Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2010年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2010年の行ったり来たり/見(観)たり聞(聴)いたり(下)

▼07月~09月
 7月18日(日)スメタナ《売られた花嫁》赤坂/
 7月26日(月)「二期会ゴールデンコンサートin津田ホール「横山恵子」(S)」千駄ヶ谷(津田H)

■8月28日~9月1日 旅行(ミュンヘン→ゼルデン→ミュンヘン)
 8月29日(日)第30回エッツタール大会/完走

 9月18日(土)オッフェンバック《ホフマン物語》名古屋/A.フィッシュ指揮/粟國淳演出/
 9月30日(木)J.S.バッハ《マタイ受難曲》錦糸町/H.ヴィンシャーマン指揮/

▼10月~12月
 10月05日(火)R.シュトラウス《アラベッラ》NNTT/
 10月13日(火)モーツァルト《フィガロの結婚》NNTT/A.ホモキ演出/
 10月17日(土)上岡敏之指揮ヴッパータール交響楽団/横浜(みなとみらい)/

■11月17日~24日 旅行(チューリッヒ→フランクフルト→ライプチヒ→ドレスデン→フランクフルト)
 11月17日(水)プッチーニ《西部の娘》チューリッヒ/E.マギー(S)、J.クーラ(T)/
 11月18日(木)ワーグナー《ワルキューレ》フランクフルト/S.ヴァイグレ指揮/V.ネミロヴァ演出/
 11月19日(金)ヴェルディ《ルイザ・ミラー》シュトゥットガルト/
 11月20日(土)グルック《アウリスのイフィゲニー》ライプチヒ(プルミエ)/コンヴィチュニー演出/
 11月21日(日)ワーグナー《タンホイザー》ドレスデン/コンヴィチュニー演出/P.シュナイダー指揮/
 11月22日(月)コンサート「フローレス」/フランクフルト旧オペラ座/

 11月24日(水)ジョルダーノ《アンドレア・シェニエ》NNTT/

 12月 6日(月)「レオ・ヌッチ・バリトン・リサイタル」初台(タケミツH)/
 12月17日(木)「オペラトーク/トリスタンとイゾルデ」NNTT・ホワイエ/大野和士
 12月25日(土)ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》NNTT(プルミエ)/S.グールド(T)、I.テオリン(S)/
by ka2ka55 | 2010-12-31 23:50 | ニュース | Comments(0)

2010年の行ったり来たり/見(観)たり聞(聴)いたり(上)

2010年もあと数時間で幕を閉じようとしている。
齢のせいか30年前のことは鮮明に覚えている(思い出せる)のだが今年の出来事についてはもう記憶から消え去っているものも少なくない(はず)。幸いこの雑記帳はそのための備忘録としての役割も果たしているので例によって今年(2010年)を振り返ってみることにする。といっても今年は4回往復した欧州(ドイツ語圏)への旅行およびオペラ観劇を中心に。
▼01月~03月
 1月8日(金)ヴェルディ《椿姫》上野/M.デヴィーア(S)/

 2月23日(火)ワーグナー《ジークフリート》NNTT/

■3月16日~26日 旅行(チューリッヒ→ミュンヘン→ベルリン→ミュンヘン→ウィーン)
 3月16日(火)オッフェンバック《ホフマン物語》チューリッヒ/
 3月17日(水)モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》チューリッヒ/
 3月18日(木)ロッシーニ《セビリアの理髪師》ミュンヘン/
 3月19日(金)R.シュトラウス《バラの騎士》ベルリン(KOB)/
 3月20日(土)ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》ベルリン(DOB)/
 3月21日(日)ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》ベルリン(UDL)/
 3月22日(月)モーツァルト《フィガロの結婚》ミュンヘン/
 3月23日(火)グルック《タウリスのイフィゲニア》ウィーン(テアター・アン・デア・ウィーン)/
 3月24日(水)「パトリシア・プティボン(S)リサイタル」ウィーン(楽友協会)/

 3月27日(土)プッチーニ《ラ・ボエーム》横浜/A.ホモキ演出/
 3月30日(火)ワーグナー《神々の黄昏》NNTT/
 3月31日(水)東京都交響楽団都響スペシャル《マラ3》赤坂/

▼04月~06月
 4月02日(金)ワーグナー《パルジファル》(演奏会形式)上野/
 4月04日(土)東フィル《マラ2》渋谷/エッティンガー指揮/
 4月20日(火)ドニゼッティ《愛の妙薬》NNTT/

 5月08日(土)「オペラトーク《影のない女》」NNTT/
 5月21日(金)ドビュッシー《ペレアスとメリサンド》錦糸町/アルミンク指揮/

 6月01日(火)R.シュトラウス《影のない女》NNTT/

■6月2日~8日 旅行(フランクフルト→ハンブルク)/
 6月03日(木)ワーグナー《ラインの黄金》フランクフルト/ヴァイグレ指揮/V.ネミロヴァ演出/
 6月04日(金)ウェーバー《魔弾の射手》ハンブルク/コンヴィチュニー演出/
 6月05日(土)ヴェルディ《アイーダ》ハンブルク/
 6月06日(日)北ドイツ放送交響楽団コンサート「マーラー&ブルックナー」ハンブルク/ギーレン指揮/
 6月06日(日)ワーグナー《ローエングリン》ハンブルク/コンヴィチュニー演出/

 6月11日(金)ロッシーニ《タンクレーディ》上野/ゼッダ指揮/
 6月15日(火)ビゼー《カルメン》NNTT/
by ka2ka55 | 2010-12-31 19:17 | ニュース | Comments(0)

安物買い

d0103632_20365511.jpg
家の居間のいわゆる地デジ化はすでに数年前に済ませた。しかし寝室兼仕事場のTVは未だアナログのまま。いつ買ったものかと側面のシールを見てみると「98製」とある。つまり前世紀の代物。大して見ているわけではないが、一流メーカーのものでもさすがに10年以上経過すると一部の機能に障害が生じてきた。しかし、どっちみちあと半年もすれば使用できなくなる(はずの)代物なので修理する気はさらさらない。
というわけで、いっそのことこちらも「地デジ化」すべくネットで物色していたところ、地デジチューナーのみならずBSチューナー付きでフルハイビジョン(HD)対応の21.5型液晶TVが「特価25,696円 (税込26,980円) 送料込」で期間限定(2010年12月28日13時00分~2010年12月29日12時00分)販売されているのを発見(http://item.rakuten.co.jp/pc-express/4957180089393/)。しかも4000点のエコポイント付きなので実質的には「22,980円」である。「残り3台」とあり限定期間の残り時間は12時間余り。じっくり考えている場合ではなさそう。案の定、注文を出した数時間後には「完売御礼!売り切れました!」が表示されていた。
by ka2ka55 | 2010-12-30 20:37 | ニュース | Comments(0)

NTTが光回線値下げへ

NTTが、来春をめどに光ファイバー通信サービス「フレッツ光」の料金を引き下げる方向で調整していることが29日分かった。基本料金を抑えた上で、「従量制」の導入を検討しており、インターネット利用が少ない人は大幅な値下げになる見通し。他の通信会社に回線を貸し出す際の「接続料」も段階的に引き下げる方向だ。基本料金や上限料金の額など詳細は検討中。

by ka2ka55 | 2010-12-29 23:09 | ニュース | Comments(0)

本日の三毛猫

d0103632_18413847.jpg
d0103632_1841547.jpg
d0103632_18421078.jpg
残念ながら(?)女の子

by ka2ka55 | 2010-12-28 18:43 | | Comments(0)

グールドとテオリン

今回の「トリスタンとイゾルデ@NNTT」における主役の二人に関して、いずれもNNTTには初登場ではなく、たとえばグールド(Stephen Gould)については09年の《オテロ》におけるタイトルロール(オテロ役)として、テオリン(Iréne Theorin)については08年の《トゥーランドット》におけるタイトルロール(トゥーランドット姫役)で初登場以来、今年2月の《ジークフリート》と3月の《神々の黄昏》におけるブリュンヒルデ役としてすでにおなじみ。しかし、トリスタン役とイゾルデ役に関しては、グールドは意外にも今回がロールデビュー(初役)、テオリンも08年のバイロイトでロールデヴューしたばかりとのことで当然のことながら両人がトリスタンとイゾルデを演じるのは今回が初めてということになる。
ちなみにグールドについては先月21日にドレスデンで観た《タンホイザー》のタイトルロールで出演していて、たぶん同公演の直後に来日したと思われる。タンホイザー役は申し分なかったためトリスタンは初役でも十分に期待できると思えた。また、テオリンについては、来日直前までコペンハーゲンでやはりイゾルデ役を務めていたとのこと。
いずれにしてもこの二人がNNTTで主役を演じることは、公演が発表された当初から明らかにされていたが、果たして本当に実現するのか、ひょっとしたら直前になって降板してしまうのではないかと初日を迎えるまで不安がなかったわけではない。あるいは公演が無事に開幕しても何らかの理由で降板しないとも限らない。とにかくこの演目は主役が二人そろっていなければオハナシニナラナイ。どちらか一方がコケてもダメ。とくに先日のオペラトークで聴いたカヴァー歌手が本番で登場するようなことになれば相当に萎えると思っただけに、出来映えはともかく初日に両主役が無事に舞台に上がったことは実に喜ばしかった次第。残りの4公演(28日、1月4日、7日、10日)も無事でありますように!
by ka2ka55 | 2010-12-26 18:07 | ニュース | Comments(0)

本日のトリスタンとイゾルデ@NNTT(プルミエ)

d0103632_573632.jpg
[新制作]R.ワーグナー(Richard Wagner)
トリスタンとイゾルデTristan und Isolde
全3幕ドイツ語上演/字幕付
2010年12月25日(土)/新国立劇場(NNTT)/午後2時開演~7時45分終演/3階右サイドD席(4.725K)/★★★☆
スタッフ/キャスト
指揮:大野和士
演出:デイヴィット・マクヴィガー
美術・衣装:ロバート・ジョーンズ/照明:ポール・コンスタブル

トリスタン:ステファン・グールド
マルケ王:ギド・イェンティンス
イゾルデ:イレーネ・テオリン
クルヴェナール:ユッカ・ラジライネン
メロート:星野淳
ブランゲーネ:エレナ・ツィトコーワ
牧童:望月哲也/舵取り:成田博之/若い船乗りの声:吉田博之

合唱:新国立劇場合唱団/管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

字幕:三宅幸夫

もう1回観に行く予定の来年1月4日の席は今回よりいくらか良い席なので評価(個人的印象)は上がる可能性もなきにしもあらずだが……期待度が大きかった分、プルミエ(初日)の今回の公演に関しては、やや期待はずれの感は否めない。特に演出が最初と最後を除いて退屈だったせいか、案の定(予定通り)、第2幕と第3幕の途中で一眠り。
by ka2ka55 | 2010-12-25 23:56 | 音楽 | Comments(0)

RE:ワーグナー観劇歴

2010-08-18付の記事で昨年3月以来のワーグナー作品の観劇歴について書いたが、具体的には以下の通りだった。
 2009年3月13日 《ラインの黄金》 NNTT
 2009年3月19日 《さまよえるオランダ人》 独ベルリン(DOB)
 2009年3月22日 《トリスタンとイゾルデ》 独ケルン
 2009年4月 6日 《ワルキューレ》 NNTT
 2010年2月23日 《ジークフリート》 NNTT
 2010年3月21日 《トリスタンとイゾルデ》 独ベルリン(UDL)
 2010年3月30日 《神々の黄昏》 NNTT
 2010年4月 2日 《パルジファル》(演奏会形式) 東京文化会館
 2010年6月 3日 《ラインの黄金》 独フランクフルト
 2010年6月 6日 《ローエングリン》 独ハンブルク
その後、8月21日にはバイロイトから初のTV生中継(ワルキューレ)が行われたが、それ以外では先月(11月)の観劇旅行でもワーグナー作品を2本観た。
 2010年11月18日 《ワルキューレ》 独フランクフルト
 2010年11月21日 《タンホイザー》 独ドレスデン
つまり今年は実演だけでも8本観たことになるのだが、これで今年は打ち止めかと思いきや、明日(25日)NNTTで初日を迎える《トリスタンとイゾルデ》のチケットが手に入ったため急遽、観に行くことになった(来年1月4日のチケットはすでに入手済み)。これで今年は9本目となる。
by ka2ka55 | 2010-12-24 23:59 | 音楽 | Comments(0)

Die Deutschen II - DVD版

d0103632_2594942.jpgというわけで、ZDF(第2ドイツテレビ)が放映した"Die Deutschen II(ドイツ人II)"のシリーズはDVD(10巻)でも20日に発売されている。
とはいっても、すべて(少なくとも現時点では)ネット上で見ることができるのでDVDをわざわざ購入することはない。
DVD10巻分のタイトルは以下の通り(原語タイトルをクリックするとネット上のビデオがスタートするので要注意):
(1)カール大帝とザクセン人(Karl der Große und die Sachsen
(2)フリードリヒ2世と十字軍(Friedrich II. und der Kreuzzug
(3)ヒルデガルド・フォン・ビンゲンと女性の力(Hildegard von Bingen und die Macht der Frauen
(4)カール4世と黒死病(Karl IV. und der Schwarze Tod
(5)トーマス・ミュンツァーと農民戦争(Thomas Müntzer und der Krieg der Bauern
(6)アウグスト強王と愛(August der Starke und die Liebe
(7)カール・マルクスと階級闘争(Karl Marx und der Klassenkampf
(8)ルートヴィヒ2世とバイエルン人(Ludwig II. und die Bayern
(9)ローザ・ルクセンブルクと自由(Rosa Luxemburg und die Freiheit
(10)グスタフ・シュトレーゼマンと共和国(Gustav Stresemann und die Republik
by ka2ka55 | 2010-12-21 23:58 | 映画/DVD | Comments(0)

Die Deutschen II - Ludwig II. und die Bayern



昨日の「ヒルデガルド・フォン・ビンゲン」と同じシリーズで第8回目に放送(2010-12-07)された「ルートヴィヒ2世」(バイエルンのいわゆる「メルヘン王」)のドキュメンタリー(ZDFサイトの当該記事)。ヒルデガルドに関してはよくわからないが、メルヘン王とビスマルクの役者はいずれも本人に(たぶん)よく似ていてリアリティがある。ナレーターの声がよく、ドイツ語も聞き取りやすいが、上のYT版ではなくZDFサイトの全編版(43分)ではドイツ語の字幕(Untertitel)が表示されるようになっているので聞き取れない箇所はこれで確認できる。
いずれにしても同シリーズ(Die Deutschen II)はドイツ史上の重要人物10人に関するドキュメンタリー番組として秀逸と言えるだろう。
by ka2ka55 | 2010-12-20 23:47 | 動画 | Comments(0)