Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2012年 05月 ( 47 )   > この月の画像一覧

自画像

これは誰「を」描いた絵か。あるいは誰「が」描いた絵か。(右上にサインらしきも書かれているので大したクイズにはならないかもしれないが……)
d0103632_1654757.jpg
自画像を描いた画家は無数に存在するとはいえ、これほど若い頃の(しかも500年以上前(1484年)に描かれた)自画像が現存するのは珍しいのではないか。というわけで、アルブレヒト・デューラーAlbrecht Dürer,1471-1528)が13歳(!)で描いたとされる自画像(銀筆素描)である。
ドイツで40年ぶりとなる大規模なデューラーの展覧会が5月24日から9月2日までデューラーの生まれ故郷であるニュルンベルクのドイツ国立博物館で開催される旨の記事が目に留まり、その記事の中に上の自画像も掲載されているのだが、右上には以下のように書かれているらしい。
„Dz hab ich aws ein Spigel nach mir selbs kunterfet im 1484 Jar, do ich noch ein Kint was“
見慣れている「標準ドイツ語」にはとても見えないのだが、要するに「まだ子供だった頃の1484年に鏡を見て自分自身を描いた」という意味と思われる。この自画像は例外としても、同展覧会は「ドイツ人の最も好きな画家(Der Deutschen liebster Maler)」であるデューラーの初期の作品に焦点を絞った初めてのものとのこと(日本語の関連記事)。
by ka2ka55 | 2012-05-31 16:06 | 美術 | Comments(0)

2つの延期@ベルリン

さっき届いたドイツ観光局からの「ドイツ旅メール」には「ベルリン新空港、開港延期」のお知らせが掲載されている。
東西ドイツ統一から22年、首都ベルリンに来る6月3日に待ちに待った新空港開港に向けて最後のテストが市民を交えて実施されていましたが、5月9日、突然、開港延期が発表されました。理由は防災設備の不備によるもので、開港は早くとも来年の3月になりそうです。それまでテーゲルとシェーネフェルトの両空港が従来通り使用されます。
また、これは同メールには掲載されていないが、同じくベルリンで一昨年から改築工事が行われている国立歌劇場(UDL)の来年(2013年)に予定されていた開場もなんと2015年まで延期されることになったらしい。この記事は26日付のMorgenpost紙に掲載されている。
26.05.12 BERLINER STAATSOPER
Sanierung scheitert an mittelalterlichen Holzpfählen
Die Eröffnung der Staatsoper ist auf 2015 verschoben worden. So wird das größte Kulturbauprojekt Berlins wohl teurer als gedacht.

http://www.morgenpost.de/kultur/article106379473/Sanierung-scheitert-an-mittelalterlichen-Holzpfaehlen.html
それにしても延期の理由が興味深い、というか、よくわからない。上の記事によると、工事現場の地下17メートルに17世紀の木杭(Holzpfahl)が埋まっているのが見つかり、それによって計画されたオペラハウスと稽古場との地下の連絡が地下水と隔離できないという。地下水がコンクリートの床に染み込んで建物全体を傾けてしまうおそれがあるというのだが……。
by ka2ka55 | 2012-05-30 15:08 | ニュース | Comments(0)

お大事に!

はしたないブログ」として以前にも記事にしたことがあるが、「オペラ関連」のブログの中にきわめて不愉快かつ悪趣味なものがある。「お気に入りの」特定の歌手に肩入れする一方で、「気に食わない」特定の歌手(実名も写真も掲載)をこき下ろすというスタイル。当然、文章も「紙面」も下品そのもの。よせばいいのに久しぶりに見てみると相変わらずの酷さに……やっぱり、よせばよかった。これでは肩入れされている歌手もちっとも嬉しくないのでは?と余計な心配もしたくなるほどだが、そんなことに気づく気配もなさそうである。
by ka2ka55 | 2012-05-30 12:46 | ニュース | Comments(0)

これぞスナップショット?

d0103632_1135644.jpg
KURIER紙に掲載されている一連の写真(Das nennt man Snappschuss(これをスナップショットと呼ぶ(直訳))から拝借。25枚中、多くは笑える写真だが、素人目には、中には「合成」が含まれているようにも見える。たとえば、上の1枚。これは(ありふれた)カワラヒワだと思うが、どう考えても「ありえない」シーン。もしリアルな写真だとすれば、まさに奇跡的なタイミングと言えるだろう(キャプションは"Hiergeblieben."(ここにいてくれ))。
by ka2ka55 | 2012-05-29 11:38 | 写真 | Comments(0)

18年前のネトレプコ



アンナ・ネトレプコ(S)の動画は無数にあると思うが、これはちょっと珍しいかもしれない(公開は5月26日(土))。18年前の1994年にサンクトペテルブルク音楽院で上演された《椿姫》(La Traviata)でヴィオレッタを演じる当時22歳のネトレプコ(これより前か後かわからないが、Wikiの記事によると、同じ年にマリインスキー劇場で《フィガロの結婚》のスザンナ役でデヴュー)である。しかもロシア語で歌っている。
by ka2ka55 | 2012-05-28 16:57 | 音楽 | Comments(0)

RE:Plov

ピラフ」というと、少なからず洋風もしくは欧風のイメージがあるが、日本語版Wikiの記事をみると、(フランス語の)ピラフ(pilaf)の語源はトルコ語の"pilav(ピラヴ)"であり、トルコで一般的な料理らしく、トルコからフランスに入ってフランス料理のピラフとなったとある。洋風のイメージがあるのは日本ではフランス料理としてのピラフが伝えられたためだろうか。
一方、トルコから中央アジア(ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスなど)に伝わったピラフもある。こちらがどうやら"Plov"つまり「プロフ」(写真参照)となり、旧ソ連時代にロシア、ウクライナ、グルジアなどにも広まっていったようである。



「プロフ」の調理法が収録されている動画は多いが、当然のことながら説明はロシア語がほとんどのため詳しくは聞き取れないものの映像を見れば大体のことはわかる(ような気がする)。
上の動画は独デュッセルドルフの(たぶんウズベキスタン人の)レストランシェフによる調理法の紹介。国や地域によって材料や調理法に多少の違いはあるものの基本的には同様で、いずれもニンジンの千切りを大量に投入することなどを含めて、フランス料理のピラフや中華の炒飯(チャーハン)などとは決定的に違うようである。
by ka2ka55 | 2012-05-27 23:39 | | Comments(0)

本日のモンテ・カステッロ

d0103632_17172959.jpg
本格的なヒルクライムのコースや長距離を走るには体力(体重)がまだ許さないこともあり、相変わらずチンタラ走行しかしていないが、それでも短い距離の激坂(20%以上の勾配)を上る気力だけは十分である。写真ではよくわからないが、22%標識のある本日の城山湖近くの激坂も距離が短いので気力で辛うじて上れる。

▼本日の走行データ
主要コース: ランド→尾根幹→城山(モンテ・カステッロ)→上溝→ランド
走行開始時刻/距離/時間(所要時間): 11:55/62.8 km/02:39:53/03:02
速度最高/平均: 57.7/23.2 km/h//ケイデンス最大/平均: 108/67 rpm
高度最高/最低: 298/29 m//積算登坂/降坂高度: 638/627 m//最大登坂/降坂傾斜度: 22/-- %
心拍数最大/最小/平均:173/87/147 bpm//平均出力: -- w//消費カロリー: 1913 kcal
★累積走行距離(月間年間07年来積算)=441 km/441 km/32,468 km(2012-05-26現在)
by ka2ka55 | 2012-05-26 17:19 | 自転車 | Comments(0)

Plov

Chefkoch.deという(ヨーロッパ最大の)料理サイトに登録したところ、「本日のレシピ」として毎日1品ずつオススメのレシピがメールで送られてくる。パッと見、すぐにでも作れそうなもの、材料等を含めて難航しそうなもの、さまざまだが、数日前のレシピは"Plov"という「ロシア料理」だった。写真を見ると、こんなロシア料理があったのかと思えるような親近感のある米(ライス)料理。調べてみると、"Plov"とは「ピラフ」を意味するようだが、何語なのか判然としない。「ピラフ」のドイツ語での一般的な表記は"Pilaw"のようだが、ドイツ語版Wikiの記事には以下の通り各国語の表記が記載されている。
Pilaw (usbekisch: Palov/Osh, albanisch: Pilaf, armenisch: Pilav/փիլավ,, aserbaidschanisch: Plov, bosnisch: Pilav, griechisch: Pilafi/πιλάφι, persisch: Polow, rumänisch: Pilaf, russisch: Plow/плов, serbisch: Pilav/пилав, türkisch: Pilav)
http://de.wikipedia.org/wiki/Pilaw

by ka2ka55 | 2012-05-25 23:11 | | Comments(0)

Crampi

今年のジロ・デ・イタリア(Giro de'Italia)はイタリア語の勉強を兼ねて(?)イタリア語の実況による生中継をネットで視聴しているが、いよいよ大詰めを迎えつつあるとともに、だいぶ耳も慣れてきた(ような気がする)。まあ、画面を見ていることや、実況では選手名を連呼したりなど大して難しいことは言っていないのでマトモなイタリア語の勉強になっているかどうかは疑わしい。



昨日(23日)の第17ステージの残り20kmからゴールまでの中継動画だが、トップグループで最後の峠を越える直前にそれまで先頭を牽いていたイタリアの有力選手(M.スカルポーニ)が突然ガクッと遅れてしまう。切れてしまったのか。下りに入って、しばらくして同選手が走りながら両腿を摩るシーンが映し出された。どうやら攣ったようだ。実況の"Crampi(クランピ)"はさすがに聞き取れる(7分10秒あたり)。こんなプロ中のプロの選手でもレース中に脚が攣るとは興味深い。優勝は難しいかもしれないが(現在1分36秒遅れの個人総合4位)、イタリア人ということもあり是非頑張ってもらいたい。

▼本日の走行データ
主要コース: 多摩水道橋→府中四谷橋→愛宕山→尾根幹→黒川→ランド→新百合ヶ丘→専大
走行開始時刻/距離/時間(所要時間): 14:53/59.3 km/02:25:22/02:59
速度最高/平均: 50.3/24.5 km/h//ケイデンス最大/平均: 115/62 rpm
高度最高/最低: 129/22 m//積算登坂/降坂高度: 608/624 m//最大登坂/降坂傾斜度: --/-- %
心拍数最大/最小/平均:174/88/141 bpm//平均出力: -- w//消費カロリー: 1673 kcal
★累積走行距離(月間年間07年来積算)=378 km/378 km/32,405 km(2012-05-24現在)
by ka2ka55 | 2012-05-24 21:05 | 自転車 | Comments(0)

H●t●er

ドイツ語には"Hetzer"(ヘッツァー)という語があり、「煽動者」などと訳されているが、日本語にもなっている「デマゴーグ」(Demagoge)とほぼ同じ意味とみられる。
今日は珍しく英字新聞(The Washington Post)を見ていたら、日本関連の記事の中に"rabble-rouser"という単語が目に留まり、調べてみると、これも"Hetzer"の同意語のようである。
ちなみに、一般の辞書には載っていないが、ルアーフィッシングで使用されるルアー(疑似餌)の一種にも"Rabble Rouser"(ラブル ラウザー)があることを初めて知った(参考記事)。この場合、煽られて釣られるのは魚(バス)である。
by ka2ka55 | 2012-05-24 12:46 | 翻訳 | Comments(0)