったく知りませんでしたが、ヒヨドリの巣は縁起が良いのだとか…ホントでしょうか…
ツバメの巣が家の軒先などに作られると、縁起が良いといわれるのを聞いたことがあるでしょう。それと同じく、ヒヨドリも巣を家に作ると縁起が良いとされています。お金に恵まれたり、幸運が舞い込んでくるといわれており、それらを知る人々からはヒヨドリやツバメの巣は歓迎されるもの。実はこれはツバメやヒヨドリだからというわけではなく、鳥が人間の生活環境内に巣を作ること自体が繁栄の象徴であるためです。鳥が巣を作る環境は人間にとっても健康的で暮らしやすいからと一説にはいわれています。https://petpedia.net/article/445/bulbul

# by ka2ka55 | 2018-06-07 11:00 | 自然 | Comments(0)

ホトトギス:今年の初鳴きは過去十年間で最も早かった(2018年5月12日午前3時45分頃)

Twitterなどには報告済みですが、こちらにはうっかりしてまだでした。タイトル通り当地で今年(2018年)確認されたホトトギスの初鳴きは、昨年(5/21)よりも9日早く(これまで最も早かった2015年の5月13日より1日早い)、記録をとり始めた2007年以来最も早い初鳴きとなりました。今年は桜の開花も早かったようですが、この分だと梅雨入りも早いかもしれません…過去の関連記事:
2017年05-21(今年も本日ホトトギスの初鳴きを聞いた(2017年5月21日午後6時56分頃)
2015年05-13(今年は早くもホトトギスが鳴いた(2015年5月13日午後23時27分頃)
2013年05-15(今年は早くもホトトギスが鳴いた(2013年5月15日午前4時10分頃)
2012年05-22(「調査の報告」の報告)
2011年05-20(RE:あいつがやってきた)
2010年05-19(RE:あいつがやってきた)
2009年05-24(あいつがやってきた)
2008年05-18(初鳴き)
2007年05-24(噂をすれば…)

# by ka2ka55 | 2018-05-19 07:24 | 自然 | Comments(0)

釣魚:マルタとコイの季節@多摩川

年明けから寒い日が続いたせいか、1月中旬以降は近所の多摩川や用水路(二ヶ領用水)からオイカワなどの小魚はまったく姿を見せなくなり釣り糸を垂れることもなくなりました。釣魚は昨年4月末から始めたこともあり、これが普通なのかどうかわかりませんが、本格的な春が待ち遠しい今日この頃…
# by ka2ka55 | 2018-03-15 01:52 | 釣魚 | Comments(0)

考察:釣魚(つり)はスポーツであるか否か(3)

釣魚(つり)が(スポーツではなく)遊びであることにひとまず異論はありませんが、そもそも「遊び」とは何でしょうか……『日本大百科全書(ニッポニカ)』の「釣り」の解説の中で『釣魚大全』の完訳者である森秀人氏は「釣りの意義」に関して以下のように述べています。
近年の釣りの大衆化は著しく、「釣りとは何か」という基本的な問いかけも行われないまま、いつのまにか人類の遊びの代表格になってしまった感すらある。しかし、人類文化と遊戯を研究したホイジンガの『ホモ・ルーデンス』や、カイヨワの『遊びと人間』などの名著にすら、なぜか魚釣りは取り上げられていない。その理由としては、おそらく釣りは、単に魚捕り一般に統括されると考えられていたからではなかろうか。つまり網打ちなど釣り以外の漁獲法と同一視されていたらしい。いまでも東南アジアなどでは、魚を棍棒(こんぼう)で撲殺(ぼくさつ)するという漁獲法が残っているし、釣りもそんな漁獲法の一部と考えられているのも事実である。要するに、生活の糧(かて)としての概念が強かったのであろう。
 その釣りが、しだいに遊びの要素を濃くし、今日の日本のように、釣り人口2000万といわれるまで膨張してきた秘密は何か。たぶんそれは、釣りが魚捕り以外の大きな魅力を備えているからに違いない。釣りは緊張、陶酔、解放という興奮回路の繰り返しである。釣りの計画、準備、出船、投餌(とうじ)――こうした事前の段階で緊張が高まっていく。続いて魚信、あわせ、釣り上げ――という一連の漁獲段階の陶酔がおこる。そして、やがて訪れる充足感覚、満足感によって、釣り人の精神は解放されていく。カイヨワは、遊びの重要な目的として、イリンクス(眩暈(めまい))をあげているが、それがこの陶酔にあたるものと考えていい。瞬間的に知覚の安定を崩し、一種の快適なパニックをおこさせる。心理的なけいれんと麻痺(まひ)がおこる。男性のほうが女性より釣りを好むのは、男性がアンドロゲンとよばれる男性ホルモンの分泌やアドレナリン(副腎(ふくじん)皮質ホルモン)の分泌において、女性を上回るからである。どちらの物質も、狩猟本能、攻撃本能を増加させる。[森 秀人]
d0103632_02273134.jpg
カイヨワの『遊びと人間』の中で釣魚が取り上げられていないというのは、たしかに意外であり、その理由として森氏が述べるように、釣魚が遊びではなく「漁獲法の一部」とみなされていたというのは、それなりに説得力があります。それでは、もしカイヨワが現在も生きていて、『遊びと人間』を新たに書いたとしたら釣魚も遊びとして取り上げるでしょうか……


# by ka2ka55 | 2018-01-18 08:00 | 釣魚 | Comments(0)

考察:釣魚(つり)はスポーツであるか否か(2)

一方、西洋では、『何羨録』(1723年)が書かれる70年前(1653年)にイギリスの随筆家で伝記作家のアイザック・ウォルトン(Izaak Walton, 1593-1683)によって『釣魚大全』("The Complete Angler")が著されています。
d0103632_23465638.jpg
原書の初版本奥付(左)/邦訳初版本(右)

これにはもちろん邦訳があり、1970年(昭和45年)に発行された初版第壱刷本(虎見書房刊)を最近入手しました(上記参照)。翻訳は評論家の森秀人(1933-2013)。Wikipediaの記事には「本名は秀男(演劇評論家の森秀男とは別人)。1958年、三一書房の評論募集に入選。1963年、30歳の若さで『思想の科学』編集長に就任。月刊『七宝芸術』編集長ののち、評論活動に専念する。当初は沖縄自立論を唱え既成左翼の「祖国復帰」論を厳しく批判する新左翼の論客であったが、現在は『釣魚大全』を翻訳した釣り師として一部で知られる存在である。考古学・民俗学・釣りなどの著書がある」とあります。
本文にざっと目を通した限りでは、たしかに興味深い内容なのですが、巻末に記載の「訳者解題」(pp.539-547)も本考察にとって大いに参考になることが書かれています。そこで、全文引用したいほどなのですが、そういうわけにもいかないので少し引用します。
 かつて釣魚は、子供と老人の遊戯であった。すなわち、無邪気な童(わらべ)の漁への本能と、無用の老人の自慰への欲求が、魚と向き合っていたのである。
 現代では、釣人口の圧倒的多数は、働きざかりの男性であり、そのために釣場を追われる子供と老人さえでてくるという時代となった。なぜ、現代人はかくも釣魚に熱中するのか。表面的な理由はいくつか数えあげられる。いわく、生活の多忙化。いわく、経済社会からの逃避。いわく、豊かさの反映。いわく、規格時代への反逆……。(p.539)
(中略)
 まったくの話、釣魚を単なる子供の遊びとか老人の隠居道楽でしかないと考えるひとびとは不幸である。私見によれば、釣魚は現代においては狩猟そのものであり、狩猟よりもはるかに難しい技術であり、考える遊戯の最高のものなのだ。(p.542)
(後略)

# by ka2ka55 | 2018-01-13 06:00 | 釣魚 | Comments(0)