Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2014年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

注目オペラ歌手(15)ジェシカ・プラット(Jessica Pratt, 英)(col-S)

▼ジェシカ・プラット(Jessica Pratt, 英)(col-S)
イギリス生まれで豪州育ちのコロラトゥーラ・ソプラノ歌手。2007年デビューとのことなので、おそらくまだ30代前半と思われるが、いろんな意味で貫禄が感じられる。初めて注目したのは、2012年フェニーチェ劇場での元旦コンサートに登場した際の映像(下記動画参照)だったが、メイクのせいかあまりいい印象はなく、ほとんど忘れかけていた矢先、つい最近、前々記事のルチア@DNOの演技を見て、あらためて注目した次第。ひょっとしたら、いまルチア役としてはベストパフォーマーではなかろうか…ミラノ・スカラ座には同役で今年(2014年)2月にデビューしているが、METにはまだのようである。ちなみに今年6月には来日して東京でリサイタルを開いている(関連記事)。

▼参考動画

















by ka2ka55 | 2014-12-31 17:29 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(14)イスマエル・ジョルディ(Ismael Jordi, 1973-, スペイン)(T)

▼イスマエル・ジョルディ(Ismael Jordi, 1973-, スペイン)(T)
テノール、とりわけベルカント系のテノールはやはりラテン系に限る…と思わせるような好みの声質のスペイン出身のテノール。必ずしも若手ではないため「注目オペラ歌手」として取り上げるのはいささか不本意ではあるが、METやスカラ座にはデビューしていない(?)という点で注目したい(意味不明)。

▼参考動画














by ka2ka55 | 2014-12-31 02:57 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(12)トリスタンとイゾルデ@ニュルンベルク2012ほか(演出: M. ワーゲマーカース)

▼演出: モニク・ワーゲマーカース(Monique Wagemakers, オランダ)
年齢は不明だがオランダ出身の演出家。しかし、インタビュー映像を見ると中年以上の相当のおばさまにもかかわらず国際的に評価されたのは2006年にシュトゥットガルト州立歌劇場のために制作された《蝶々夫人》(Madama Butterfly)の演出とある。同プロダクションはその後何度も再演され、今月も同歌劇場で上演されたが、残念ながら動画は見つからない。
なお、《トリスタンとイゾルデ(Tristan und Isolde)》はニュルンベルクで2015年2月に再演予定。

▼参考動画



《トリスタンとイゾルデ(Tristan und Isolde)》@ニュルンベルク2012




《ルル(Lulu)》@アウグスブルク2011




《カルメン(Carmen)》@ハノーファー2010




《セビリヤの理髪師(Il barbiere di Siviglia)》@マンハイム2010




《ランメルモールのルチア(Lucia di Lammermoor)》@アムステルダム(DNO)2007



《ランメルモールのルチア(Lucia di Lammermoor)》@アムステルダム(DNO)2014(再演時のドキュメント)
ルチア(ジェシカ・プラット)の「狂乱の場」(36:00~47:33)は必見

by ka2ka55 | 2014-12-29 23:34 | オペラ | Comments(0)

気になる変なオペラ歌手(1)バーバラ・ハンニンガン(Barbara Hannigan, 1971-, カナダ)(S)&Cond.

バーバラ・ハンニンガン(Barbara Hannigan, 1971-, カナダ)(S)&(Cond.)
Wikiの記事には「カナダ人のソプラノで指揮者、かつコンテンポラリー・オペラパフォーマーの世界的第一人者のひとり(one of the world's foremost performers of contemporary opera)」とある。ふーん…という感じなのだが、公開されている動画を見れば、その実態が少なからず想像できる。いずれにしても指揮者でもあるソプラノ(声域が3オクターブ(G3-F#6)らしい)というのはきわめて珍しい…ちなみに現在はベルギーのモネ劇場で上演中の《ドン・ジョヴァンニ(Don Giovanni》のドンナ・アンナ役で出演中。また、来年7月にはベルリン(UDL)で上演予定の細川俊夫《Matsukaze》(S. ヴァルツ演出)にタイトルロールで出演予定。

▼参考動画











by ka2ka55 | 2014-12-28 00:49 | オペラ | Comments(0)

気になる韓国人オペラ歌手(4)スンハエ・イム(Sunhae Im, 1976-, 韓国)(S)

▼スンハエ・イム(Sunhae Im, 韓国)(S)
やや古い(2004年前後)記事のプロフィールであるため最新の情報は掲載されていないが、韓国のチョルウォン(鉄原)出身のソプラノ。1994~1998年にソウルと独カールスルーエの音楽大学で学び、2000年に「フィガロ」のバルバリーナ役でフランクフルト歌劇場にデビューしているのでキャリアはすでに15年。Operabaseに掲載されているスケジュールを見ると、現在は欧州の各地で活躍している様子がわかる。たとえば来年6月のミュンヘンでのコンサート

▼参考動画








by ka2ka55 | 2014-12-27 08:44 | オペラ | Comments(2)

気になるオペラハウス(15)クラーゲンフルト市立劇場(Stadttheater Klagenfurt)@墺クラーゲンフルト

▼クラーゲンフルト市立劇場(Stadttheater Klagenfurt)@墺クラーゲンフルト
d0103632_22244066.jpg
劇場のファサード
現在のオーストリアは9つの連邦州から成るが、クラーゲンフルト(2007年から公式名はクラーゲンフルト・アム・ヴェルターゼー(Klagenfurt am Wörthersee)に変更)はそのうちの1つケルンテン(Kärnten)州の州都。残念ながら同市には行ったことがなく、当然、同劇場にも行ったことはない、というかこんな美麗なファサードを有する劇場があるとはまったく知らなかった。ちなみにクラーゲンフルトは21日(日)に亡くなったウド・ユルゲンス(Udo Jurgens)の出身地。
今回、同劇場を取り上げたきっかけは、24日付Kurier紙に掲載された《魔笛(Zauberflöte)》(12/18プルミエ)の公演に関する記事。オリジナルに近い台本による興味深い演出と演奏、高レベルのアンサンブルに対して高く評価されている(同じオーストリアの大歌劇場でのプルミエに対する評価とは対照的)。とはいえ、同劇場で最近上演された各公演に対する評価はまちまちのようである。

▼参考動画



















▼おまけ


by ka2ka55 | 2014-12-25 23:52 | オペラ | Comments(0)

参考動画: ヴェルディ《リゴレット》@ウィーン国立歌劇場(2014年12月20日プルミエ公演)

先週の土曜(12/20)にウィーン国立歌劇場としては30年(?)ぶりの新演出(P. オーディ演出)で上演された《リゴレット(Rigoletto)》。指揮は当初予定していた(音楽総監督を辞めてしまった)F.W-メストに代わってチョン・ミョンフン。そして、タイトルロールは、病い(インフルエンザ?)を押して登場したサイモン・キーンリーサイドだったが、第2幕の最後でついにダウン。主役が初日上演中に途中降板してしまうという珍事が見物の動画…


by ka2ka55 | 2014-12-25 02:00 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(11)運命の力@独ケルン2012ほか(演出: オリヴィエ・ピィ)

▼演出: オリヴィエ・ピィ(Olivier Py, 1965-, 仏グラース)

以下、Wikiの記事の引用
熱烈なカトリック信仰と自らの同性愛とを詩と演劇の力によってアクロバティックに結びあわせ、「受肉の奇蹟」としての舞台創造を目指す。フランス国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)で演劇、カトリック学院で神学を学び、1988年に自らの劇団を起こす。1997年、オルレアン国立演劇センターの芸術監督に就任、同職を10年務めた後、2007年3月、オデオン座芸術総監督に就任。2012年3月に同職を退任し、2013年よりアヴィニョン演劇祭のディレクターに就任予定。 ミス・ナイフの名前で歌手活動も行う。

▼参考動画



ヴェルディ《運命の力(La forza del destino)》@独ケルン(2012年9月プルミエ)




ビゼー《カルメン(Carmen)》@仏リヨン(2012年6月プルミエ)




A. ベルク《ルル(Lulu)》@バルセロナ(リセウ)(2010年11月プルミエ)




プーランク《カルメル派修道女の対話(Dialogues des Carmelites)》@パリ・シャンゼリゼ劇場2013年12月プルミエ




ヴェルディ《トロヴァトーレ(Il Trovatore)》@ミュンヘン(2013年11月プルミエ)




オッフェンバック《ホフマン物語(Les Contes d'Hoffmann)》@ジュネーブ(2008年11月プルミエ)


▼おまけ



ミス・ナイフ(Miss Knife)としての歌手活動

by ka2ka55 | 2014-12-24 01:42 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(10)三つのオレンジへの恋@独マンハイム2014ほか(演出: C. ドイパー)

▼コルドゥラ・ドイパー(Cordula Däuper
マンハイム国民劇場(Nationaltheater Mannheim)のサイトに掲載されているプロフィールによると、出身地や年齢は不明だが、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン(Hochschule für Musik Hanns Eisler in Berlin)で演劇やオペラ(Musiktheater)を学び、デビューは2005年ベルリン(KOB)における»Die Prinzessin auf der Erbse(エンドウ豆の上に寝たお姫さま)«の演出とのことなのでベルリン出身の30代前半か。
デビュー作がそうであるように、これまでの演出歴や公開されている動画を見る限り、(《魔笛》や《こうもり》など)メルヘンチックな喜劇系を得意としているように見える。また、タイトルの動画プロコフィエフのオペラ《三つのオレンジへの恋(Die Liebe zu drei Orangen)》では、巨大なあやつり人形を登場させて「歌わせる」など、奇を衒う傾向がなきにしもあらず…ちなみに来年5-6月には独リューベックで上演予定の新制作《愛の妙薬(L'elisir d'amore)》(指揮: 沼尻竜典)を演出することになっている。

▼参考インタビュー記事
Interview mit Regisseurin Cordula Däuper

▼参考動画



プロコフィエフ《三つのオレンジへの恋(Die Liebe zu drei Orangen)》@マンハイム(2014年2月プルミエ)




D. チマローザ《秘密の結婚(Il matrimonio segreto)》@チューリヒ(2014年5月9日プルミエ)




J. シュトラウス《こうもり(Die Fledermaus)》@コブレンツ(2013年11月2日プルミエ)




モーツァルト《魔笛(Die Zauberflöte)》@コブレンツ(2011年12月10日プルミエ)




E. キュネッケ《彼の地から来た従兄弟(Der Vetter aus Dingsda)》@ベルリン(KOB)(2009年2月プルミエ)

by ka2ka55 | 2014-12-22 16:06 | オペラ | Comments(0)

気になる日本人オペラ歌手(2)やまざき はるな(Haruna Yamazaki, 独シュトゥットガルト)(Ms)

▼やまざき はるな(Haruna Yamazaki)(Ms)
気になるオペラハウス(5)」で取り上げたコブレンツ市立歌劇場(Theater Koblenz)の専属歌手(メゾソプラノ)。同歌劇場サイトに掲載されているプロフィール(下記参照)によると、独シュトゥットガルト生まれのようだが、2009年に東京藝術大学の声楽科を卒業とあるので、まだ20代かもしれない。2012年から同歌劇場に在籍、ヘンゼル役@ヘンゼルとグレーテルやチェプラーノ伯爵夫人役@リゴレットのほかオルロフスキー公爵役@こうもりとして出演している。(姓名の正確な日本語表記は不明)
Geboren in Stuttgart, ist Haruna Yamazaki in Stuttgart, Coburg, Mannheim und Japan aufgewachsen. Sie ist seit dem Jahr 2012 in Koblenz und sang hier unter anderem Hänsel („Hänsel und Gretel”) und die Gräfin Ceprano in „Rigoletto”. Sie hat sowohl 2009 ihr Gesangsstudium an der „Staatlichen Universität für Bildende Künste und Musik” in Tokio als auch ihren Master in Gesang in der Klasse der Professorin Ulrike Sonntag an der Musikhochschule Stuttgart mit Auszeichnung abgeschlossen.

▼参考動画






ヘンゼル役@ヘンゼルとグレーテル




チェプラーノ伯爵夫人役@リゴレット




オルロフスキー公爵役@こうもり

by ka2ka55 | 2014-12-21 00:17 | オペラ | Comments(0)