Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

タグ:動画 ( 493 ) タグの人気記事

続)注目オペラ歌手(41)ヴァレンティナ・ナフォルニツァ(Valentina Naforniţa, 1987-, モルドバ)(S)

▼ヴァレンティナ・ナフォルニツァ(Valentina Naforniţa, 1987-, モルドバ)(S)
d0103632_04555477.jpg
すでに過去3回(下記参照)記事にしているモルドバ出身のソプラノ歌手だが、いつの間にかWikiに記事が掲載されて年齢(1987年生まれ)が明らかになったのと、昨年(2016年)ウィーン国立歌劇場で上演(再演)されたドニゼッティのオペラ《ドン・パスクワーレ》の収録動画(全曲)(下記参照)が公開されており、相変わらず、というかますますオペラ歌手にしておくのがもったいない(?)美貌とスタイルの良さに目が釘付けとなったため、再度(正確には再々々度)取り上げることにした。ちなみにWikiの記事によると、夫君はバリトン歌手のMihai Dogotariだとか…

▼参考記事
(1)注目オペラ歌手(41)ヴァレンティナ・ナフォルニツァ(Valentina Naforniţa, モルドバ)(S)2015-04-15
(2)続)注目オペラ歌手(41)ヴァレンティナ・ナフォルニツァ(Valentina Naforniţa, 1987-, モルドバ)(S)2015-05-08
(3)続)注目オペラ歌手(41)ヴァレンティナ・ナフォルニツァ(Valentina Naforniţa, 1987-, モルドバ)(S)2015-07-31

▼参考動画

<前半>

<後半>

<夫君とのデュエット動画>

by ka2ka55 | 2017-04-20 06:00 | オペラ | Comments(0)

独デュッセルドルフ発: 大災害後の福島県の医療最前線リポート(動画)

d0103632_11553219.jpg
YouTubeに公開されたばかりの(center.tv Düsseldorf制作)動画"Wege aus der Katastrophe - Wie Fukushima die Welt erobert"(直訳すると「大災害からの道 - いかに福島は世界を征するか」)(2部構成)が目にとまり、非常に興味深い内容なので取り急ぎ掲載することにした。



前半



後半

by ka2ka55 | 2017-02-12 12:15 | ニュース | Comments(0)

お気に入りアリアの競演(7)"Da Tempeste"(G.F. ヘンデル《ジュリアス・シーザー》第3幕 第7場より)

1月3日(火)に放送された「第60回NHKニューイヤーオペラコンサート」での森麻季(S)の歌唱動画を最後に追加しました(1/7追記)

▼"Da Tempeste"(G.F. ヘンデル《ジュリアス・シーザー》第3幕 第7場よりクレオパトラのアリア)
d0103632_18325157.jpg
昨日の記事の通り、ハマリつつある《エジプトのジュリアス・シーザー(Giulio Cesare in Egitto, HWV17)》…4時間近いオペラの中には印象的なアリアがいくつもあるが、その1つがこの終幕近くで歌われるクレオパトラのアリア。動画サイトにはピアノ伴奏版を含めると相当数が公開されているが、その中から特に「お気に入り」をいくつか貼り付けます。歌詞は下記の通り。
>>Da tempeste il legno infranto(難破した船が嵐から), Cleopatra's aria from Giulio Cesare<<

 Da tempeste il legno infranto, 嵐で壊れた船は
 se poi salvo giunge in porto,  ようやく無事に港へたどり着けば
 non sa più che desiar.     もうこれ以上望むことはない
 Così il cor tra pene e pianto,  だから苦しみと涙に暮れた私の心も
 or che trova il suo conforto,  今や落ち着きを取り戻し
 torna l'anima a bear.      再び喜びで満たされる。
*訳詞はココより

▼ダニエル・ドゥ・ニース(Danielle de Niese, 1979-, 豪)lyric soprano



全曲版(3:15:47~3:22:16)




ジュリア・レスヒバユリア・レージネヴァ(Julia Lezhneva, 1989-, 露)soprano




▼徐 藝俐(イェリー・サー=Yeree Suh, 韓国)soprano




▼アマンダ・フォーサイス(Amanda Forsythe, 1976-, 米)light lyric soprano




▼インガー・ダム=イエンセン(Inger Dam-Jensen, 1964-, デンマーク)soprano




▼ナタリー・デセイ(ドゥセ)(Natalie Dessay, 1965-, 仏)coloratura soprano



▼チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli, 1966-, 伊) coloratura mezzo-soprano




森麻季(Maki Mori, 1970-, 東京)soprano


2017年1月3日(火)第60回NHKニューイヤーオペラコンサートより

by ka2ka55 | 2017-01-07 22:11 | オペラ | Comments(2)

続)注目オペラ歌手(49)ヴェネラ・ギマディエヴァ(Venera Gimadieva, 1984-, 露)(S)

▼ヴェネラ・ギマディエヴァ(Venera Gimadieva, 1984-, 露)(S)
今年初め(2016-01-18)の記事(下記参照)では「生年不明」としたが、いま検索してみると、ロシア語版のWikiの記事(Венера Гыймадиева)があり、それによると生年月日は"28 май 1984"(1984年5月28日)とあるので、現在は32歳で間違いないだろう。参考動画は、最近(前回の記事掲載以降)公開されたものをいくつか追加する。
d0103632_10505320.jpg
Photography:Leonid Semenyuk/Styling:Pavel Vaan
やはり生年は不明だが、20代後半~30代前半であることは間違いない、ロシア出身のソプラノ。どうやら一昨日(1/16(土))上演された《椿姫(La traviata)》のヴィオレッタ役でロンドンのロイヤルオペラハウス(ROH)にデビューしたらしく(関連記事)、来月4日(木)の同公演はLive中継(日本公開日は3/5(土))も予定されている。ロンドン公演の後、2月29日(月)と3月3日(木)の2回ベルリンDOBにて演奏会形式で上演される《カプレーティとモンテッキ(I Capuleti e i Montecchi)》)のジュリエッタ役、4月末からはドレスデンのゼンパーで再び《椿姫(La traviata)》のヴィオレッタ役での出演が予定されている。
▼参考動画





by ka2ka55 | 2016-12-18 12:00 | Comments(0)

動画: G.プッチーニ作曲《蝶々夫人》全曲@ミラノ・スカラ座(2016年12月7日プルミエ)を観る

d0103632_03253140.jpg
http://milano.repubblica.it/cronaca/2016/12/08/news/milano_prima_scala_madama_butterfly_incasso-153683801/
Giacomo Puccini
Versione originale Milano 1904

Tragedia giapponese in due atti
Libretto di Giuseppe Giacosa e Luigi Illica
(Ricostruzione della 1ª versione 1904 di Julian Smith;
Casa Ricordi, Milano)

Coro e Orchestra del Teatro alla Scala
Nuova produzione Teatro alla Scala
Durata spettacolo: 03 ore e 05 minuti incluso intervallo
Direttore Riccardo Chailly
RegiaAlvis Hermanis
SceneAlvis Hermanis e Leila Fteita
CostumiKristine Jurjāne
http://www.teatroallascala.org/it/stagione/2016-2017/opera/madama-butterfly.html

by ka2ka55 | 2016-12-09 03:30 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(85)ディナーラ・アリエワ(Dinara Alieva, 1980-, アゼルバイジャン)(S)

▼ディナーラ・アリエワ(Dinara Alieva, 1980-, アゼルバイジャン)(S)公式サイト
d0103632_05062526.jpg
Wikiの記事には「1980年12月17日アゼルバイジャンの首都バクー生まれ」とあるので現在まだ辛うじて35歳のソプラノ。2009年からソリストとしてロシア・ボリショイ劇場に所属している(デビューは《トゥーランドット》のリュー役)。ところで、あらためてアゼルバイジャンを地図で確認すると、北にはもちろんロシア、東端に位置する首都のバクーはカスピ海に面し、南はイランと国境を接し、西にはアルメニアとさらにトルコが位置しており、日常的にはロシア語も話されているようではあるが、こうした出身地から受ける印象/イメージも相まって、容貌や発声の点で独特の個性もしくは魅力が感じられる。

▼参考動画









by ka2ka55 | 2016-11-18 15:00 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラハウス(33)ノヴォシビルスク国立オペラ・バレエ劇場(ロシア連邦シベリア・ノヴォシビルスク州)

ノヴォシビルスク国立オペラ・バレエ劇場(Novosibirsk State Academic Opera and Ballet Theatre)(ロシア連邦シベリア・ノヴォシビルスク州)
by ka2ka55 | 2016-11-16 18:00 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(84)エカテリーナ・セメンチュク(Ekaterina Semenchuk, 1976-, ベラルーシ)(Ms)

▼エカテリーナ・セメンチュク(Ekaterina Semenchuk, 1976-, ベラルーシ)(Ms)

d0103632_18230731.jpg


1976年なのでまだソ連時代のベラルーシ共和国の首都ミンスク生まれで奇しくも(?)前記事のヴァージニア・トーラ(S)と同じく今年40歳のメゾソプラノ。デビューは24歳。ロシアのマリインスキー劇場に所属しているようだが、すでにミラノ・スカラ座やMETを含めて欧米の超メジャー歌劇場への出演歴がある(Operabaseのスケジュールを参照)。Wikiの記事にはサントリーホールでも歌っていると記載されているが、いつのどの公演なのか定かではない。ちなみに今回注目したのは、今年(2016年)1月から3月にかけてパリで上演された《イル・トロヴァトーレ(Il trovatole)》でアズチェーナ(Azucena)役で出演している収録動画(2016/11/10公開)が見応えあったから(下記参照)。


▼その他の参考動画





by ka2ka55 | 2016-11-13 18:00 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(83)ヴァージニア・トーラ(Virginia Tola, 1976-, アルゼンチン)(S)

▼ヴァージニア・トーラ(Virginia Tola, 1976-, アルゼンチン)(S)HP
d0103632_22152613.jpg
http://www.virginiatola.com/photos-videos/?lang=en

先月(10月)ベルギーのリエージュで上演された《ナブッコ(Nabucco)》(題名役はL.ヌッチ)の収録動画(下記参照)がつい最近(2016/11/02)公開され、その中でアビガイッレ(Abigaille)役で出演しているのが個人的に注目されたソプラノ(2幕と3幕の間(1:25:50~1:33:02)にインタビューあり)。声種はドラマティコと言えるだろうが、アルゼンチン出身のオペラ歌手はちょっと珍しいかもしれない。Operabaseのスケジュールを見ると、ドイツではゼンパー(ドレスデン)に出演しているが、意外にもミラノ・スカラ座、ウィーン国立、ROH、METなどへの出演歴はなさそう。


▼その他の参考動画






by ka2ka55 | 2016-11-11 00:00 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(82)アンジェラ・バローネ(Angera Vallone, 米)(S)

▼アンジェラ・バローネ(Angera Vallone, 米)(S)
d0103632_05220709.jpg
http://www.angelavallone.com/gallery/
前記事の動画(下記参照)の中でカウンターテナーと共演していたのが目にとまった米国出身のソプラノ。生年月日は不明だが、同カウンターテナーと同様、ジュリアード音楽院の修士課程に在籍中のようなので、同じく20代半ば(1991年前後の生まれ)とみられる。


オペラ歌手としての本格的なデビューは、来年(2017年)6月チリのサンティエゴで上演される《フィガロの結婚(Le nozze di Figaro)》におけるスザンナ役のようだが、さらには独フランクフルト歌劇場(Oper Frankfurt)の専属歌手になることも予定されている(Bio参照)。つまり歌唱の点では、まさにこれからのソプラノと言えるが、(個人的な好みは別にしても)容姿の点からは大いに注目されても不思議ではないだろう。




by ka2ka55 | 2016-11-06 08:00 | オペラ | Comments(0)