Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2009年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

生P.P.@初台

昨年初来日で大好評につき(?)早くも再来日してくれたパトリシア・プティボン(P.P.)の「オペラ・アリア With オーケストラ」と題する1回目のコンサートを聴きに初台へ。
d0103632_192044.jpg
10月31日(土) 午後3時開演 東京オペラシティ・コンサートホール/2階右1列A席7k/★★★★☆
ソプラノ:パトリシア・プティボン(Patricia Petibon)
指揮:デイヴィット・レヴィ(David Levi)/管弦楽:東京フィルハーモニー管弦楽団
曲目(★=オーケストラ)
▼第一部
モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》より序曲★
モーツァルト:アリア《大いなる魂と高貴なる心》K.578
リジェル:交響曲第8番ト短調より 第1楽章★
ハイドン:歌劇《薬剤師》第3幕よりヴォルピーノのアリア<ご機嫌よう、親愛なるセンプローニオ>
モーツァルト:交響曲第22番 ハ長調K.162★
モーツァルト:歌劇《ポントの王ミトリダーテ》第2幕より、アスパージアのアリア<重い苦しみに>
休憩(20分)
▼第二部
バーバー:弦楽のためのアダージョ★
バーバー:<この輝く夜にきっと>
バクリ:《3つのラブ・ソング》Op.96 <美と愛> <永遠の間ずっと> <これが愛>
バーンスタイン:コミック・オペレッタ《キャンディード》より序曲★
バーンスタイン:コミック・オペレッタ《キャンディード》第1幕より クネゴンデのソロ<着飾って、きらびやかに>
コープランド:バレエ曲《アパラチアの春》より フィナーレ★
アーレン/デュプラ編:<虹の彼方に>
▼アンコール曲
コールポーター:<いつもさようならを(Ev'ry Time We Say Goodbye>
午後5時終演

今年3月ミラノ・スカラ座での《アルチーナ》の公演以来の生P.P.である。今日の衣装は前回の白(薄いピンクだったか)とは違って黒。とくに意味はないとは思うが…
第一部で印象的だったのは、2曲目のハイドンのアリア。ハイドンのオペラで(奇妙なタイトルとも言える)《薬剤師》があるのは知っていたが、めったに上演されないオペラ・リストに記載されているほどなので、もちろん初聴。「オペラ・ブッファ」の先駆的作品(1768年作)だそうだが、ハイドンって、やっぱりこんなのを書く作曲家だったか。18世紀だからなあ。このアリアは「終幕で若者ヴォルピーノ(ズボン役)が歌い上げるおどけた一曲」とプログラムにある通りの曲で、P.P.にはうってつけの曲とも言えよう。
第二部が(冒頭のオケの演奏を含めて)とくにすばらしく聴き応えがあった。第一部の古典からがらりと変わって(衣装は変らず)、20世紀の曲ばかりだが、とりわけ2曲目のニコラ・バクリ(1961-)作曲《3つのラブ・ソング》は実にうつくしい曲。もちろん初めて聴く曲だが、それもそのはず作曲者自身のホームページには「アジア初演」と記されているとか。《キャンディード》については、まあ、言うことなし。ただ、最後の<虹の彼方に>やアンコール曲の"Ev'ry Time We Say Goodbye"などの選曲にはちょっと疑問。
明後日(2日)、2回目の「歌曲の夕べ」が楽しみ。
by ka2ka55 | 2009-10-31 17:28 | Comments(0)

けものみち(?)にて

d0103632_21101211.jpg
めんどうな仕事が一段落着いて久々(ほぼ10日ぶり)に走った。あまりの好天に遠出もしたいが午後2時からではそれも侭ならず近くの坂場で我慢。例によって新ランド坂をメインにした周回コース。一周約14kmで240mほど上昇するので、いわば筋トレコースだが、ここを周回している限りどこを走っていても30分以内で帰宅できる。だから何だ?
できるだけ信号無し(なし)区域を求めて、写真のような「けものみち」もコースに組み込んだ。すると、クルマは通ら(れ)ないのでケモノが安心しきって道の真ん中で動こうとしない。ここの勾配、最大で20%近くあり、いったん止まると、すぐに再発進できない、というか、シッティングのままだと前輪が浮いてしまうのさ。その点で新ランド坂の勾配は大したことない。でもきつくないことはないけどね。
▼本日の走行データ
主要コース: 新ランド坂周回(14km×3)
走行開始時刻/距離/時間(所要時間): 13:57:20/54.9 km/02:46:50(02:56:04)
速度最高/平均: 50.4/20.7 km/h//ケイデンス最大/平均: 141/81 rpm
高度最高/最低: 136/21 m//積算登坂/降坂高度: 980/1010 m//最大登坂/降坂傾斜度: 21/16 %
心拍数最大/最小/平均: 174/82/138 bpm//平均出力: -- w//消費カロリー: 1491 kcal
天候: 晴れ/微風/23/27/20℃(平均/最高/最低)
走行後体重/体脂肪率: 63.9 kg/21.1 %
★累積走行距離(月間年間)=627 km/8333 km
d0103632_2113144.jpg

by ka2ka55 | 2009-10-30 18:24 | 自転車 | Comments(0)

MEIN TRAUMVIDEO 2009

d0103632_175598.jpg
昨年はなぜか送られてこなかったので今年もほとんど期待していなかったエッツタール大会(09-08-30)のビデオが収録されたDVDが先ほど郵送されてきた。さっそく見てみると、まだ2か月しか経っていないのにもうずいぶん昔の出来事のように思えて不思議だ。あまりにも日常とかけ離れた一時(ひととき)だったからだろうか。ホントに夢(TRAUM)のようだよ。
ところで、DVDが送られてきたということは、ひょっとしてYTにもUPされているかなと思ってアクセスすると1週間ほど前にすでにUPされていた。DVDには番外で特別のシーンも収録されているが、本編は4部構成になっている(07年度版は5部構成)。
まあ、こんなビデオは参加した当事者でないと見ても聞いても(ドイツ語だし)ツマラナイとは思うが…以下、参考まで。


第一部(Ötztal Radmarathon 2009 DVD Teil 1 von 4
第二部(Ötztal Radmarathon 2009 DVD Teil 2 von 4
第三部(Ötztal Radmarathon 2009 DVD Teil 3 von 4
第四部(Ötztal Radmarathon 2009 DVD Teil 4 von 4

by ka2ka55 | 2009-10-29 01:11 | 映画/DVD | Comments(0)

RE:最強の2013年!

昨日とあるサイトに掲載されていたペーター・コンヴィチュニーへのインタビュー記事(英文)を読んでいたところ、最後はこんな質問と回答で終わっていた。
What plans do you and the Leipzig Opera have for the 200th anniversary of Wagner's birth in 2013?

That I cannot reveal yet.
あ、そうか、ワーグナーは1813年生まれだったかと、それにしても気が早いなぁ、と思った瞬間、ん?待てよ、ワーグナーが生誕200年だとすると、ヴェルディもたしか1813年生まれのはずだから当然、the 200th anniversary ?!と思った次第。
by ka2ka55 | 2009-10-28 10:32 | ニュース | Comments(0)

最強の2013年!

Tutto nel mondo é burla

2013年に地球は滅亡する

というのは誤訳いや冗談。


最低の誤変換

「病理所見はしばしば人食い的であり…」



by ka2ka55 | 2009-10-27 12:39 | ニュース | Comments(0)

とある誤用

言葉の誤用を指摘するのは、誤用していること以上に恥ずかしいのだが…やっぱり気になるので。

 〇 大団円
 × 大円団


この誤用、ときどき見かけるのだけど、ちなみに「だいえんだん」と入力しても通常、「大円団」とは変換されないので実に不思議だ。もはや誤用の範囲を超えているのかもしれない。
by ka2ka55 | 2009-10-26 12:11 | 日本語 | Comments(0)

咀嚼ダイエット法を実践する

寒くなり始めて野外での運動量(発汗量)の減少に伴い再びデブ化が懸念される今日この頃、あらためて有効かつ安価なダイエット法を模索中。アルコール飲料の摂取量を夏以来激減させたのはやはり効果があり、これはさらに継続していくつもり。しかし、ダイエットのためにカネを使うほどアホらしいこともなく、かといって食べなければ栄養失調に陥る。そこで思い当たったのが「早食いは太る」という説とその根拠。要するに早食いであればあるほど満腹感が得られるまで(血糖値が上昇するまで)時間がかかりその間に食べ過ぎてしまうということだろう。どちらかといえば早食いの部類に入るため、ためしに意識してゆっくり、よく噛んで食べてみると、たしかに、いつもより食事量を無理なく減らせる感じもする。また、咀嚼回数を増やすことによって分泌されるヒスタミンが効果的に作用するという説もあるらしい。まあ、これほど安上がりなダイエット法もないかもしれないので、しばらく実践してみるか。
▼食事の咀嚼回数を増やす方法とその根拠:
1. 食事の硬度を増やす
  固い食事は、よく噛まないと呑み込むことができないため、必然的に咀嚼回数が増える。
2. 食事の味付けを薄くする
  味付けの薄い料理は、噛まないことには味覚からの満足感が得られないため、咀嚼回数が無意識に増える。
3. マヨネーズ・ケチャップ・ソース料理を避ける
  マヨネーズ・ケチャップ・ソースを使った料理は、噛まなくてもこれらの調味料から味覚の満足感が得られ、咀嚼回数の低下招く。
4. 「ながら食い」を避ける
  何かをしながらの食事は、咀嚼回数の低下・食事時間の延長・食事量(=摂取カロリー)の増加を引き起こす。

by ka2ka55 | 2009-10-25 22:02 | | Comments(0)

これは「レジー・テアター」ではない?


グランド・オペラ』の最新号(2009年秋号)を見ていて頭を抱えてしまった。ちょっと前(今年7月5日)だが、ミュンヘンで上演された新製作《ローエングリン》に関する記事(pp.150-151)。
 《ローエングリン》は、夏のフェスティヴァル初日を飾るリチャード・ジョーンズ演出の新作として期待されたが、初日の幕が開くと肯定的と否定的な批評が対立。演出は非常にモダンで、ワーグナー的なところがないにもかかわらず、批評には「レジー・テアター」という言葉が見当たらなかった。

by ka2ka55 | 2009-10-24 18:23 | 音楽 | Comments(0)

Ursula Hesse von den Steinen

「ウルズラ・ヘッセ・フォン・デン・シュタイネン」と読む(らしい)。なんやねん、という声が聞こえるが、歴とした人名。フォン・デン・シュタイネン(von den Steinen)は余分でヘッセ(Hesse)だけで十分にも見えるのだが…ウルズラ(Ursula)以外が姓と思われる。
だれやねん、という声も聞こえるが、中世の頃の吟遊詩人と思いきや、歴とした現代のオペラ歌手。例によって、来月に初台で上演される《ヴォツェック》のキャストとしてマリー役で出演が予定されているメゾソプラノである。本来、マリー役はソプラノのはずなのでその点が気になるのだが…
ところで、どこかで見覚えのある名前でもあり気になったので公式サイトを見てみると、今年5月にケルンでセンセーショナルに上演された《サムソンとデリラ》にデリラ役で出演していたのだった。この公演を実際に観た人の「覚書」を見ると相当に強烈な演技だったことを窺い知ることができる。まあ、その意味では楽しみだ。ちなみに彼女自身、ケルン出身でもあるらしい。
by ka2ka55 | 2009-10-23 11:54 | | Comments(0)

Harmlos oder schamlos ?

こんなタイトルの記事が目に留まった。いや、あくまでもタイトルが目に留まったと言っておく。
それぞれ、英語の"harmless"と"shameless"に対応するので、あえて訳すまでもないだろう。ちなみに"oder"は"or"。
しかし、この二者択一の問題設定は、はたして正しいのか。つまり「無害の、安全な、当たり障りのない、損害を受けない、安全性に問題のない、罪のない、いたいけな」ことと「恥知らずな、慎みのない、厚かましい、羞恥心のない、破廉恥な、ずうずうしい、不謹慎な、浅ましい、ふがいない」ことは、そもそも明らかな対立概念なのか。それが問題だ。
by ka2ka55 | 2009-10-22 17:21 | ニュース | Comments(0)