Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2010年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧

3月30日午後2時開演(午後8時15分終演)@初台

d0103632_401670.jpg
d0103632_4222368.jpg
d0103632_4223993.jpg
d0103632_4225437.jpg

by ka2ka55 | 2010-03-31 04:04 | 音楽 | Comments(0)

羊頭狗肉もしくは金返せ!!

d0103632_104468.jpg
チューリッヒ歌劇場の広報冊子より

下品なタイトルで失礼。あまり触れたくないことではあるが、今回の観劇旅行中、最も期待していて最も期待が裏切られた公演について少し触れておく。その公演は他でもない初日(16日)にチューリッヒで観た《ホフマン物語(Les Contes d'Hoffmann)》。

《ホフマン物語》が今最も観たい演目である(あった)ことはすでに2月10日付の記事で触れた通りだが、公演当日に劇場で無料配布されていた広報冊子(写真)の表紙を飾っているのが同公演で主役を演じる(リハーサルシーンと思われる)ヴィットリオ・グリゴーロ(ホフマン)とエレナ・モシュク(ヒロイン4役)であることからもわかるように、同劇場としても目玉の公演(今シーズン新制作)と位置づけていたはずである。ところが、プレミエ(13日)直前(24時間前)にモシュクが体調を崩してドクターストップがかかり16日も降板することが(渡欧直前に)判明して大いにがっくり。それだけではない。当初の演出家(Thomas Langhoff )も急病で早々に交代せざるを得なくなり、代わって演出したのが悪名高きアサガロフであることも判明。もうこの段階で、あたしゃ半分諦めていた。それでも今や売れっ子のテノール・グリゴーロのホフマンには一縷の望みをかけていたのだが…

しかし、この(わるく言えば)イタリアのあんちゃん風のテノールには個人的にはあまり魅力を感じない。テノールとしての実力もホントにあるのかどうか。単に見た目のかっこよさのため人気が先行しているだけではなかろうか。したがって、ホフマンという役は感情移入できる数少ないオペラの登場人物なのだが、グリゴーロが演じるホフマンにはまったく感情移入できない。だいいち、台本はフランス語のはずなのだが、イタリア語にしか聞こえない(といってもどちらの言葉もわかるわけではないが)。おそらく演出のせいもあるだろう。とにかくダサくてツマラナイ。しかもホフマンがつねにタバコをふかすシーンなどは不快極まりない演出。

こうなると、すべてネガティブに作用してしまう。モシュクの代役はどうだったか。オランピア役のSen Guoは辛うじて歌えていたが、物足りなさは否めない。しかも中国人。酷かったのはジュリエッタ役のRigi Guy。イスラエル出身(ということはユダヤ人?)らしいが、声量がないうえ、とちってやり直しをする始末でほとんど素人レベル。オハナシニナラナイ。いかに急ごしらえの代役とはいえ、これなら公演が中止になって払い戻しされたほうがはるかによかった。その後の公演はモシュクが復帰したようでもあるので、なおさら。
by ka2ka55 | 2010-03-30 23:06 | 音楽 | Comments(0)

9公演のサマリー

― 9日間(3/16~3/24)に観て聴いた公演の全プログラム。これだけで優に 1.5 kgあるので帰りの荷物が重くなるはずだ ―
d0103632_2052148.jpg
▼公演日/劇場(ホール)/開演-終演時間(休憩)/演目/言語//指揮/演出/管弦楽/合唱/主要キャスト//座席/料金//総合(主観的)評価

3月16日(火)/チューリッヒ歌劇場/19:00-22:40(1)/オッフェンバック作曲《ホフマン物語》/仏語(独語字幕)//D・ツィンマン/G・アサガロフ/チューリッヒ歌劇場管弦楽団/同合唱団/V・グリゴーロ(ホフマン)(T)/E・モシュク(オランピア、アントニア等4役)(S)/Sen Guo(オランピア)(S)/R・アンジェレッティ(アントニア、ステラ)(S)/R・ガイ(ジュリエッタ)(S)//2階第9ボックス席左3列/98スイスフラン//★★

3月17日(水)/チューリッヒ歌劇場/19:00-21:30(1)/モーツァルト作曲《皇帝ティートの慈悲》/伊語(独語字幕)//A・フィッシャー/J・ミラー/チューリッヒ歌劇場管弦楽団/同合唱団/S・マゼイ(皇帝ティート)(T)/S・トラットニック(ヴィテッリア)(S)/A・ボニタティブス(セスト)(Ms)/2階第8ボックス席左4列/35スイスフラン//★★★

3月18日(木)/バイエルン州立歌劇場(ミュンヘン)/19:00-22:00(1)/ロッシーニ作曲《セビリヤの理髪師》/伊語(独語字幕)//C・ワルド/F・ソレリ/バイエルン州立歌劇場管弦楽団/同合唱団/A・シュラーダー(アルマヴィーヴァ伯爵)(T)/V・カサロヴァK・リンジー(ロジーナ)(Ms)/N・ボルチェフ(フィガロ)(B)//2階左2列/74.5ユーロ//★★★☆

3月19日(金)/コーミッシェ・オーパー・ベルリン(KOB)/18:00-22:10(2)/R・シュトラウス作曲《ばらの騎士》/独語(独/英字幕)//F・レイヤー/A・ホモキ/S・クリンゲルボルン(元帥夫人)(S)/K・グモス(オクタヴィアン)(Ms)/E・リーバウ(ゾフィー)(S)//2階左第2ボックス席/56ユーロ//★★★☆

3月20日(土)/ドイツ・オペラ・ベルリン(DOB)/19:00-22:05(2)/ドニゼッティ作曲《ランメルモールのルチア》/伊語(独語字幕)//S・ランザーニ/F・サンジャスト/D・ダムラウE・グティエレス(ルチア)(S)/R・アラーニャ(エドガルド)(T)/V・ストヤノフ(エンリーコ)(Br)//1階(平土間)5列左端/87ユーロ//★★★★

3月21日(日)/ベルリン州立歌劇場(UDL)17:00-22:10(2)/ワーグナー作曲《トリスタンとイゾルデ》/独語(独語字幕)//D・バレンボイム/H・クプファー/シュターツカペレ・ベルリン/州立歌劇場合唱団/P・ザイフェルト(トリスタン)(T)/R・パーペ(マルケ王)(B)/W・マイヤー(イゾルデ)(Ms)//1階(平土間)5列左端/89ユーロ//★★★★★

3月22日(月)/バイエルン州立歌劇場(ミュンヘン)/19:00-22:40(1)/モーツァルト作曲《フィガロの結婚》/伊語(独語字幕)//J・Valcuha/D・ドルン/M・フォレ(アルマヴィーヴァ伯爵)(Br)/B・フリットリ(伯爵夫人)(S)/K・リンジー(ケルビーノ)(Ms)/E・シュロット(フィガロ)(T)/L・タチュレスク(スザンナ)(S)//2階左2列/96.5ユーロ//★★★★☆

3月23日(火)/アン・デア・ウィーン劇場(ウィーン)/19:00-21:10(1)/グルック作曲《タウリスのイフィゲニア》/仏語(独語字幕)//H・ビケット/T・フィッシャー/V・ゲンス(イフェゲニア)(S)/A・シュレーダー(トーアス)(Br)/S・ドゥグー(オレステ)(Br)//2階左3列/71.1ユーロ//★★★

3月24日(水)/楽友協会(ウィーン)ブラームスホール/19:30-21:30(1)/パトリシア・プティボン(S)リサイタル/S・マノフ(ピアノ)//1階7列右端/52ユーロ//★★☆
by ka2ka55 | 2010-03-29 23:06 | 旅行 | Comments(0)

ヴォルフガング・ワーグナーの訃報

さらにもうひとつ、旅行中に印象的だった大きなニュースが、ヴォルフガング・ワーグナー(Wolfgang Wagner, 1919年8月30日 - 2010年3月21日 )の死去。言わずと知れたバイロイト祝祭劇場の(元)総監督であり、リヒャルト・ワーグナーの孫の一人(享年90歳)。21日はベルリンでたまたま《トリスタンとイゾルデ》(バレンボイム指揮、クプファー演出)を観た後の訃報だったが、翌日にTV(ARD)で放送されていた追悼番組が下記動画。後半の2分40秒以降にバレンボイムのインタビューも収録されている興味深い映像である。





日本でどの程度報道されたかわからないが、Wikiの記事によると「数少ないバイロイト以外での仕事の中には新国立劇場での『ローエングリン』がある」とあるように来日もしていたようだ。
by ka2ka55 | 2010-03-28 16:40 | ニュース | Comments(0)

Nenaは50歳になっていた

― これもなつかしい、というかいささか驚きのニュースとして偶然TV(ZDF)で流れていたのをYTで検索してみた ―



『ロックバルーンは99』(原題:99 Luftballons)が大ヒットした27年前(1983年)、ドイツ(当時はまだ西ドイツ)在住だったアタシにとって、いろんな意味で衝撃的だったが、このニュースはまたしても衝撃的と言えるかもしれない。あれから27年も経ってこの若々しさ(初々しさ)とともに美しさを保っているのは驚異的であり奇跡的。50歳といえば十分にオバサンだろうが、なんと孫が2人いる(子どもは5人産んだが、第一子は難病のため生後一年で亡くしているらしい)というからオバアサンでもある。信じられん。
by ka2ka55 | 2010-03-28 02:33 | | Comments(0)

横浜では雪が降っていた

d0103632_18291074.jpg
けっして冗談ではなく、今にも雪が降りそうな寒さと時差ぼけの中、横浜に歌劇《ラ・ボエーム》を観に行った。そして会場(県民ホール大ホール)に入るとすでに幕が上がっていて舞台上には雪が降っていた。
by ka2ka55 | 2010-03-27 18:30 | 音楽 | Comments(0)

Nina Hagenを久しぶりに見た

Nina Hagen(ニーナ・ハーゲン)を知っている人が(とくに若い人の中に)どれほどいるだろうか。
旅行中、たしか22日の深夜だったと思うが、たまたま点けたTV(3sat)で強烈な化粧をした(どう見てもフツーではない)おばさんが熱弁をふるっており、いったいどこのどいつかと思って、しばらく見ていると、ほかでもない旧東ベルリン出身のパンク歌手ニーナ・ハーゲンだった。正直言って、まだ存命だったのかと思うほどになつかしく、たしかにかつての面影は十分にあり、いやそれどころか、さらにパワーアップしている感じで、Wikiの記事によると1955年3月11日生まれとある。いやーいろんな意味でびっくりした。どうか長生きしていただきたい。
そして、その生のトークショー番組(他の出演者が皆マトモなのも印象的)の最後にギターの弾き語りを披露したが、これには大いにグッとくるものがあり、もしやと思ってYTを検索したら昨日(26日)アップしたての動画に収められていた(2分40秒あたりから)。


by ka2ka55 | 2010-03-27 02:16 | | Comments(0)

FTLの特典

d0103632_20172734.jpg
d0103632_20175252.jpg
d0103632_2018953.jpg
今回はFTL(フリークエントトラベラー)として初めての旅行。航空券が格安エコノミークラスでも(座席以外)ビジネスクラスに相当のさまざまなサービスが受けられた。出発前にビジネスラウンジが利用できる(飲み食いタダ)などもそのひとつだが、荷物を最高40kgまで無料受託手荷物として預けられるというのは大きな特典。エコノミーの場合、通常、20kgまでなので10日間の旅行ではすぐにオーバーしてしまう。今回、行きは18.5kgほどだったが、帰りは書籍類が増えて25kgになっており、いつの間にか"HEAVY"のタグが付けられているのを知らずに成田の税関を出ようとしたら何が入っているかとしつこく聞かれた(ただ聞かれただけ)。しかしいずれにしても移動に際しては荷物は軽いに越したことはない。
by ka2ka55 | 2010-03-26 20:19 | 旅行 | Comments(0)

帰国@NRT

d0103632_10242237.jpg

d0103632_10242277.jpg

日本はなぜこんなに寒いのだ!
by ka2ka55 | 2010-03-26 10:24 | Comments(0)

NRTへ@VIE

さてもう思い残すことなく(?)帰国のためウィーン空港(VIE)へ
d0103632_20105239.jpg
d0103632_2011254.jpg
d0103632_20115244.jpg
昨日も暖かだったが今日と明日はさらに気温が上がるらしい(ただし週末はまた寒くなりそうな)ウィーン
d0103632_2015454.jpg
空港のレストランにて
d0103632_20202627.jpg
帰国便はOS

by ka2ka55 | 2010-03-25 20:21 | 旅行 | Comments(0)