Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

タグ:ワーグナー ( 54 ) タグの人気記事

動画: 「ニーベルングの指環(Der Ring des Nibelungen)」全曲@ウィーン国立(16年1月上演)を観る

▼今年(2016年)1月10日、13日、17日、24日にウィーン国立歌劇場で上演されたR.ワーグナー作曲「ニーベルングの指環(Der Ring des Nibelungen)」全曲を収録した動画を発見したので(削除されるまで)観る/聴くことにします。全曲の総時間は15時間45分。指揮はアダム・フィッシャー(Adam Fischer)、演出はスヴェン=エリック・ベヒトルフ(Sven-Eric Bechtolf)。



序夜《ラインの黄金(Das Rheingold)》




第1日《ワルキューレ(Die Walküre)》




第2日《ジークフリート(Siegfried)》




第3日《神々の黄昏(Götterdämmerung)》

by ka2ka55 | 2016-02-10 12:45 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(37)さまよえるオランダ人@ウィーン劇場(15年11月12日プルミエ)演出: O.ピィ

▼演出: オリヴィエ・ピィOlivier Py, 1965-, 仏グラース)
同演出家については、すでに昨年12月に記事にしているが、今月12日(木)にアン・デア・ウィーン劇場で初日を迎える《さまよえるオランダ人(Der fliegende Holländer》の演出がちょっと気になるので再度取り上げる。同公演は、指揮がM. ミンコフスキーでオケがグルノーブル・ルーヴル宮音楽隊である点でも興味深いのだが、同劇場のウェブサイトの現在のトップページに掲載されている写真(さらに「オランダ人」の公演ページの写真)がどうも気になる。
d0103632_23404334.jpg
もう一枚の写真は小さくて見にくいが、明らかに日本の千円札を用いたコラージュのように見える。しかし出演者の中にオランダ人役の韓国人(Samuel Youn)はいるが日本人はいないので、この写真は誰なのか…
11月8日(日)には同演出家が出席するいわば「オペラトーク」(Einführungsmatinee)が開催されるようなので、そこで何か明らかになるかもしれない…

*関連記事: http://derstandard.at/2000025543107/Olivier-Py-Nichts-ist-wirklich-ausser-dem-Theater-selbst
by ka2ka55 | 2015-11-05 23:44 | オペラ | Comments(0)

速報: ニュルンベルクのジークフリート(2015年4月19日プルミエ)

昨年(2014年)11月12日の記事(気になるオペラハウス(3)ニュルンベルク州立劇場(Staatstheater Nürnberg)@独ニュルンベルク)の中で予告したように、やはり昨日(4/19)同劇場で一昨年からの「指環」の一環として《ジークフリート(Siegfried)》(TR: V. ヴォルフシュタイナー(Vincent Wolfsteiner))のプルミエがあり、終幕後の観客の反応を伝える記事(Beifall und Buhrufe für Nürnberger “Siegfried”)が目にとまった。それによると、歌手とオケには数分間のブラボーが、演出(G. シュミードライトナー(Schmiedleitner)チームには盛大なブーイングが浴びせられたようである。

▼参考動画


by ka2ka55 | 2015-04-20 11:38 | オペラ | Comments(0)

参考動画: R. ワーグナー《ローエングリン》全曲@ブダペスト(2004)/演出: カタリーナ・ワーグナー



第1幕




第2幕




第3幕

by ka2ka55 | 2014-12-20 00:21 | オペラ | Comments(0)

お気に入りオペラ序曲/前奏曲集(1)R. ワーグナーの場合(前半)














by ka2ka55 | 2014-10-25 04:12 | オペラ | Comments(0)

RE:考察: Wie groß war Richard Wagner?(ワーグナーの身長はいくつだったのか)

▼前の記事の最後に掲載した写真が撮られた約10年前(1881年)つまりワーグナーがまだ生存中に友人2人を含む家族全員で撮った写真がネット上で見つかった。
d0103632_0273636.jpg
Richard Wagner mit seiner Familie und den Hausfreunden Heinrich von Stein (l.) und Paul von Joukowsky (r.) vor der Villa Wahnfried in Bayreuth. Im Vordergrund stehend Daniela von Bülow. Fotografie vom 23. August 1881
The Wagner Family and friends in front of Villa Wahnfried in 1881. Above, from left to right: Blandine von Bülow, Heinrich von Stein (Siegfried's teacher), Cosima & Richard Wagner, Paul von Joukowsky (family friend); below, from l to r: Isolde, Daniela von Bülow, Eva and Siegfried.
http://de.wikipedia.org/wiki/Daniela_von_B%C3%BClow

by ka2ka55 | 2013-08-27 00:46 | | Comments(0)

考察: Wie groß war Richard Wagner?(ワーグナーの身長はいくつだったのか)

▼作曲家ワーグナー(Richard Wagner, 1813-1882)の偉大さ、いや大きさ、つまり身長については諸説が存在する。たとえば、ウィキペディア日本語版のワーグナーの記事中「人物」の項には「ベートーヴェンとほぼ同じく後期の楽劇の巨大さからは想像できない身長167cmぐらいの中肉男であった」とある。あるいは、出典は不明だが、ワーグナーと親交のあった哲学者ニーチェは「ワーグナーの身長は、150cmに満たなかった」と言っているとか。また、ドイツ語で書かれたサイトを検索してみると、以下のような記述が見つかる。
In dem gefälschten Schweizer Paß mit der einzigen existierenden Größenangabe wurde eine Körpergröße von 166,5 cm angegeben. Die Größenangaben schwanken bei den Biographen aber je nach Wertschätzung zwischen 151 cm und 166,5 cm. Die wahre Körpergröße ist nicht mehr zu klären.
http://www.deropernfreund.de/wagnerjahr-2013.html
▼ワーグナーは1849年、ドレスデンで起こったドイツ三月革命の革命運動に参加したのち、運動に失敗してスイスに逃れて亡命生活を送るが、その際の偽造スイス旅券には身長が「166,5 cm」と記載されている。しかし、伝記における身長には「151cm~166.5cm」のばらつきがあり、本当の身長は不明らしい。
▼ただ、いずれにしても170cm以下であることは間違いなく、ひょっとすると160cm以下だった可能性もある。というのも、妻となったコジマ(Cosima, 1837年-1930年)を椅子に座らせていっしょに撮った有名な写真(左)があるが、ここで2人が立って並んで撮られていないのは、ワーグナーがコジマより背が低く、それを隠すためと言われている。しかも某記事によると身長差が15cmあったとされている(Richard ist 15 cm kleiner als sie)。これが事実だとすれば、仮にワーグナーの身長が167cmであれば、コジマの身長は182cmだったことになり、さすがにこれはちょっと考えにくい。ただし、コジマの実父すなわち作曲家のフランツ・リスト(1811-1886)は、ワーグナーとは対照的に185cmの長身だったそうなので、その娘が相当に大柄な女性だったことは十分に考えられる。
▼ちなみにワーグナーが立っている比較的珍しい全身の写真(右)を見ると、たしかに小柄であることがわかるが、以上の点とこの写真からワーグナーの身長は、やはり160cm以下だった可能性が高いのではなかろうか。
d0103632_539879.jpg
▼さて、以下の写真もなかなか興味深い。真ん中の女性がコジマで他の男女は息子や娘や娘婿たち。
d0103632_17323174.jpg
Cosima Wagner mit allen ihren Kindern und dem Schwiegersohn Graf Gravina.
Von links nach rechts: Graf Gravina, Isolde Wagner, Daniela Thode, Cosima Wagner, Siegfried Wagner, Eva Wagner, Blandine Gräfin Gravina. Um 1890.
http://www.hschamberlain.net/briefwechsel_cw_und_hsc/briefwechsel_wien1.html
▼左からグラヴィーナ伯爵(娘婿)、イゾルデ・ワーグナー(長女)、ダニエラ・トーデ(前夫ハンス・フォン・ビューローとの間の長女)、コジマ・ワーグナー、ジークフリート・ワーグナー(長男)、エーファ・ワーグナー(次女)、グラヴィーナ伯爵夫人ブランディーネ(前夫ハンス・フォン・ビューローとの間の次女)(1890年頃)
▼コジマと5人の実子が全員ほぼ同じ身長に見えるのも興味深いが、この写真からもコジマが180cmを超えるような大女ではなさそうなことがわかる。おそらくどんなに高くても175cm前後か。すると、やはりワーグナーの身長は160cm前後ということになる。
by ka2ka55 | 2013-08-24 05:47 | ニュース | Comments(0)

《ニュルンベルクのマイスタージンガー》全3幕@ザルツブルク音楽祭(2013年8月2日収録)

第1幕
第2幕
<第3幕>

by ka2ka55 | 2013-08-06 05:35 | オペラ | Comments(0)

動画集: バイロイト音楽祭2013開幕(Auftakt der Bayreuther Festspiele 2013)


by ka2ka55 | 2013-07-29 07:46 | ニュース | Comments(0)

《さまよえるオランダ人》全3幕&カーテンコール@バイロイト(2013年7月25日)

第3幕
第2幕
第1幕

by ka2ka55 | 2013-07-27 05:52 | オペラ | Comments(0)