Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2011年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2011年はどんな年だったか

忘れないうちに今年(2011年)の総括。
ブログに投稿した記事数はこの記事を含めて472件で単純計算すると1日平均1.29件。多いのか少ないのか何とも言えないが、昨年(2010年)の数は459件(1日平均1.26件)なので、ほぼ昨年並み、たぶん一昨年も大して変らないだろう。つまり記事数だけで見れば、特に異変はなかった年と言えなくもない。実際にはどうだったのか。ちなみに最も記事数が多かった月は54件の6月、次いで51件の3月だった。あの3月よりも6月のほうが多かったのは、昨年に引き続きメジロが庭に巣を作った一件とドイツのEHEC(腸管出血性大腸菌)感染騒動があったためと考えられる(この騒動のために6月のドイツ旅行を断念した)。つまり世間一般には今年の最大の出来事は3月の大震災であることに間違いないが、個人的には被害がほぼ皆無だったこともさることながら(もし被害があったらブログなんてやってられない)、実際には大震災とその後の事故に関しては「言葉を失った」感がしないでもない。正直なところ、目も耳も塞いで現実逃避したい気持ち。まったくのヘタレである。
by ka2ka55 | 2011-12-31 23:16 | ニュース | Comments(0)

RE:ネトレプコ考

一瞬ドキッとしたニュース
Netrebko im Krankenstand: Jänner-Termine abgesagt
30.12.2011 | 17:11 | (DiePresse.com)
Schlechte Nachrichten für Fans des Opernstars Anna Netrebko: Die Sängerin muss am Fuß operiert werden. Auftritte in Mannheim, Dresden, Baden-Baden, Hannover und London wurden verschoben.
http://diepresse.com/home/kultur/klassik/720392/Netrebko-im-Krankenstand?_vl_backlink=/home/kultur/klassik/index.do
詳細はわからないが、アンナ・ネトレプコが足の手術で来月(2012年1月)のスケジュールをキャンセル、ドイツ各地やロンドンでの公演が延期されたとのこと。
by ka2ka55 | 2011-12-31 10:21 | ニュース | Comments(0)

RE:まぢ(じ)かの100円割れ(ユーロ崩壊)

これは予想通りというより、105円を割った先月半ばからほとんど時間の問題と見られていたので、予定通りに近いかもしれない。
31日午前2時半(日本時間)のレートは1ユーロ=99円85銭前後(現時点までの最安値99円81銭)。
by ka2ka55 | 2011-12-31 02:37 | ニュース | Comments(0)

RE:希望的予想

個人的にあまり喜ばしいわけではないが……今回は予想が当たりそうな雰囲気が濃厚になってきた。以下、掲載されたばかりの29日付derStandard記事
Welser-Möst: Heißer Kandidat für Neujahrskonzert 2013
29. Dezember 2011 17:43
Entscheidung wird am 1. Jänner bekannt gegeben
Warschau - Die Wiener Philharmoniker wollen es weder bestätigen noch dementieren; sie geben ihre Entscheidung am 1. 1. 2012 bekannt. Dennoch verdichten sich die Hinweise, dass Franz Welser-Möst das Neujahrskonzert 2013 dirigieren wird.
あくまでも「有望な候補」としてはいるが、フランツ・ヴェルザー=メストが2013年のニューイヤーコンサートの指揮者になる感触が濃厚とのこと。もちろん決定は明後日であることに変りはなく、サプライズの可能性がないわけではないだろう。
by ka2ka55 | 2011-12-30 03:09 | ニュース | Comments(0)

RE:ネトレプコ考

「世界を挑発する派手好きディーバ - 劇場のトイレ掃除係から大スターに上り詰めたアンナ・ネトレプコのきらびやかで素朴な素顔」の見出しでニューズウィーク日本版に興味深い記事が掲載されている。

 第二の祖国ともいえるオーストリアとドイツで、ネトレプコはどこに行っても振り向かれる有名人だ。オペラ歌手としてだけでなく、シャンプーの広告に出てくる色気むんむんの黒髪のスターとしても知られている。

 すぐにオーストリアは彼女に市民権を与えた。市民権授与の重要な基準となるドイツ語を、ネトレプコがまったく話せないにもかかわらずだ。「(オーストリア人は)一度好きになった相手はずっと好きでいてくれるみたい。ウィーンは素晴らしい。飛行機に1時間乗ればヨーロッパ中どこにでも行けるし!」

 ゴージャスな美人が多いことで知られるロシアでも、クラスノダールは最高峰だ。アルメニア人、ユダヤ人、アディゲ人、ロマ人、スラブ人が殺戮と性交の果てにソフィア・ローレン似の女たちを生み出してきた。ネトレプコ並みの美人はざらだ。「クラスノダールでは私なんか見向きもされなかった。地元の男たちの好みじゃないから」

 クラスノダールはロシアが辛うじて黒海に接する場所に位置する。つまり憧れの地中海への入り口で、これもドイツ人がネトレプコを崇拝する一因になっている。ゲーテの『イタリア紀行』以来、ドイツ語圏の人々は栗色の髪の女が住むイタリアに恋い焦がれてきた。ネトレプコはイタリア人の代わり、それもドイツ語圏で暮らしてくれるイタリア人なのだ。



by ka2ka55 | 2011-12-29 14:44 | ニュース | Comments(0)

サギ集団に御用心!

d0103632_2314549.jpg

by ka2ka55 | 2011-12-28 23:15 | 写真 | Comments(0)

RE:契約解消

ペーター・コンヴィチュニー氏の突然の契約解消の真相が徐々に明らかになってきた。どうやら「健康上の理由」というのは必ずしも最大の理由ではなく、人事(具体的には劇場支配人の人選)を巡る軋轢が背景にあるようだ。以下の記事で触れられているMDRのインタヴューはココで聞ける。
Mittwoch, 28. Dezember 2011 10:30 Uhr
Peter Konwitschny kritisiert Leipziger Kulturpolitik
Peter Konwitschny ist enttäuscht von der Leipziger Kulturpolitik. Der scheidende Chefregisseur des Opernhauses sagte im MDR, die Stadt habe bei der Auswahl des Intendanten nicht mit ihm zusammengearbeitet. Der dann benannte Ulf Schirmer habe den Spielplan 2012/2013 völlig neu zusammengestellt, ohne ihn als Chefregisseur heranzuziehen. Neben der Personalpolitik habe es auch noch unterschiedliche ästhetische und weltanschauliche Standpunkte gegeben. Konwitschny verlässt Leipzig zum Jahresende.
http://www.dradio.de/kulturnachrichten/2011122810/3/

by ka2ka55 | 2011-12-28 22:43 | ニュース | Comments(0)

«Ich bin ein Food-Junkie»

d0103632_15573156.jpg
オペラ歌手アンナ・ネトレプコは健康的に食欲旺盛。写真:Kira Melzer © DPA
オーストリアではランキング1位のアンナ・ネトレプコ(40)だが、最近とみに「大型化」が話題になっている。オペラ歌手には珍しくないとはいえ、取り柄である美貌が失われていくのではないかと懸念する向きもある一方で、どうも本人はまったく気にしていない節がある。そんな記事が目に留まった。
Stuttgart (dpa) - Die Opernsängerin Anna Netrebko (40) liebt Essen und isst alles: «Ich bin ein Food-Junkie. Ich esse sogar diesen Fisch in Japan, an dem man sterben kann», sagte sie der Zeitung «Sonntag Aktuell».

Bis auf eine Ausnahme dürfe bei ihr alles auf den Teller: «Lebendige Würmer würde ich nicht essen.»
とにかく「食べもの大好き人間(Food-Junkie)」らしい。そして何でも食べる。唯一の例外は「生きた蛆虫(Lebendige Würmer)」だとか。蛆虫なら食べても死なないが、「日本では食べたら死ぬこともあるこの魚だって食べるわ(Ich esse sogar diesen Fisch in Japan, an dem man sterben kann)」などと言っている。河豚のことだろうか。そういえば、河豚に似てきた(?)

以上、<ネトレプコ考>の一環として。
by ka2ka55 | 2011-12-27 16:00 | ニュース | Comments(0)

Marlis Petersen



オーストリアのKURIER紙(http://kurier.at)が24日付の紙面で"Die Champions League des Kulturjahres 2011"と題してさまざまなカルチャー系分野の2011年度ランキングを掲載している。とはいえ、さすがにオーストリアということもあり、音楽(クラシック)部門すなわち"Die besten Sängerinnen, Sänger, Dirigenten und Solisten"(女性歌手、男性歌手、指揮者、ソリストの各ベスト5)がトップに掲載されている。具体的には以下の通り。
▼女性歌手部門
1. アンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)
2. アンゲラ・デノケ(Angela Denocke)
3. マーリス・ペーターゼン(Marlis Petersen)
4. エリーナ・ガランチャ(Elina Garanča)
5. ディアナ・ダムラウ(Diana Damrau)

▼男性歌手部門
1. ステファン・グールド(Stephen Gould)
2. ヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)
3. トーマス・ハンプソン(Thomas Hampson)
4. ローランド・ビリャソン(Rolando Villazón)
5. ブリン・ターフェル(Bryn Terfel)

▼指揮者部門
1. クリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)
2. マリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)
3. フランツ・ヴェルザー=メスト(Franz Welser-Möst)
4. リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)
5. クラウディオ・アバド(Claudio Abbado)

ソリスト部門=省略
当然オーストリア国内で活躍したアーチストが対象と思われるが、個人的な好みはともかく、ほぼ妥当なランキングではなかろうか。
ところで、これら15人中唯一知らない名前が女性歌手部門第3位のマーリス・ペーターゼン(Marlis Petersen)だった。ドイツ人ソプラノであり、記事のコメントには"eine begnadete Singschauspielerin"つまり「天分豊かな歌う女優(singing actress)」とある。そして、どうやら、特に今年グラーツで上演(1月22日プルミエ)されたペーター・コンヴィチュニー演出の"La traviata(椿姫)"での演唱が評価されたらしい。というわけで、YTを検索して見つけたのが上の動画。たしかに見事な歌唱と演技は注目に値すると思うが、それと同時にぱっと見の演出もいかにもコンヴィチュニーらしく、一癖ありそうである。
by ka2ka55 | 2011-12-26 11:30 | ニュース | Comments(0)

契約解消

この記事の続報と言えるかどうか、さらに気になる記事(23日付derStandard他)が目に留まった。
Peter Konwitschny verlässt Leipziger Oper
23. Dezember 2011 20:35
Starregisseur will Vertragsende zu Jahreswechsel
Leipzig - Peter Konwitschny legt sein Amt als Chefregisseur der Leipziger Oper nieder. Am Freitag habe er um Vertragsauflösung zum 1. Jänner 2012 gebeten, teilte die Oper mit. Das Opernhaus zeigte sich überrascht von der Entscheidung des 66-Jährigen, will seinem Wunsch aber entsprechen. Intendant Ulf Schirmer dankte dem Künstler für sein langjähriges Schaffen und "eine Vielzahl von außergewöhnlichen und aufregenden Theaterabenden".
http://derstandard.at/1324501234502/Peter-Konwitschny-verlaesst-Leipziger-Oper
病気療養中と思われた独ライプチヒ歌劇場の主任(スター)演出家ペーター・コンヴィチュニー氏(66)が突然、辞意を表明、2014年までの契約を2012年1月1日付で解消するという。劇場支配人のウルフ・シルマー(Ulf Schirmer)氏は慰留することなく、ただちに同演出家の希望を受け入れたようである。
また、「コンヴィチュニーが仕事放棄(Konwitschny schmeißt hin)」の見出しが打たれている別の記事によると、コンヴィチュニー氏が劇場側に送りつけた解約通知には理由が挙げられていないが、過去数カ月間に何度も入院の必要があったことから健康上の理由が推測されるという。
いずれにしても何か不透明感が否めない釈然としない一件であり、劇場側の人事を含めて今後の動向にも注目したい。
by ka2ka55 | 2011-12-25 01:10 | ニュース | Comments(0)