Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2012年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

完結

Begeistertes Publikum
Oper Frankfurt schließt "Ring" ab

Mit der "Götterdämmerung" hat die Oper Frankfurt das letzte der vier Werke aus dem "Ring des Nibelungen" von Richard Wagner auf die Bühne gebracht. Mit gigantischem Erfolg.

http://www.hr-online.de/website/rubriken/kultur/index.jsp?key=standard_document_43858535&rubrik=5980&seite=1

by ka2ka55 | 2012-01-31 23:56 | ニュース | Comments(0)

Griselda

このところ毎日のように(正確には毎日)聴いているのは、ワーグナーでもヴェルディでもなく、ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日-1741年7月28日)のオペラ《グリゼルダGriselda)》。ヴィヴァルディと言えば、《四季》に代表される器楽曲があまりにも有名だが、じつはオペラもたくさん書いている(現在見つかっている数は52だが、作曲家自身は94のオペラを作ったと書簡に記しているとのこと)。



《グリゼルダ》と言えば、第2幕で歌われるこのアリア(Agitata da due venti(二つの風に乱されて))が最も有名かもしれない。けっしてタイトルロール(グリゼルダ)ではなく、その娘役のコスタンツァ(Costanza)のアリアだが、ほかにも印象的なアリアが多い中で、やはりこれは別格。そして、YTを検索すると、チェチーリア・バルトリが歌っている動画が真っ先にヒットするが、超絶的なアジリタがバルトリ以上に印象的なのがこのヴィヴィカ・ジュノー(Vivica Genaux)。珍しくアラスカ出身らしい。



これも印象的なアリアの1つ。第3幕でシシリアの貴族オットーネ(Ottone)が歌う"Dopo un'orrida procella"。つまり本来は男性の役でオリジナル(初演)ではカストラート(去勢男性歌手)が担当したとある。動画の歌手は先日(2012-01-15)記事にしたドイツ人(ライプチヒ出身)のシモーネ・ケルメス(Simone Kermes)(ドイツ人なので「ジモーネ」かもしれない)。
by ka2ka55 | 2012-01-30 23:02 | 音楽 | Comments(0)

RE:GP招待クイズ

ヘッセン放送(Hessischer Rundfunk)のTVで28日に《神々の黄昏》のGP(26日上演)の模様が放送され、その番組(hessenschau)のビデオがウェブサイトにアップされている。プルミエ(PREMIERE)は本日(29日)17時(日本時間30日午前1時)開演。

ちなみにクイズの答えは、写真の左がブリュンヒルデ(Brünnhilde)役のスーザン・ブロック(Susan Bullock)、右がジークフリート(Siegfried)役のランス・ライアン(Lance Ryan)。

ところで、演出家(ブルガリア出身のヴェラ・ネミロヴァ(Vera Nemirova))がビデオの最後でちらっと触れているように、6月から7月にかけて予定されている「指環」の2回のチクルスのチケットはすでに完売していてインターネット上の「ブラックマーケット」で取引されている由。そうなんだよなあ。3月3日まで6回上演される《神々の黄昏》に関してもすでに完売。チクルスは4公演が1セットで発売されたため単一公演のチケットは入手しづらく、6月の《ジークフリート》と《神々の黄昏》のチケットを入手すべく1月2日の発売開始に臨んだが、結局、開始時点で前売りのセット券が完売していたらしい。まあ、6月は航空運賃も高めだし(来年1月~2月に再び2回のチクルスが予定されていることもあり)、今年はもう諦めかけている。
by ka2ka55 | 2012-01-29 14:14 | ニュース | Comments(0)

生白鳥現る

本日(28日)は6月に初台で上演される《ローエングリンLohengrin)》(新演出)のチケットの会員先着先行発売初日。いつもは忘れて出遅れてしまうのだが、さすがに本日はしっかり待機して、辛うじてD席券をゲットした。しかし、まだ半年近く間があることに加えて、演出に関する不安、そして何よりタイトルロールのフォークトが果たしてキャンセルせずに来日するかなど、安めのチケットが確保できても安心というわけではない。

ところで、ローエングリンといえば小舟を白鳥に曳かせて登場する白鳥の騎士。その登場シーンをどのように演出するかがひとつの注目点でもあるが、現在ドイツのフライブルク劇場(Theater Freiburg)で上演されている《ローエングリン》(1月21日(土)プルミエ)では本物の生きた白鳥を登場させているようである。Badische Zeitungの28日付の記事(タイトル:Lebender Schwan fliegt bei Wagner-Oper "Lohengrin" in den Orchestergraben)によると、26日(木)の公演では白鳥は舞台から飛び立ってオーケストラ席(ピット)に舞い降りたとのこと。
d0103632_21594842.jpg
記事を読むと、どうやら白鳥を登場させたのは第1幕ではなく第3幕のようだ。そして、飛び立ってオケピットに舞い降りたのは、あくまでもハプニングであって、けっして演出ではない。
白鳥はスカペッティ(Scapetti)という名前の1歳のオス(♂)らしく、舞台には調教師(上の写真で白鳥の真後ろに立っている女性(Tatjana Zimek))も「助演」として参加させて万全の態勢で臨み初日は当初の演出を成功させたが、2回目でハプニングが起こってしまった。
ドイツでは演出家が絶対的と言われるが、本公演も演出家(Frank Hilbrich)の演出意図(コダワリ)で生きた白鳥を登場させることは絶対に必要らしく、ぬいぐるみ(Stofftier)では絶対ダメなのだとか。
by ka2ka55 | 2012-01-28 22:01 | ニュース | Comments(0)

4月20日

某ブログ(Gesamtkunstwerk)の最新記事で知ったのだが、ベルリンに3つある大きなオペラハウスのうちの1つベルリン・ドイツ・オペラ(Deutsche Oper Berlin)で予定されている2つの公演の上演日を入れ替えるという奇妙な日程変更が発表された(劇場発表記事)。
入れ替える公演はワーグナーの《リエンツィ(Rienzi)》とヤナーチェクの《イエヌーファ(Jenufa)》。問題の上演日は4月20日(金)なのだが、この日付でピンとくる人は相当な「通」に違いない。



つまり日程変更の理由として挙げられているのは、当初上演が予定された4月20日はアドルフ・ヒトラーの誕生日であり、《リエンツィ》はヒトラーのお気に入りの作品だったという点で「ハウス内での議論の末、当夜における同演目の上演は個人的理由により困難または不可能であるとスタッフは表明、日程の入れ替えを決定した」とのこと。
さらに言えば、今回上演される《リエンツィ》は2010年に新演出で上演された公演の再演なのだが、上のサワリの動画からも窺われるように、実在したとされる原作の登場人物のリエンツィ、イレーネ、ローマ市民をそれぞれヒトラー、エヴァ・ブラウン、ベルリン市民に置き換えた演出であり、すでに相当に物議を醸したものらしい。
しかし、WELTオンライン版27日付の関連記事などを読むと、もう少し複雑な経緯もあるようにみえる。
by ka2ka55 | 2012-01-27 09:23 | ニュース | Comments(0)

RE:青い鳥を探せ

青い鳥を探しにいつもとは別の散歩コースへ。
d0103632_2375477.jpg
一昨日降った雪が妙な形で残ったままの某運動場
d0103632_2392151.jpg
遠目にはヒヨドリと思いきや正体はツグミだった
d0103632_2311113.jpg
何かいそうな雰囲気はあるのだが……
d0103632_23121988.jpg
なぜかウサギと遭遇
d0103632_23131692.jpg
結局、本命の青い鳥には遇えず。。。その代わりに本日のカワセミ(♂?)

by ka2ka55 | 2012-01-26 23:16 | 自然 | Comments(0)

来シーズン@NNTT

まだ今シーズンの公演が半分以上残っているというのに、もう来シーズンのラインアップが発表されたらしく、昨日きんきらきんのチラシを受け取った。

d0103632_18492527.jpg[新国立劇場 2012/2013シーズン オペラ演目一覧]
2012年
10月 ブリテン《ピーター・グライムズ》 [新制作(レンタル)]

11月 プッチーニ《トスカ》

11月・12月 ロッシーニ《セビリアの理髪師》

2013年
1月・2月 ワーグナー《タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦》

1月・2月 ドニゼッティ《愛の妙薬》

3月 ヴェルディ《アイーダ》 [開場15周年記念公演]

4月 モーツァルト《魔笛》

5月・6月 ヴェルディ《ナブッコ》 [新制作]

6月 モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》

6月 香月修《夜叉ヶ池》 [新制作/創作委嘱作品・世界初演]
by ka2ka55 | 2012-01-25 23:48 | ニュース | Comments(0)

本日のZ席

d0103632_22225358.jpg
本日は初台へ出かける直前に見ていたNHK総合番組「こんにちは いっと6けん」でなぜか新国立劇場の「Z席」が紹介されていて、思わず、ずっこけそうになった。

苦手な《ラ・ボエーム》ではあるが、実演を観るのは08年以来3回目。横浜での前回(2010-03-27)はホモキの演出が観たくて、初台での前々回(2008-01-25)はミミ役のマリア・バーヨ(María Bayo)が聴きたくて、だったが、今回は運よく「Z席」が当たったからということになるだろうか。もし当たらなければ観ることはなかったと思う。もともと苦手な演目であることに加えて、どうしても聴きたいと思わせるキャスティングでもなかったから。しかし、今回はZ席のおかげで(?)、舞台は上手の半分が見切れてしまったが、オケの音がよく聞こえて指揮者もよく見えたのが幸いして音楽的には聴覚的にも視覚的にも十分に楽しめた。
ちなみに本日のオケは先週の金曜(2012-01-20)のコンサートと同じく東響。Z席からは丸見えのピット内は結構な大編成で、コンマス(コンミスと言うべきか)は金曜と同じくOさんだった。たしか土日にも公演があったはずと思って公式サイトのスケジュールを確認すると、今月は19日(木)から29日(日)の楽日までほとんど休みなし。しかも25日(水)は福島県相馬市の小学校を訪問するらしい。相変わらず精力的である。
by ka2ka55 | 2012-01-24 22:23 | 音楽 | Comments(0)

GP招待クイズ

d0103632_5302375.jpg
Wer sind die beiden hier abgebildeten Solisten und wie heißen ihre Partien?
当ブログではお馴染みのフランクフルト歌劇場(Oper Frankfurt)で26日(木)に行われる《神々の黄昏》(29日プルミエ)のゲネプロ(GP)の招待チケット抽選のお知らせ。ただし、クイズに正解する必要がある。

クイズ:写真の両ソリストの名前とそれぞれの役名は?

あたしゃ、すぐにわかるんだけど……抽選に当たって行けるわけでもないしね。。。
by ka2ka55 | 2012-01-23 23:29 | ニュース | Comments(0)

"Freiraum für Emotionen"

ドイツ南西部の地方紙の1つ"SÜDWEST PRESSE"のさらにローカル版(21日付)にこれまで当ブログで何度も記事にしているソプラノ歌手キャサリン・ネーグルスタッドCatherine Naglestad, 1965-)の興味深いインタビュー記事が掲載されている。

別ページに略歴(STECKBRIEF)も掲載されているが、米国カリフォルニア州サンノゼ(San Jose)生まれでヨーロッパでは1993年にハンブルクでキャリア(モーツァルト《後宮からの誘拐》のコンスタンツェ役)を開始後、1997年から6年間シュトゥットガルト歌劇場の専属歌手として数々の役で出演。2006年に同歌劇場で上演された《ノルマ》と《アルセスト》に出演して同年の最優秀女性歌手(Opernwelt誌)に選ばれた。その後は世界各国(日本を含む)の歌劇場に出演、そして再び6年ぶりにシュトゥットガルトに戻ってきて《ノルマ》(昨年12月再演)に出演するのを機会に地元紙がインタヴューしたということだろう。

ネーグルスタッドというと、DVDにも収録されているシュトゥットガルト歌劇場で1999年に上演された(名演ともいえる)《アルチーナ》(YTで全編視聴可能)のタイトルロールが印象的だが、本人はトスカに代表されるヴェリズモ系の役がお気に入りらしい。
それにしても、このほか、マノン・レスコー、蝶々夫人、アメーリア(仮面舞踏会)、アイーダ、サロメなど多彩な役を演じていることは間違いない。そして、個人的に興味深く且つ期待するのが、今後のワーグナー歌手としてのレパートリーの拡がりである。じっさいに今年5月にはミュンヘンで上演される《ジークフリート》のブリュンヒルデ役での出演が予定されている。

オペラ歌手になるきっけかは?の質問に対して「子どもの頃から歌が好きでプロになってあくまでミュージカルの舞台で歌いたいとも思ってました。どちらかと言えば退屈に思えたオペラでしたが、ゼフィレッリ監督のすばらしく豪華な「椿姫」の映画を見てからプロとして進むべき道の輪郭が見えました」と答えている。
そういえば、アンナ・ネトレプコも初めはオペラではなくミュージカルの舞台に立ちたかったとことが先日の記事で紹介されていたが、ネトレプコとの共通点がもうひとつある。
すなわち、プライベートに関して今回のインタビュー記事で初めて知ったのだが、夫君はシュトゥットガルト時代の同僚で件の《アルチーナ》ではMelisso役で存在感のある演唱が印象的なバリトン歌手のミヒャエル・エベッケMichael Ebbecke)とのこと(ネトレプコの夫君もバリトン歌手のアーウィン・シュロット)。夫君はいまでもシュトゥットガルト歌劇場の専属歌手として、やはり昨年12年ぶりに再演された《アルチーナ》では初演時のメンバーで唯一人同役で出演していたはず。
そこで、「夫婦でオペラの舞台に立つと、家ではテーマや舞台や歌唱をめぐる会話ばかりになってしまいませんか」の最後の質問に対しては、こう答えている。「いいえ、私どもでは幸いそういうことはありません。何と言っても、そもそも男性(Mann)と結婚したのであって、歌手(Sänger)と結婚したのではありませんからね」
by ka2ka55 | 2012-01-22 12:47 | ニュース | Comments(0)