Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

タグ:本 ( 79 ) タグの人気記事

「ドイツ見習え論」をめぐるあれこれ(5)

隗より始めよ・三浦淳のブログ「読書/熊谷徹 『日本とドイツ ふたつの「戦後」』 (集英社新書、2015年7月)」より
 次に、本書の同意しかねる箇所について述べる。それは第2章と第3章で、歴史認識と外交に触れた箇所である。
 この点については、著者はかつての日本でも(ろくに両国の相違を知らないまま)流行した「ドイツに見習え」論に今なお盲従しており、きわめて古くさい認識にとどまっていると言わざるを得ない。

 例えば、著者は2008年にメルケル首相が戦後初めてイスラエル議会で歴史認識を含めて演説したことに触れて、「日本の首相が韓国の議会で歴史認識について演説するようなものだ」と述べている(35ページ)。
 どうしてそういう比較ができるのか。ドイツがユダヤ人に対して行ったことは、民族の殲滅行為である。ユダヤ人すべてを地上から消し去ろうとしたのだ。他方、日本が韓国に対して行ったのは併合である。別に韓国人すべてを地上から殲滅しようとしたわけではない。全然違うものを同一視するところに、すでに著者の知的レベルの低さというか、過去に日本で流行した「ドイツに見習え」論がなぜ下火になったのかをまったく理解していない、ジャーナリスト失格の不勉強ぶりが露呈している。

 この後も、著者は日本とドイツの違いを無視して「ドイツに見習え」論を展開する。ホロコーストでは600万人のユダヤ人が殺されたというのが通説で、ただし600万人という数字には異論もあるわけだが、ドイツとイスラエルの間ではこの数値を問題にしないという合意があるのだという。それは「ホロコーストに比べられる犯罪行為は、ナチスの前にも後にもない」という理解があるからだという(44-45ページ)。と書きながら、著者はなぜか南京虐殺事件の犠牲者数をめぐる議論を持ち出すのである。論理が撞着していることに、著者自身が気づいていないようだ。
 なぜなら、著者自身書いているように、ホロコーストとは「比べられる犯罪行為が存在しない」出来事だからだ。南京虐殺の犠牲者数についてはたしかに議論があるが、それは南京虐殺が(相当数の犠牲者を出したことを認めるとしても)戦争に伴う大量虐殺の一つであり、ホロコーストとは質的にまったく異なる事件だからである。比べられないものを比較している時点で、すでに著者はアウトなのである。

 ちなみに、政治の歴史的認識と、学問の歴史認識は別だということは著者も分かっているようだが、学問の歴史認識が進展すれば、それは政治にも影響することになるだろう。
 ホロコーストがナチスだけに責任を押しつけて済むものではないということは、近年の研究の進展で明らかになっている。ホロコーストは、ナチスの親衛隊(SS)だけがやったのではなく、ドイツの普通の軍隊である国防軍も関わっていたことが最近分かってきているのである。昔は、「ユダヤ人虐殺などの犯罪行為をしたのはSSで、国防軍は普通の戦争を正々堂々と戦ったのだ」と言われていたが、これが虚偽だと分かってきているのだ。さらに、ホロコーストがドイツ人だけの責任かというと、実際はドイツ軍の占領した地域の住民などが積極的に協力していたことも分かってきている。フランスはそれで謝罪もしているわけだが、していないポーランドやウクライナやリトアニアも相当に責任がある。(以上については、ダン・ストーン『ホロコースト・スタディーズ』〔白水社、2012年〕を参照すること。)ナチスをドイツと切り離すやり方の欺瞞性はもちろん、ドイツだけに責任を負わせる思考法も欺瞞的なのである。

 また、著者は触れていないが、ドイツはやってもいない事件についてそれを認めたり謝罪したりするような真似はしていない。カチンの森事件などその典型だ。第二次大戦中にポーランド人将校が多数殺戮されたこの事件は、戦後長らくソ連の犯行かドイツの犯行か分からないままだった。しかし「戦勝国・ソ連」がドイツの犯行だと主張していたのに対して、ドイツはあくまで「ソ連の犯行」として譲らなかったのである。そしてソ連崩壊の直前、ペレストロイカの頃の情報公開により、ソ連の犯行だったことが明らかになったのである。

 こういうところについてこそ、まさに「ドイツに見習え」論を展開するべきだろうに、著者は韓国のいわゆる従軍慰安婦問題について、朝日新聞の誤報を認めながら、どういうわけか慰安婦の数は問題ではないなどとしたり、慰安婦がいたことをもってしてすでに問題だとしている(97ページ以下)。この辺も、売春は戦前戦中は合法だったこと、いや、戦後になっても韓国には売春婦が少なからずいたことなどの常識を無視した言い分だろう。いや、売春がそももそいけないと著者が思うならそう主張しても構わないが、なぜか著者は現代のヨーロッパではドイツを含めて多数の国で売春が合法化されていることに触れていない。不勉強のせいか、あるいは政治的に偏向しているせいか。

三浦 淳 新潟大学教授(2015年08月09日)

引用元: http://blog.livedoor.jp/amiur0358/archives/1036555223.html
▼関連記事
・図書: ダン・ストーン著/武井 彩佳 訳『ホロコースト・スタディーズ』(白水社)(2012年11月)
・書評(三浦淳)(2013年06月)
評価★★★★☆ 大学院の授業で学生と一緒に読んだ本。 著者はロンドン大学歴史学部教授。 ナチのユダヤ人虐殺については膨大な文献があるが、膨大すぎて専門家でもなかなか文献の全体を、そしてこの問題の各方面を細部に至るまでを見通すことが難しくなっているという。 本書は最新の文献を紹介しつつ過去の研究経緯にも触れながら、現段階においてホロコーストについての最新の認識が得られる貴重な本。 記述は上記のように色々な方面に及ぶが、東欧の文書館の資料が近年公開されてきたことで、地域ごとの相違がかなりはっきりしてきたということのようである。 また、以前はヒトラーやその側近の指令でホロコーストが行われたという、いわゆる意図派の主張が強かったが、近年は、事態はそれほど単純ではなく、むろんヒトラーや側近の反ユダヤ主義に多くの責任があるものの、ユダヤ人大虐殺に至った経緯は地域ごとの事情なども含めた複雑なもので、こういう見方を機能派というらしいが、こちらの見方が優勢になってきているらしい。 また、1942年のいわゆるヴァンゼー会議も、かつてはこの会議によりヨーロッパユダヤ人絶滅の方針が決定されたとされてきたが、これもそれほど単純には捉えらないということのようである。 要するに、ヨーロッパ全土に及ぶホロコーストは、地域ごとに相違があり、したがってそこに及ぶ過程も 「上が指令したからそうなった」 というような分かりやすいものではないのである。  本書はこのほか、最近研究が進んでいるコロニアリズム研究とのつながりも指摘されており、そもそもホロコーストを唯一無二の絶対的な大事件と見ることが妥当なのか、ヨーロッパ人が植民地で行った現地人に対する大虐殺との比較において捉えるべきではないのか、という見解も紹介されている。 なぜホロコーストはこれほど大事件視され、多くの人間によって研究されるのか――これについて、エメ・ゼセールの痛烈な発言がコロニアリズムとの比較の章のエピグラフとして紹介されている。 「人道主義的かつ篤信家の20世紀ブルジョワが赦さないのは、ヒトラーの犯した罪自体、つまり人間に対する罪、人間に対する辱めの罪それ自体ではなく、白人に対する罪、白人に対する辱めの罪なのであり、それまでアルジェリアのアラブ人、インドのクーリー、アフリカのニグロにしか使われなかった植民地主義的やり方をヨーロッパに適用したことなのである。」   ・・・・なお、訳について細かいことで恐縮ですが、268ページに 「デュルクハイム」 という人名が出てくるけれど、これはデュルケーム (フランスの社会学者の) ではないでしょうか。 
http://miura.k-server.org/newpage219.htm
・エッセイ: Never forget: the Holocaust as history and warning / Mark Mazower(2015年月9月11日付FT)
by ka2ka55 | 2015-10-26 13:42 | ニュース | Comments(0)

本:わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝(柏書房/2002年3月発行)

d0103632_12404782.jpg



by ka2ka55 | 2013-10-01 22:06 | | Comments(0)

本:赤坂真理『東京プリズン』(河出書房新社/2012年7月24日初版発行)

昨年出版され、すでにいくつもの賞を受賞しているようだが、最近の個人的な関心事に関連して遅まきながら読んだ小説(図書館で借りようとしたらどこも貸出中で相当待たされそうなので中古品を購入)。
「天皇の戦争責任」が主要なテーマの1つになっているのだが、最後の最後、不覚にも、読みながら嗚咽してしまった。小説というものを嗚咽して読んだのは久しぶり。感極まったというのとはちょっと違うような、どう表現してよいのかわからない。いや参った…以下に一部引用。
d0103632_343265.jpg
「『彼らの過ちの非はすべてこの私にある。子供の非道を詫びるように、私は詫びなければならない。しかし"私の子供たち"に対する気持ちを吐露する人の親であることをつかの間許していただけるなら、やはり、前線の兵士の狂気や跳ねっ返り行動と、民間人を消し去る周到な計画とは別次元であると言おう。そしてこの意味において、東京大空襲や原子爆弾投下は、ナチのホロコーストと同じ次元だと言おう。だからといって何も我がほうを正当化はしない。が、前線で極限状態の者は狂気に襲われうる。彼らが狂気のほうに身をゆだねてしまったときの拠り所が、私であり、私の名であったことを、私は恥じ、悔い、私の名においてそれを止められなかったことを罪だと感じるのだ。私はその罰を負いたい。
 兵士たちは十分な装備も、補給さえ、確保されぬまま、拡大する戦線の前線へと送られていった。行けばどうにかなるというていである。どうなるはずもない。私が、それを体を張ってでも止めるべきだったのだ。我が身を犠牲にしてでも止めるべきだったのだ。
 積極的に責任を引き受けようとしなかったことが、私の罪である。たしかに、私は望んでトップにまつりあげられたわけではなかった。担ぎ上げられたとも言える。が、それは私がこの魂を持ちこの位置に生まれついたのと同じ、運命であり、責任であったのだ。巡りあわせであり、縁あって演じることになった役割だ。それに私の全責任があるはずであった。戦争前に、戦争中に、そう思い至らなかったことを悔いている』」 (pp.435-436)

by ka2ka55 | 2013-09-15 03:59 | | Comments(0)

R.ワーグナーの自伝『わが生涯』の原文(Mein Leben)をネットで読む

今年がリヒャルト・ワーグナー(&ヴェルディ)の生誕200年であることは昨年、いや一昨年来しつこく書いてきたが、今年こそは、ワーグナーについて書かれたものではなく、ワーグナー自身が書いたものをじっくり読んでみたいと思っている。ところが、それらの邦訳書は入手困難なもの、もしくは入手可能でも高価なものが多く、しかも近所に借りられる図書館もない。そんなこんなでネットを検索していたところ、中古品で¥16,100より入手可能な自伝『わが生涯』の原文(Mein Leben)と思しきサイトがヒットしたので、これを少しずつ読んでみようかと思っている。
by ka2ka55 | 2013-01-03 04:41 | | Comments(1)

新改訂版:オーストリア語辞典

d0103632_1153020.jpg6日付の墺derStandard文化(Kultur)欄に"Bettelverbot in der Rettungsgasse"と題してオーストリア語(≒オーストリアで話されるドイツ語の方言)辞典第42版の発行を告知する記事が掲載されている。
by ka2ka55 | 2012-07-07 11:28 | ドイツ語/外国語 | Comments(0)

「いれずみは文化だ」と

本日(4日)の朝の新聞(珍しく日本の新聞)の文化欄に「刺青」に関するちょっと興味深い記事が掲載されていた。
d0103632_18492033.jpg
記事で紹介されているのは、熊本保健科学大学の小野友道学長。専門(皮膚科学)の立場から一昨年、『いれずみの文化誌』を出版した。人はなぜ体に墨をいれるのかについて、小野氏によると、「①他者を脅すという以外に②江戸時代の遊郭で始まった男女の愛の誓い③犯罪者への刑罰④絵柄自体の美しさに魅了(谷崎潤一郎『刺青』)⑤治療や癒やし、など理由は多岐にわたる」とのことだが、歴史をひもとけば、政治家のいれずみさえ珍しくないという。
チャーチルやF.D.ルーズベルト、スターリンにも見られた。小泉純一郎元首相の祖父で逓信相だった又次郎にもあったとされている。佐野真一『小泉純一郎―血脈の王朝』によると、又次郎が背中から二の腕、足首まで彫った入れ墨は、九紋竜だったとも、『水滸伝』の魯智深(ろちしん)、すなわち花和尚だったともいわれる。
記事の写真はデンマーク国王のフレデリック9世のようだが、かつて英王室を中心にヨーロッパ貴族社会でいれずみブームが起きたという話も興味深い。国王や王子がいれずみを彫るためにわざわざ来日したらしい。

また、刺青に関しては、『食べる西洋美術史』の宮下規久朗氏が『刺青とヌードの美術史』を美術史家の立場から著しているが、それとは別に『裏側からみた美術史』の中の「究極の身体芸術」でも「日本を代表する芸術」としての刺青に言及していて興味深い。
 刺青は、文政10(1827)年、浮世絵師歌川国芳が、『水滸伝』に付した挿絵を出版したことをきっかけに大流行した。国芳の《通俗水滸伝豪傑百八人一個》(口絵4および図12)は、刺青史上、画期的な作品群であり、その後の刺青にきわめて重要な役割を果たした。 p.71
いれずみにしても、いや、いずれにしても、こうした日本の刺青文化の深さについて知るきっかけを作ったのは、関西方面のH市長の大きな功績と言えるかもしれない。実に皮肉である。
by ka2ka55 | 2012-06-05 16:29 | ニュース | Comments(0)

RE:鳥とエロチカ

オランダ絵画のイコノロジー』―読みきれないまま返却期限が来てしまい、継続して借りようとしたらすでに次の予約が入っていたため返却せざるを得なかった。それほどに面白い本である。買いたいのも山々だが、やや高め(定価9,975円)で、しかも2005年発行にもかかわらず、どこも品切れ状態で入手困難となっている(中古品に¥15,000の値が付いている)。
2週間前の記事に書いたように、第1章「鳥とエロチカ―一七世紀風俗画の両義性」が「すでに圧巻」というか、意外というか、些かショッキングな内容なのだが、その方面に興味のある人にとっては必読と言えるかも知れない。
Table of Contents
第1章 鳥とエロチカ―一七世紀風俗画の両義性
第2章 「女の世界」の変転
第3章 教訓と愉しみのために
第4章 ボルは愛欲に勝つ―フェルディナント・ボル作「自画像」の意図するもの
第5章 静物画の解釈―その可能性と限界
第6章 画家見習いとミネルウァの秘密
第7章 オランダの山
第8章 シニフィエとしての箒―図像解釈学からの一考察
第9章 心の休息は欄干とともに―一七世紀肖像画の中の建築モチーフ
第10章 キリスト教の教訓に染まる異教の詩人
終章 さまざまなる見解

by ka2ka55 | 2012-05-18 23:23 | | Comments(0)

鳥とエロチカ

オランダ絵画(とくに17世紀の風俗画)が相変わらずおもしろい。吾ながら些かエスカレート気味と思いつつも、タイトル(『オランダ絵画のイコノロジー』)だけ見て思わず予約して借りてきた本が(この種の翻訳本にしては)思いの外おもしろい。その第1章「鳥とエロチカ―一七世紀風俗画の両義性」がすでに圧巻と言ってもよいほど。
d0103632_17542772.jpg
(左)C.クロック原画、ヒリス・ファン・ブレーン(Gillis van Breen,1585-1662)彫版『鳥売り』(Poultry Seller)
1612年頃 銅版画/アムステルダム国立美術館版画収集室(アムステルダム)所蔵
(右)ハーブリエル・メッツー(Gabriel Metsu, 1629-1667)作『鳥売り』(Poultry Seller)
1662年 油彩 オーク材パネル 62×46 cm/アルテ・マイスター絵画館(独ドレスデン)所蔵

by ka2ka55 | 2012-05-02 17:54 | 美術 | Comments(0)

茉莉と杜夫

このところひょんなことから森茉莉(1903-1987)の小説や随筆に凝っている。初期の随筆『父の帽子』などは学校の教科書にも載っているらしいが、言うまでもなく茉莉は鴎外の娘(後妻との間の長女)であり、父親の影響を相当に受けていることは間違いない。なかでも料理や食べ物に纏わる随筆が実に面白い。新潮文庫『私の美の世界』に収められている短文集「貧乏サヴァラン」の中の最初の「料理と私」を読むとタダモノではないことが一発でわかる。
 もっとも私は料理を造って、出来上ったものを自分でたべることが好きなので、夫であろうと、息子であろうと、自分はたべないで人に供し、その喜ぶのを眺めるのは、余り好きではない。非母性愛的、西欧的な個人主義の料理好きである。私の造(こしら)えた料理を讃(ほ)めたり、感心したりすれば、友だちのためにも造るが、自分も一緒にたべることが条件である。病院にお見舞いに持って行く時でも、二人前持って行くのである。
 ただただ料理を造ることが、不思議に楽しい。
 銀色の鍋の中に、透明な湯が泡をたてて渦巻いていて、その中に真白な卵が浮き沈みしている。それが楽しい。
 フライパンを左手に、右手でバタを落し、卵を割り入れる。少間(しばらく)して箸で軽く掻きまぜ、形を造らえて行く。卵がみるみる楽しい黄色の、ふわふわしたオムレツになって行く。それが楽しい。
 私のお得意は、オムレット・ナチュウル(何も入れないオムレツ)またはオムレット・オ・フィーヌ・ゼルブ(香草入り)である。新しい俎(まないた)で、パセリを刻み、洗ったあとが、薄緑色に染まっているのも、楽しい、という徹底的料理好きである。 pp.12-13
d0103632_1974472.jpg
同短文集の「独逸と麦酒」も実に愉快。「ミュンヘンの、ホオフブロイ(酒場)」の描写として出色である。
そして同文庫の「解説」の中で北杜夫(1927-2011)は次のように書いている。
 食物にしても、いわば哲学的なおいしさという観念から、そこらの店から買ってくる。単純なものでも、それが空想の羽によって、こよない美味と思えてくる。これは舌でというより、頭の中で構成されるらしい。これは茉莉さんの小説にも通ずる。西洋をよく見、かつ贅沢に暮した人だから、よいものを全部見ている。そのイマジネーションのみによって、彼女の絢爛たる小説が産みだされるのである。 p.292

by ka2ka55 | 2011-10-26 18:41 | | Comments(0)

紅山雪夫の本

これもついでに、というと語弊がありそうだが、「ドイツの城」関連の本として面白かった一冊。はじめは図書館で借りたのだが、手元に置きたくなって中古品(¥227)を購入。著者の紅山雪夫(べにやまゆきお)氏(1927-)は旅行作家とのことで多数の著書があるが、ペンネームと思いきや本名らしい。
d0103632_16221134.jpg
フランクフルトには愛着があると書いたが、今でこそ個人的にはオペラのメッカとしてベルリンやミュンヘンと肩を並べるとはいえ、まだ西独時代の滞独中には週末の遊び場でしかなく、実際のところ知らないことが多すぎる。そもそもフランクフルト(Frankfurt)とはどういう意味なのか。本書はこうした初歩的な疑問に答えてくれるだけでなく、意外にもフランクフルトが古都としてドイツの中でも歴史的にきわめて重要かつ興味深い都市であることを教えてくれる、旅のガイド本としてはもちろんだが、それ以上に読み応えのある良書と言えるだろう。以下、一部を引用。
★ローマ人が造った小さな町が発端になって東フランク王の本拠地に
 フランクフルトはドイツ有数の古い歴史を誇る都市であるとともに、現在ではドイツ経済の中枢であり、空の表玄関でもある。日本とドイツを結ぶ空のおおくはフランクフルトを発着点としており、ドイツの旅を当地から始める人も多い。

 ローマ帝国が滅亡して町がいったん荒廃に帰したあと、またゲルマンのフランク族が住みついて城を築いたのも、彼らの強敵だったザクセン族、バイエルン族、シュヴァーベン族、アレマン族に対してマイン河谷を通じて睨みを効かせるには、ここが枢要の地だったからだ。

 フランクフルトとは、「フランク族の渡河点」という意味である。既に六世紀の初め頃には、この名が生まれていたのではないかといわれている。ドイツ語のフルト Furt は英語の Ford と意味も語源も同じで、日本では渡河点とか渡渉点と訳されている。
 ローマ人と違って、中世初期までのゲルマン人はまだ川に橋をかける技術を充分に習得していなかったから、橋はごく限られた所にしかなかった。それで浅瀬や川中島があるとか、流れが特に緩やかになっているとかいう地点を選んで、人も家畜も川を渡った。それがフルトである。 pp.144-145
こうした地名の由来を知るだけでも十分に歴史が感じられるわけだが、しかし残念ながら急ぎ足で通り過ぎる観光客(買物客)には目に映る今のフランクフルトから「古都の息吹」を感じることはかなり難しいかもしれない。その点について著者は以下のように書いている。
★瓦礫の底から再起した街になお残っている古都の息吹を訪ねる
 レンテル塔より左の方を見ると、旧市街のかなたに高層ビルがニョキニョキと建ち並んでいて、長い歴史を持つ古都のたたずまいとはおよそ不似合いな感じだ。マイン川のかなたに高層ビルがひしめいている光景を評して、「これじゃ殺風景なマンハッタンの二の舞だ、マインハッタンだ」とか、「銀行のビルばかりになっちまったから、Frankfurt ではなく Bankfurt さ」というシャレがいっときはやった。
 今はおさまったが、いぜんは街中いたる所がビル工事中で、シートで覆われ、地面は痛々しく切り裂かれていた。「これじゃ Frankfurt ではなくて Krankfurt だ」という冗談も市民の共感を呼んだ。Krankfurtクランクフルトとは、「病めるフルト」「満身創痍のフルト」といったところ。
 第二次大戦中に米英軍の爆撃で焦土と化してしまう前は、フランクフルトには古風な木骨組や石造りの家々が二〇〇〇棟も軒を連ね、中世都市らしい美しさに溢れていた。戦前から長くヨーロッパにいたジャーナリストの笹本駿二氏も、爆撃で永久に失われてしまったドイツの古都の美しさについて、万感をこめて書いている。
 今では、戦災をあまり受けなかったロマンチック街道やメルヘン街道の古い町々を訪ねて、その美しさを偲ぶほかない。
 フランクフルトではゲーテの家、ラートハウス、ザールホーフなど、旧市街のごく一部の建物を苦労して昔通りの姿に戻しただけで、あとは瓦礫の山を片付けて新しいビルを建てるしかなかったのだ。そこで、モダンなビルが林立している現在のフランクフルトをかいま見ただけの旅行者は、「ビジネスとショッピング以外には用のない街」と速断しがちなのである。

 しかし、一九〇〇年の星霜を経てきた古都の息吹は、米英軍の猛爆撃によってもなお拭い去られることなく、意外な所に残っている。もともと買物には興味がないという方や、買物をすませてもなお時間のある方には、旧市街中心部の散策をおすすめしたいゆえんである。時間のない方は、この本で紙上散策をどうぞ。 pp.156-158 

by ka2ka55 | 2011-10-22 19:35 | | Comments(0)