Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

続)お気に入りオペラ歌手(9)ハヴィエル・カマレナ(Javier Camarena, 1976-, メキシコ)(T)

▼ハヴィエル・カマレナ(Javier Camarena, 1976-, メキシコ)(T)
d0103632_21270686.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=wSs9bEJXYKM

けっして意図しているわけではなく、文字どおり「お気に入り」とはいえ、当ブログで取り上げるオペラ歌手のほとんどは一般的にはマイナーもしくはマニアックと言えるかもしれない。そんな中で、珍しく、わたしの「お気に入りオペラ歌手」の1人が、最近ネット上で行われた「人気投票」(Bachtrack Opera Awards)で男性歌手部門において1位になったので報告しておきます。
ノミネートされていたのは、1位の同歌手のほか、2位:ロベルト・アラーニャ(Robert Alagna, 1963-, 仏, T)、3位:イアン・パターソン(Iain Paterson, 1973, スコットランド, BB)、4位:スティーヴン・ミリング(Stepfen Milling, デンマーク, B)、5位:ヴィットリオ・グリゴーロ(Vittorio Grigolo,1977, 伊, T)、6位:レオ・ヌッチ(Leo Nucci, 1942-, 伊, B)の6名。投票結果は、1位のカマレア(得票率45%)と2位のアラーニャ(得票率44%)のほぼ一騎打ちという意外(?)なものでした。

▼元記事
メキシコのパラマ(Xalapa)出身、今年39歳のテノール。デビューは2004年(《連隊の娘(La Fille du Régiment)》のト二オ役)、2007年からチューリヒ歌劇場の専属となっているが、すでにMETにもデビューしている。ちなみに昨年(2014年)の《チェネレントラ》の公演ではアンコールに応えて歌い、これはMET史上、L. パパロッティ(1993年)とJ.D. フローレス(2008年)についで3人目だとか(METではアンコールが原則禁止)。「オペラ歌手(とりわけテノール)は見た目じゃない」を強く印象づけるテノールと言えるかもしれない。
▼参考動画








by ka2ka55 | 2015-06-26 14:28 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(33)椿姫(La traviata)@リンツ(15年9月19日プルミエ)他(演出: R. ウィルソン)

▼演出: ロバート・ウィルソン(Robert Wilson, 1941-, 米)HP
Wikiには"experimental theater stage director"(実験的劇場演出家)とあるが、単なる演出家ではなく、振付師、画家、彫刻家、ビデオアーチスト、音響・照明デザイナーなどとしても関わる相当に広範囲に及ぶ仕事をしているようである。とくに知られているのは、作曲家フィリップ・グラス(Philip Glass, 1937-)との「共同」制作としての《海辺のアインシュタイン(Einstein on the Beach)》(1976年7月26日仏アヴィニョン初演)の演出。これは、まず演出家のウィルソン氏が描いたスケッチを見ながらグラス氏が作曲したという、まさに実験的な作品で「オペラ」でありながらストーリーはなく、歌詞もないという。これまでに何度も各国(NYや東京(1992年)を含む)で上演されているが、2012年春から今年(2015年)秋にかけて国際ツアーが実施されているようである(最終公演地は韓国?)。そのトレイラー(下記参照)を見ると、たしかにオペラというよりバレエ(もしくはコンテンポラリー・ダンス)に近いものを感じる。


▼しかし、個人的に同氏の演出で印象的なのは、2009年12月にミラノ・スカラ座で上演され、たしか日本でも放映されたモンテヴェルディのオペラ《オルフェオ(L'Orfeo)》の演出(下記動画参照)。セットや衣装さらにはメイクを含めて瞠目すべきプロダクション。



▼「ミニマリズム」と言ってしまえば身も蓋もないが、この独特の雰囲気は他のいくつかのプロダクションにも共通するもので、たとえば《蝶々夫人(Madama Butterfly》(プルミエ=1993年11月パリ)についても言える(下記動画参照)。


▼そして、墺リンツ州立劇場における来シーズン(15/16)の開幕公演で上演される《椿姫(La traviata)》を演出(舞台装置と照明を含む)することになっている。果たして、どんな舞台になるのか気になるところ。また、同公演では公演回数が多いせいか、主役級はダブルキャストになっているが、タイトルロール(つまりヴィオレッタ)には、同劇場専属の2人のアジア人(韓国人/日本人)ソプラノ(Myung Joo Lee / Mari Moriya)がキャスティングされている。とくに韓国人ソプラノはいわばワールドクラスと言っても過言ではないかもしれない(下記動画参照)。


by ka2ka55 | 2015-06-23 18:11 | オペラ | Comments(0)

続)気になるオペラ演出(29)ペレアスとメリザンド@フィレンツェ(15年6月18日プルミエ)他

▼すでに上演中ですが、いわばメイキングの動画が公開されていたので貼り付けます。





▼以下、元記事
▼演出: ダニエレ・アバド(Daniele Abbado, 1958-, 伊)(D)
イタリア・ミラノ出身の演出家および芸術監督。父親は知る人ぞ知る指揮者の故クラウディオ・アバド(Claudio Abbado, 1933-2014)。つい最近トレイラーで見たミラノ・スカラ座やロンドン(ROH)で上演された《ナブッコ(Nabucco)》の映像が印象的なので俄かに興味津々なのだが、6月にフィレンツェで上演予定の《ペレアスとメリザンド(Pelleas et Melisande)》(指揮: D. ガッティ)の舞台イメージにも洗練されたセンスの良さが感じられる。ちなみに父親のアバドはプッチーニのオペラを指揮することはなかったが、息子のアバドは《蝶々夫人(Madamma Butterfly)》も《トスカ(Tosca)》も演出している。また、2005年から2007年にかけて上演された《魔笛(Die Zauberflöte)》では息子が演出して父親が指揮をしている。

by ka2ka55 | 2015-06-22 01:12 | オペラ | Comments(0)

動画: G.F. ヘンデル作曲《アリオダンテ(Ariodante, HWV 33)》を観る/聴く

▼G.F. ヘンデル作曲《アリオダンテ(Ariodante, HWV 33)》(初演:1735年1月8日ロンドン)
琴線に触れまくる音楽(旋律)の数々に眩暈がするほどヘンデル好きがますます高じる今日この頃…今回は《アルチーナ(Alcina HWV 34)》(1735年4月初演)の前作にあたる作品。つい最近、独ミュンスターで上演された同作品の公演(3/28プルミエ)が高評価だったことを記事にしたが、じつはこれまで序曲ぐらいしか聴いたことがなかった。動画を検索すると、昨年(2014年)エクサン・プロヴァンス音楽祭で上演された公演の全曲収録版が公開されており、演出(R.ジョーンズ)にはいささか不満はあるものの、キャスト(とくに女声)がすばらしく、観応え聴き応え十分である。

●作品の解説および「あらすじ」はココまたはココを参照

▼2014年エクサン・プロヴァンス音楽祭(2014年7月3日プルミエ)版(全曲)

▼スタッフ
指揮: アンドレア・マルコン(Andrea Marcon)
演出: リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
装置・衣装: ウルツ(Ultz)
証明: Mimi Jordan Sherin
振付: Lucy Burge
▼キャスト
アリオダンテ(Ariodante): サラ・コノリー(Sarah Connolly)(Ms)騎士、ジネーヴラの婚約者
ジネーヴラ(Ginevra): パトリシア・プティボン(Patricia Petibon)(S)スコットランド王女
ダリンダ(Dalinda): サンドリーヌ・ピオー(Sandrine Piau)(S)ジネーヴラの女官
ポリネッソ(Polinesso): ソニア・プリナ(Sonia Prina)(A)オールバニー公爵
ルルカーニオ(Lurcanio): デヴィッド・ポルティロ(David Portillo)(T)アリオダンテの弟
スコットランド王(Il Re di Scozia): ルカ・ティトット(Luca Tittoto)(B)ジネーヴラの父親
オドアルド(Odoardo): クリストファー・ディフィ(Christopher Diffey)(T)国王の寵臣

▼演奏会形式版@ブカレスト(2011年9月4日)

Ann Hallenberg: Ariodante
Roberta Mameli: Ginevra
Varduhi Abrahanyan: Polinesso
Ana Quintans: Dalinda
Nicholas Phan: Lurcanio
Matthew Brook: Re di Scozia

Il Complesso Barocco
Conducted by Alan Curtis

by ka2ka55 | 2015-06-19 16:35 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(32)炎の天使@デュッセルドルフ(2015年6月13日プルミエ)他(演出: I. カラマン)

▼演出: イモ・カラマン(Immo Karaman, 1972-, 独ゲルゼンキルヒェン)HP




▼その他の参考動画















by ka2ka55 | 2015-06-17 10:51 | オペラ | Comments(0)

気になる日本人オペラ歌手(4)薬師寺典子(Noriko Yakushiji, 東京)soprano

薬師寺典子(Noriko Yakushiji, 東京)soprano
主にベルギーで活躍中で生年は不明だが、たぶん20代だろう。以下、公式サイトのプロフィール(Bio)を一部引用:
東京生まれ。
幼少よりヴァイオリンを習い声楽を始める。東京芸術大学声楽科卒業。ベルギー政府給費奨学生としてベルギーで学ぶ。ブリュッセル王立音楽院修士課程修了。2012年度上半期、2013年度下半期野村財団奨学金奨学生。
ベルギーアンスオペラコンクール入賞。
リエージュ王立歌劇場M.ラヴェル作曲オペラ「子供と魔法」子供役、A.ヴィヴァルディ作曲「グローリア」ソプラノソロ、パリとブリュッセルでH.ヴィラロボス「ブラジル風バッハ五番」を8台のチェロと、また今夏にはブリュッセルとアントワープでインターナショナルフェスティヴァルに出演。A.ウェーベルン、F.シューベルト、H.プッサーのプログラムでリサイタルを行う。
現代音楽の分野に力を入れていて、ベルギーIctus代表ジャン•リュック•ファフション氏の作品でベルギー現代音楽祭アルス・ムジカ出演。

▼参考動画



M.J. ラヴェル作曲《子供と魔法(L'Enfant et les sortilèges)》全曲@リエージュ(2013年3月15日プルミエ)
Direction Musicale Philippe Gerard
Mise en scene Marianne Pousseur et Enrico Bagnoli




作曲: Léo Collins
録音・撮影・編集:金井隆之

by ka2ka55 | 2015-06-17 00:36 | オペラ | Comments(0)

お気に入りオペラ歌手(11)サラ・コノリー(Sarah Connolly, 1963-, 英)(Ms)

▼サラ・コノリー(Sarah Connolly, 1963-, 英)mezzo-soprano


















by ka2ka55 | 2015-06-14 17:45 | オペラ | Comments(0)

動画: G.F. ヘンデル作曲《エジプトのジュリアス・シーザー(Giulio Cesare in Egitto, HWV17)》を観る

《アルチーナ(Alcina, HWV34)》以外のヘンデルのオペラはそれほど熱心に聴いたり観たりしているわけではないが、なぜか《エジプトのジュリアス・シーザー(Giulio Cesare in Egitto, HWV17)》にはこのところちょっとハマリかけている。公開されている(複数の全曲版を含む)動画がいずれも秀逸ということもあるが、シーザーやクレオパトラなどきわめてポピュラーな登場人物がすったもんだしてハッピーエンドで幕を閉じるというバロックオペラならではの筋が私好みのせいかもしれない。「あらすじ」はココを参照。以下、例によって公開されている動画の一部を貼っておく。

▼2005年グラインドボーン音楽祭版(全曲)

指揮:ウィリアム・クリスティ
エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団、グラインドボーン合唱団
ジュリオ・チェーザレ:サラ・コノリー
セスト:アンゲリカ・キルヒシュラーガー
クレオパトラ:ダニエル・ドゥ・ニース
コルネーリア:パトリシア・バードン
アキッラ:クリストファー・モルトマン
トロメーオ:クリストフ・デュモー
ニレーノ:ラヒド・ベン・アブデスラム
クーリオ:アレクサンダー・アシュワース

演出:デイヴィッド・マクヴィカー
装置:ロバート・ジョーンズ
衣裳:ブリギッテ・ライフェンストュール
照明:ポール・コンスタブル
振付:アンドリュー・ジョージ

【2005年8月14日、17日 グラインドボーン歌劇場(グラインドボーン音楽祭、イギリス)におけるライヴ収録】

▼2012年ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭版(全曲)(ドイツ語字幕)

Andreas Scholl: Giulio Cesare.
Cecilia Bartoli: Cleopatra.
Anne Sofie von Otter: Cornelia.
Philippe Jaroussky: Sesto.
Christophe Dumaux: Tolomeo.
Ruben Drole: Achilla.
Jochen Kowalsky: Nirena.
Peter Kálmán: Curio.

Il Giardino Armonico
Conducted by Giovanni Antonini.
Directed by Moshe Leiser & Patrice Caurier.


▼2011年パリ(オペラ座)版



<第2幕>
Natalie Dessay (Cleopatra), Lawrence Zazzo (Cesare), Varduhi Abrahamyan (Cornelia), Isabel Leonard (Sesto), Christophe Dumaux (Tolomeo), Nathan Berg (Achille), Dominique Visse (Nireno), Aimery Lefèvre (Curio)
Le Concert d`Astrée, Emmanuelle Haïm (conductor) & Laurent Pelly (stage director)

▼2007年コペンハーゲン(王立劇場)版(全曲)



<第1幕>



<第2幕><第3幕>
Andreas Scholl (Giulio Cesare), Inger Dam-Jensen (Cleopatra), Randi Steene (Cornelia), Tuva Semmingsen (Sesto), Christopher Robson (Tolomeo), Palle Knudsen (Achilla) & James Huw Jeffries (Nireno)
Concerto Copenhagen, Lars Ulrik Mortensen

by ka2ka55 | 2015-06-11 02:43 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(42)デルフィーヌ・ガルー(Delphine Galou, 1977-, 仏)Contralto

▼デルフィーヌ・ガルー(Delphine Galou, 1977-, 仏)Contralto
1977年生まれとのことで「若手」とは言い難いが、コントラルトの歌手は比較的(相当に?)珍しいので、いわば例外的に取り上げる(来日しているかどうかは不明)。尚、「Contralto(コントラルト)」は「Alto(アルト)」と同義でWikiには以下のように記載されている。
アルト(伊 alto)は、女声の声域(声種)のひとつで、コントラルト(contralto)とも言う。 イタリア語の「高い」が原義で、テノールよりも高い音域を指すようになった。 現在では女声の低い声を言い、女声を2部に分けたときの下の声部、3部に分けたときの一番下の声部の名前ともなる。 おおむねアルト歌手はF3からB5くらいの声域をもち、4声体和声や合唱ではG3からE5くらいが用いられる。
ちなみに「日本におけるアルト歌手の数は現在、非常に少なく希少なものである」とのことだが、じっさいに「著名なアルト歌手」として名前が挙がっている日本人アルト歌手は知らない人ばかりで、そのほとんどが物故者。もっとも名前が挙がっている外国人にも物故者が多く、辛うじて現役で私でも知っているのは、ナタリー・シュトゥッツマン(Nathalie Stutzmann, 1965年-, 仏)ぐらい。その意味でも、まだ30代のアルト歌手としてデルフィーヌ・ガルーに注目するのは当然といえば当然と言えよう。
しかし、声域の関係もありバロックが得意分野であることは間違いなさそう。というか、Operabaseによるとバロック以外の出演歴や今後の出演予定は見当たらない。とくに最近出演した公演の中では、今年1月から2月にかけてブリュッセル(モネ劇場)とアムステルダムで上演されたヘンデル作曲《タメルラーノ(Tamerlano)HWV 18》(C.ルセ指揮、P.オーディ演出)(全曲版)が公演そのものとしてもアンドロニコ(Andronico)役としても出色と思われる(下記動画参照)。「あらすじ」はココを参照。

▼参考動画



<第1幕 3場 アンドロニコのアリア"Bella Asteria il tuo cor mi difenda">
アステリア役はソフィー・カルトホイザー(Sophie Karthäuser)(S)




<第2幕 8場 アンドロニコのアリア"Piu D'Una Tigre Altero">




<第1幕 2場 タメルラーノ(Christophe Dumaux(CT))のアリア"Vuo dar pace a un alma altera">




<第3幕 最終場 四重唱"D'altra notte gia mirarsi a scorno">

by ka2ka55 | 2015-06-09 01:00 | オペラ | Comments(0)

続2)お気に入りオペラ歌手(1)マレーナ・エルンマン(Malena Ernman, 1970-, スウェーデン) (S/Ms)

▼先月収録された公演の放送は7月12日(日)に予定されています。
2015年7月12日(日) 9:00pm ~ 11:00pm
NHK Eテレ クラシック音楽館
「第1809回 定期公演 Cプログラム」
ラヴェル/組曲「マ・メール・ロワ」
ラヴェル/シェエラザード*
ショーソン/愛と海の詩*
ドビュッシー/交響詩「海」
指揮 : エド・デ・ワールト
メゾ・ソプラノ* : マレーナ・エルンマン
収録 2015年5月15日 NHKホール
http://www.nhkso.or.jp/concert/search_broadcast.php?hoso_date=20150712
▼マレーナ・エルンマン(Malena Ernman, 1970-, スウェーデン) (S/Ms)Twitter
うっかりしていたが現在、来日中で昨日(15日)と本日(16日)N響定期に出演とのこと。昨日の公演はFMで生中継された(後日TV放送あり)ようだが、聴き逃し、本日の公演も残念ながら聴きに行く予定なし(まあ、NHKホールということもあり)。
前回の記事に参考動画をいくつも挙げているが、この歌手の持ち味は今回の来日で発揮されているだろうか…
▼参考動画























by ka2ka55 | 2015-06-06 00:42 | オペラ | Comments(0)