Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

タグ:ヤナ・クルコヴァ ( 1 ) タグの人気記事

注目オペラ歌手(75)ヤナ・クルコヴァ(Jana Kurucová, 1982-, スロヴァキア)(Ms)

▼ヤナ・クルコヴァ(Jana Kurucová, 1982-, スロヴァキア)(Ms)
d0103632_00555903.jpg

1982年スロヴァキア共和国生まれ(今年34歳)のメゾソプラノ歌手。2009/2010シーズンからベルリン・ドイツ・オペラ(DOB)の専属歌手となっていて、来月上演されるマイアベーア作曲《ユグノー教徒(Die Hungenotten)》(11/13プルミエ)(後日記事を掲載予定)のウルバン(Urbain)役として出演予定なので注目したのだが、検索してみると来年(2017年)4月に新国立劇場(NNTT)で上演予定の《フィガロの結婚》にケルビーノ役で同劇場初登場であることもわかった。この「フィガロ」は何度となく再演されて何度も観ているので、いささか飽きてはいるが、外人キャストにつられて、つい観に行ってしまう。来年も観に行くことになるかもしれない。以下、キャスト紹介記事からの転載。
スロヴァキア共和国生まれ。バイエルン州立歌劇場の研修所、ハイデルベルク歌劇場の専属歌手を経て、ベルリン・ドイツ・オペラの専属歌手として活躍。セビリア・マエストランツァ劇場『フィガロの結婚』ケルビーノで成功を収め、さらにベルリン・ドイツ・オペラ『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラのロールデビューは最大級の成功を収めた。またドルトムント音楽祭での『カプレーティ家とモンテッキ家』ロメオ、ザクセン州立歌劇場のデビューとなった『セビリアの理髪師』ロジーナも大成功であった。最近では、ベルリン・ドイツ・オペラ、プラハ国民劇場、モラヴィア・シレジア国立劇場、バイエルン州立歌劇場、ザクセン州立歌劇場、バーデンバーデン祝祭劇場、ティミショアラ歌劇場などの劇場に出演。主なレパートリーとしては、『セビリアの理髪師』ロジーナ、『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル、『蝶々夫人』スズキ、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラ、『マリア・ストゥアルダ』エリザベッタ、『ペレアスとメリザンド』メリザンド、『カルメン』タイトルロール、『ジュリアス・シーザー』セスト、ボーイト『メフィストーフェレ』マルタ、『ファルスタッフ』メグ、『ナブッコ』フェネーナなどがある。2016年夏にはブレーメン音楽祭でロッシーニ『タンクレディ』ロッジェーロ、さらに2016/2017シーズンにはベルリン・ドイツ・オペラで『ユグノー教徒』ウルバン、『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラのロールデビューが決まっている。新国立劇場初登場。http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/151224_007961.html
残念ながらケルビーノ役の動画は公開されていないようだが、以下の写真は2011年にセビリア(左)とベルリン(DOB)(右)で上演された《フィガロの結婚(Le nozze di Figaro)》における舞台写真のようである。
d0103632_02433653.jpg
▼参考動画






by ka2ka55 | 2016-10-05 03:30 | オペラ | Comments(0)