Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

タグ:オペラ ( 827 ) タグの人気記事

気になるオペラ演出(53)ドン・カルロ@パリ国立(17/10/10プルミエ)演出:K.ワルリコフスキ

▼演出:クリストフ・ワルリコフスキ(Krzystof Warlikowski, 1962-, ポーランド)
d0103632_10043569.jpg
http://www.nowyteatr.org/en/people/warlikowski
個人的に印象的なのは、昨年7月にエクサン・プロヴァンス音楽祭で上演されたヘンデルのオラトリオ《時と悟りの勝利(Il trionfo del tempo e del disinganno)HWV46》(下記動画参照)の演出なのだが、正直なところよくわからない奇妙な演出という点で印象的。また、最近では今月(7月)ミュンヘンで上演されたフランツ・シュレーカーのオペラ《烙印を押された人々(Die Gezeichneten)》の演出も話題になった(下記トレーラー参照)。これらを勘案すると、今年10月から11月にかけてパリ国立オペラ座で上演予定の《ドン・カルロ(Don Carlos》(10/10プルミエ)も何か風変わりな演出が予想される。ちなみに下記動画のインタビューを見ると(オペラ演出家としては普通とも言える)「ゲイ」であることはほぼわかるが、Wikiの記事によると、興味深いことに同性愛者にもかかわらず女性の舞台・衣装デザイナー(Małgorzata Szczęśniak)と結婚しているようである(Warlikowski ist, ungeachtet seiner Homosexualität,[1] mit der Bühnen- und Kostümbildnerin Małgorzata Szczęśniak verheiratet. Beide arbeiten auch beruflich eng zusammen und realisierten viele Theaterproduktionen gemeinsam.[2])。

▼参考動画






by ka2ka55 | 2017-07-31 12:00 | オペラ | Comments(0)

サルヴァトーレ・シャリーノ作曲《ローエングリン(Lohengrin)》とはどんなオペラなのか…

《ローエングリン(Lohengrin)》といえばワーグナー(Wilhelm Richard Wagner (* 22. Mai 1813 in Leipzig; † 13. Februar 1883 in Venedig) 、ワーグナーといえば《ローエングリン》と言っても過言ではないほどに《ローエングリン》はワーグナーの最も有名で人気のあるオペラに違いない(参考記事)。一方、イタリアの現代音楽の作曲家サルヴァトーレ・シャリーノSalvatore Sciarrino, 1947-,伊パレルモ)が1982年から1984年かけて作曲した同名オペラ《ローエングリン(Lohengrin)》(1983年初稿初演(ミラノ))の存在を知っている人はそれほど多くないに違いない。かく言うわたしも昨年知ったばかりなので、あまり偉そうなことは言えないのだが、同オペラ(正確な表記はKammeroper)が今年4月に開催されるザルツブルク復活祭音楽祭(Osterfestspiele Salzburg)で上演され(関連サイト)、その後ドレスデンでも同プロダクションが同キャストで上演される予定である(関連サイト)ため、すこし調べてみた。
d0103632_08080977.jpg

▼参考動画






by ka2ka55 | 2017-02-13 08:30 | オペラ | Comments(0)

お気に入りアリアの競演(7)"Da Tempeste"(G.F. ヘンデル《ジュリアス・シーザー》第3幕 第7場より)

1月3日(火)に放送された「第60回NHKニューイヤーオペラコンサート」での森麻季(S)の歌唱動画を最後に追加しました(1/7追記)

▼"Da Tempeste"(G.F. ヘンデル《ジュリアス・シーザー》第3幕 第7場よりクレオパトラのアリア)
d0103632_18325157.jpg
昨日の記事の通り、ハマリつつある《エジプトのジュリアス・シーザー(Giulio Cesare in Egitto, HWV17)》…4時間近いオペラの中には印象的なアリアがいくつもあるが、その1つがこの終幕近くで歌われるクレオパトラのアリア。動画サイトにはピアノ伴奏版を含めると相当数が公開されているが、その中から特に「お気に入り」をいくつか貼り付けます。歌詞は下記の通り。
>>Da tempeste il legno infranto(難破した船が嵐から), Cleopatra's aria from Giulio Cesare<<

 Da tempeste il legno infranto, 嵐で壊れた船は
 se poi salvo giunge in porto,  ようやく無事に港へたどり着けば
 non sa più che desiar.     もうこれ以上望むことはない
 Così il cor tra pene e pianto,  だから苦しみと涙に暮れた私の心も
 or che trova il suo conforto,  今や落ち着きを取り戻し
 torna l'anima a bear.      再び喜びで満たされる。
*訳詞はココより

▼ダニエル・ドゥ・ニース(Danielle de Niese, 1979-, 豪)lyric soprano



全曲版(3:15:47~3:22:16)




ジュリア・レスヒバユリア・レージネヴァ(Julia Lezhneva, 1989-, 露)soprano




▼徐 藝俐(イェリー・サー=Yeree Suh, 韓国)soprano




▼アマンダ・フォーサイス(Amanda Forsythe, 1976-, 米)light lyric soprano




▼インガー・ダム=イエンセン(Inger Dam-Jensen, 1964-, デンマーク)soprano




▼ナタリー・デセイ(ドゥセ)(Natalie Dessay, 1965-, 仏)coloratura soprano



▼チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli, 1966-, 伊) coloratura mezzo-soprano




森麻季(Maki Mori, 1970-, 東京)soprano


2017年1月3日(火)第60回NHKニューイヤーオペラコンサートより

by ka2ka55 | 2017-01-07 22:11 | オペラ | Comments(2)

続)注目オペラ歌手(49)ヴェネラ・ギマディエヴァ(Venera Gimadieva, 1984-, 露)(S)

▼ヴェネラ・ギマディエヴァ(Venera Gimadieva, 1984-, 露)(S)
今年初め(2016-01-18)の記事(下記参照)では「生年不明」としたが、いま検索してみると、ロシア語版のWikiの記事(Венера Гыймадиева)があり、それによると生年月日は"28 май 1984"(1984年5月28日)とあるので、現在は32歳で間違いないだろう。参考動画は、最近(前回の記事掲載以降)公開されたものをいくつか追加する。
d0103632_10505320.jpg
Photography:Leonid Semenyuk/Styling:Pavel Vaan
やはり生年は不明だが、20代後半~30代前半であることは間違いない、ロシア出身のソプラノ。どうやら一昨日(1/16(土))上演された《椿姫(La traviata)》のヴィオレッタ役でロンドンのロイヤルオペラハウス(ROH)にデビューしたらしく(関連記事)、来月4日(木)の同公演はLive中継(日本公開日は3/5(土))も予定されている。ロンドン公演の後、2月29日(月)と3月3日(木)の2回ベルリンDOBにて演奏会形式で上演される《カプレーティとモンテッキ(I Capuleti e i Montecchi)》)のジュリエッタ役、4月末からはドレスデンのゼンパーで再び《椿姫(La traviata)》のヴィオレッタ役での出演が予定されている。
▼参考動画





by ka2ka55 | 2016-12-18 12:00 | Comments(0)

動画: G.プッチーニ作曲《蝶々夫人》全曲@ミラノ・スカラ座(2016年12月7日プルミエ)を観る

d0103632_03253140.jpg
http://milano.repubblica.it/cronaca/2016/12/08/news/milano_prima_scala_madama_butterfly_incasso-153683801/
Giacomo Puccini
Versione originale Milano 1904

Tragedia giapponese in due atti
Libretto di Giuseppe Giacosa e Luigi Illica
(Ricostruzione della 1ª versione 1904 di Julian Smith;
Casa Ricordi, Milano)

Coro e Orchestra del Teatro alla Scala
Nuova produzione Teatro alla Scala
Durata spettacolo: 03 ore e 05 minuti incluso intervallo
Direttore Riccardo Chailly
RegiaAlvis Hermanis
SceneAlvis Hermanis e Leila Fteita
CostumiKristine Jurjāne
http://www.teatroallascala.org/it/stagione/2016-2017/opera/madama-butterfly.html

by ka2ka55 | 2016-12-09 03:30 | オペラ | Comments(0)

新国立劇場オペラ研修生によるオペラ・ガラ・コンサート@ NNTT中劇場(2016/11/08)を聴きに行きました

昨日(11/8)、新国立劇場(NNTT)のオペラ研修所に在籍中の研修生14名 (第17期生5名、第18期生4名、第19期生5名)(*)によるガラ・コンサート(NNTT Young Opera Singers Tomorrow 2016)が開催され、物好きな私は当然、聴きに行きました。(*)第18期生も5名在籍していますが、コンサートには1名が都合により出演せず。
d0103632_06252971.jpg
私のような物好きが多いせいか、はたまた関係者が多いせいかは定かではないが、中劇場の1階のみとはいえ、客席はほぼ埋まっていた。しかし、「ガラ・コンサート」と銘打った割にはピアノ伴奏のみ、舞台には花一輪もない殺風景さにいささかがっかり。まあ、ようするに実質的に通常のコンサートとどこが違うのかというのが全体的な印象。参考までに、当日プログラムといっしょに貰ったチラシには以下のような理事長の「ご挨拶」が掲載されている。
 本ガラ・コンサートは、全日本空輸株式会社と新国立劇場によって、本年度より新たに創設された「未来のオペラ界を担う若手歌手を支援する為の制度―ANAスカラシップ」の一貫(ママ)として開催されます。プロのオペラ歌手を目指す者にとって、将来のキャリアに繋がるオペラ発祥の地・欧州での海外研修の充実は何ものにも代えがたいものです。この「ANAスカラシップ」により、本年は2年次生がミラノ・スカラ座アカデミーでの研修を9、10月に終えており、来年3月には3年次生がミュンヘンのバイエルン国立歌劇場付属オペラ研修所で研修を行います。イタリアやドイツの歌劇場の本場の空気が漂ようなか、歌のレッスンや音楽表現の指導のもと厳しくも充実した研修生活を過ごし、また現地でしか得られない多くの経験を体得することは、彼らのこれからの音楽人生にとって大きな財産となることでしょう。
出演者は全員がすでに過去のオペラ研修所公演に出演しているが、残念ながらそれらの公演は観ていないため、初めて聴く歌手ばかりだった。とはいえ、さすがに研修生だけあって、全員が一定のレベルに達していることは間違いなく、その意味での意外性はなかった。個別には、男声に関しては、興味の対象外であるバリトン(3名)とバス(1名)が非常に良く印象的だったのに対して、興味の対象で期待していたテノール(3名)がいずれもやや期待はずれだったのが残念。女声に関しては、戸口純『白狐』から"月夜"を歌った城村紗智(S)とグノー『ファウスト』から"トゥーレの王~宝石の歌"を歌った西尾友香理(S)が個人的には(選曲を含めて)特に印象的だった。トマ『ハムレット』から"私も遊びの仲間に入れてください"を歌った砂田愛梨(S)は最も多くの喝采を浴びていたが、同じトマなら『ミニョン』から"私はティタニア"を歌ってほしかった…。
全体として、英語の1曲を除き、イタリア語とフランス語の曲ばかりで、ドイツ語のアリア(けっしてないはずはない)が歌われなかったこと、またバロック(とくにヘンデル)のアリアも歌われなかったことが残念と言えなくもない。来年はミュンヘンに研修に行くようなので大いに期待しています。
d0103632_01544677.jpg


by ka2ka55 | 2016-11-09 22:30 | オペラ | Comments(0)

続)J.ドーデラー作曲《リリオム(Liliom)》@ミュンヘン州立劇場(2016年11月4日世界初演)とはどんなオペラなのか

d0103632_22233710.jpg
11/3付の記事
今月(11月)4日(11/4(金))ミュンヘンのゲルトナープラッツ劇場(Gärtnerplatz Theater)(ミュンヘン州立劇場)で世界初演(Uraufführung)として上演されるオペラ《リリオム(Liliom)》に関する記事が目にとまり気になったので少し調べてみた。
を投稿後に劇場が公開したトレーラーを含むいくつかの関連動画が見つかったので以下に掲載します。





by ka2ka55 | 2016-11-06 17:00 | オペラ | Comments(0)

J.ドーデラー作曲《リリオム(Liliom)》@ミュンヘン州立劇場(2016年11月4日世界初演)とはどんなオペラなのか

今月(11月)4日(11/4(金))ミュンヘンのゲルトナープラッツ劇場(Gärtnerplatz Theater)(ミュンヘン州立劇場)で世界初演(Uraufführung)として上演されるオペラ《リリオム(Liliom)》に関する記事が目にとまり気になったので少し調べてみた。
d0103632_22050942.jpg

まず同オペラを作曲したのは、ヨハンナ・ドーデラー(Johanna Doderer, 1969-, 墺)(HP)というオースリア・ブレゲンツ出身の作曲家。写真を見るまでもなく女性であることに間違いなく、作曲家としてけっして無名ではないが、「ドーデラー」という苗字から、ひょっとすると、ウィーンの小説家・ハイミート・フォン・ドーデラーHeimito von Doderer, 1896-1966)を連想する人も多いのではないか。それもそのはず、同作曲家のWikiの記事によると、"Johanna Doderer ist Großnichte des Schriftstellers Heimito von Doderer und eine Ur-Urenkelin des Architekten Carl Wilhelm von Doderer."とある。つまり同小説家の甥か姪の娘(Großnichte)であり、建築家・カール・ヴィルヘルム・フォン・ドーデラー(Carl Wilhelm von Doderer, 1825-1900)の玄孫(Ur-Urenkelin)とのこと。音楽的なインスピレーション源として具体的にH.v.ドーデラーの小説(たとえば『メロビング家(Die Merowinger)』)が挙げられている記述もあるが、影響が少なからずあることは間違いないだろう。
作品目録"Werkverzeichnis"(2014年5月5日)を見ると、これまでにオペラは6作品発表され、いずれも上演されているが、そのうちいくつかのトレーラーを含む関連動画が公開されている(下記参照)。とくに2010年の4作目(2番目の動画)の"Der Leuchtende Fluss"(光る川)(DWV43)のストーリーは「硫黄島の戦い」に関連しているという点で興味深い。
尚、《リリオム(Liliom)》の公演は11/19まで8回予定されているが、おそらく明日(11/4)の初日の公演が12月3日(土)19時05分(日本時間12月4日(日)3時05分)からBR-KLASSIKで放送されるようである。


"Papagenono"(DWV 71, 2011)



"Der leuchtende Fluss"(DWV 43, 2010)



"Strom"(DWV 29, 2006)

ただし、作品はオペラだけではなく、歌曲、合唱曲、交響曲、室内楽など多岐にわたっていて、そのうちの動画もいくつか公開されている(下記参照)。




by ka2ka55 | 2016-11-03 15:00 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ公演(2)G.マイヤベーア作曲《ユグノー教徒》@ベルリン(DOB)2016/11/13プルミエ

ジャコモ・マイヤベーアGiacomo Meyerbeer(1791-1864)とその作品については、これまでに何度か取り上げているが(下記参照)、それほど上演されることが多くない同作曲家の作品のうち《ユグノー教徒(Die Hugenotten/Les Hugenots)》がこのところドイツ国内の歌劇場で相次いで上演されている。すなわち、キール(9/24プルミエ)とヴュルツブルク(10/2プルミエ)だが、これらどちらかといえばスタッフやキャストも含めてマイナーな劇場の公演であるのに対して、来月(メジャーと言える)ベルリン・ドイツ・オペラ(DOB)で上演予定の《ユグノー教徒(Die Hugenotten)》(11/13(日)プルミエ)は、指揮(ミケーレ・マリオッティ(Michele Mariotti)および演出(デビッド・オルデンDavid Auden))をはじめとしてキャスト(P.チョーフィ(Patrizia Ciofi)やJ.D.フローレス(Juan Diego Flórez)など)にも一流が配されているという点で注目される。「あらすじ」はWikiの記事を参照。
d0103632_12191505.jpg

▼参考記事
・G. マイアベーア作曲《悪魔のロベール(Robert le Diable》とはどんなオペラなのか…(http://ka2ka.exblog.jp/22365862/
・続)G. マイヤベーア作曲《ヴァスコ・ダ・ガマ》または《アフリカの女》とはどんなオペラなのか…(http://ka2ka.exblog.jp/21745369/
・キール版のOpernnetz評
・ヴュルツブルク版のOpernnetz評

▼参考動画


ヴュルツブルク版のトレーラー




1991年DOB版のオープニング(上)とフィナーレ(下)



1990年シドニー全曲版(サザーランドの引退公演)

by ka2ka55 | 2016-10-05 18:00 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(75)ヤナ・クルコヴァ(Jana Kurucová, 1982-, スロヴァキア)(Ms)

▼ヤナ・クルコヴァ(Jana Kurucová, 1982-, スロヴァキア)(Ms)
d0103632_00555903.jpg

1982年スロヴァキア共和国生まれ(今年34歳)のメゾソプラノ歌手。2009/2010シーズンからベルリン・ドイツ・オペラ(DOB)の専属歌手となっていて、来月上演されるマイアベーア作曲《ユグノー教徒(Die Hungenotten)》(11/13プルミエ)(後日記事を掲載予定)のウルバン(Urbain)役として出演予定なので注目したのだが、検索してみると来年(2017年)4月に新国立劇場(NNTT)で上演予定の《フィガロの結婚》にケルビーノ役で同劇場初登場であることもわかった。この「フィガロ」は何度となく再演されて何度も観ているので、いささか飽きてはいるが、外人キャストにつられて、つい観に行ってしまう。来年も観に行くことになるかもしれない。以下、キャスト紹介記事からの転載。
スロヴァキア共和国生まれ。バイエルン州立歌劇場の研修所、ハイデルベルク歌劇場の専属歌手を経て、ベルリン・ドイツ・オペラの専属歌手として活躍。セビリア・マエストランツァ劇場『フィガロの結婚』ケルビーノで成功を収め、さらにベルリン・ドイツ・オペラ『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラのロールデビューは最大級の成功を収めた。またドルトムント音楽祭での『カプレーティ家とモンテッキ家』ロメオ、ザクセン州立歌劇場のデビューとなった『セビリアの理髪師』ロジーナも大成功であった。最近では、ベルリン・ドイツ・オペラ、プラハ国民劇場、モラヴィア・シレジア国立劇場、バイエルン州立歌劇場、ザクセン州立歌劇場、バーデンバーデン祝祭劇場、ティミショアラ歌劇場などの劇場に出演。主なレパートリーとしては、『セビリアの理髪師』ロジーナ、『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル、『蝶々夫人』スズキ、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラ、『マリア・ストゥアルダ』エリザベッタ、『ペレアスとメリザンド』メリザンド、『カルメン』タイトルロール、『ジュリアス・シーザー』セスト、ボーイト『メフィストーフェレ』マルタ、『ファルスタッフ』メグ、『ナブッコ』フェネーナなどがある。2016年夏にはブレーメン音楽祭でロッシーニ『タンクレディ』ロッジェーロ、さらに2016/2017シーズンにはベルリン・ドイツ・オペラで『ユグノー教徒』ウルバン、『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラのロールデビューが決まっている。新国立劇場初登場。http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/151224_007961.html
残念ながらケルビーノ役の動画は公開されていないようだが、以下の写真は2011年にセビリア(左)とベルリン(DOB)(右)で上演された《フィガロの結婚(Le nozze di Figaro)》における舞台写真のようである。
d0103632_02433653.jpg
▼参考動画






by ka2ka55 | 2016-10-05 03:30 | オペラ | Comments(0)