Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

マスクをください

花粉症患者ではないということもあり、これまでマスクをつけたことも買ったことも記憶レベルではゼロである。家にいる限り不要だとは思うが、たとえば劇場などに行くとなると(行かないという選択肢もあるが)、やはり必要かと思い人並に購入。昨日はそうでもなかったが、今日は店によってはほとんど売り切れている。
d0103632_2340447.jpg

by ka2ka55 | 2009-04-30 23:45 | ニュース | Comments(0)

遺作

昭和の歌謡曲を語る場合、絶対に外せない作詞家といえば、阿久悠を置いて外にはないだろう。
同氏が亡くなったのは2007年(平成19年)8月1日だが、大部分の曲は昭和時代に作詞されたもので、とくに平成以降は作詞家というより小説家としての印象が強い。ただし、演歌の作詞は晩年になっても続けていたようで、いわば遺作となったのが、『悦楽の園』だそうだ。
今日、ラジオから流れる同曲を自転車に乗りながら初めて聴いて思わずズッコケそうになった。いやはや、歌詞はもちろん、タイトルや作曲を含めて、いろんな意味でスゴイ曲だ。惜しむらくは歌手の歌唱力がイマイチの点。


ところが、同氏に関して相当に詳しく記載されているWikiの記事にはなぜか同曲について一切触れられていない(09-04-29現在)。まあ、それはどうでもいいのだけど。

▼本日の走行データ(府中-鑓水-永山-緑山)
走行開始時刻/距離/時間:13:46/68.26 km/02:58:40
速度最高/平均/: 46.7/22.9 km/h
心拍数最大/最小/平均: 159/77/118 bpm
消費カロリー: 1468 kcal
ケイデンス最大/平均: 116/66 rpm
最大登坂/降坂傾斜度: 14/12 %
高度最高/最低: 167/19 m
積算登坂/降坂高度: 680/682 m
最大/平均出力: 638/147 w
★累積走行距離(月間年間)=955 km/2133 km
by ka2ka55 | 2009-04-29 23:06 | | Comments(0)

邦画はツマラナイ?

昨夜のとあるTV番組で「映画で斬る!日本社会」と題して邦画が4本紹介されていた。それらのタイトルは、『闇の子供たち』『国道20号線』『ひゃくはち』『純喫茶磯辺』。いずれもほんの一部を見た限りで言うのもなんだが、まあ、どれも大して観たいとは思わない映画ばかり。しいて興味深そうなものを挙げれば、『闇の子供たち』だが、いずれにしても出演者の名前を見ただけで観る気が失せる。たぶんミスキャストだろう。もっとも某アカデミーショー作品もツマラナイと思うアタシの言うことだからあまり参考にはならない。

▼本日の走行データ(府中-鑓水-連光寺-緑山)
走行開始時刻/距離/時間:13:42/71.53 km/03:02:46
速度最高/平均/: 45.2/23.4 km/h
心拍数最大/最小/平均: 172/81/128 bpm
消費カロリー: 1735 kcal
ケイデンス最大/平均: 125/70 rpm
最大登坂/降坂傾斜度: 13/13 %
高度最高/最低: 170/19 m
積算登坂/降坂高度: 722/733 m
最大/平均出力: 607/163 w
★累積走行距離(月間年間)=887 km/2065 km
by ka2ka55 | 2009-04-28 23:38 | 映画/DVD | Comments(0)

八卦

とある占いサイトで姓名判断をためしてみた。以下、鑑定結果:
太陽のように明るく快活。ふだんはのんびり屋だが、仕事に対する責任感は非常に強いでしょう。頭も良く責任感も強いため、若い頃から社会に出て活躍でき、何かと忙しい人生になりそうです。質の高い教育を受けることが、社会で成功するポイント。運気は中年以降にさらに飛躍し、晩年は社会的な評価を得られることでしょう。
微妙に当たっているような当たっていないような…
by ka2ka55 | 2009-04-27 23:26 | ニュース | Comments(0)

ベルリンからのメール

ベルリン州立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)からのメール(26日付)によると、来シーズン(2009/10)のスケジュールが24日に発表されたらしい。演目はココを参照。
▼プレミエ(新製作)は以下の4演目:
作曲/タイトル/初日/指揮/演出/主なキャスト
1)ヴェルディ/シモン・ボッカネグラ(Simon Boccanegra)/2009年10月24日/D. バレンボイム/フェデリコ・ティエッツィ(Federico Tiezzi)/P. ドミンゴ
2)J. シュトラウス/こうもり(Die Fledermaus)/2009年11月21日/Z. メータ/クリスティアン・パーデ(Christian Pade)/S. Dussmann(ロザリンデ)
3)ヘンデル/アグリッピーナ(Agrippina)/2010年2月4日/R. ヤコブス/V. Boussard/A. Pendatchanska
4)E. シャブリエ/エトワール(L'etoile)/2010年5月16日/S. ラトル/D. Duesing/Jean-Paul Fouchécourt
同歌劇場には「貸し」がある、というか2011年まで有効の最上席(S席相当)のバウチャー(引換券)があるため、これを無駄にはしたくないのだが、来シーズンのプレミエに関しては、どれもあまり興味がそそられない。どうしたものか。
また、同歌劇場は老朽化に伴う改築のため来シーズンから2012年まで仮設の劇場で公演を行うようなので、その意味でも考えてしまう。

▼本日の走行データ(府中-鑓水-連光寺-犬蔵)
走行開始時刻/距離/時間:13:51/66.43 km/02:52:29
速度最高/平均/: 58.9/23.1 km/h
心拍数最大/最小/平均: 169/76/124 bpm
消費カロリー: 1520 kcal
ケイデンス最大/平均: 123/66 rpm
最大登坂/降坂傾斜度: 11/13 %
高度最高/最低: 161/15 m
積算登坂/降坂高度: 596/609 m
最大/平均出力: 631/150 w
★累積走行距離(月間年間)=815 km/1993 km
by ka2ka55 | 2009-04-26 20:15 | ニュース | Comments(0)

ブラックアウト

と言ってもノートパソコンの液晶画面のハナシ。
今朝、起動後に突然、画面の表示が見る角度によって薄っすらとしか確認できないほどに暗くなってしまった。表示されていることは間違いなく、ポインタも動くのでそれほど深刻な状況ではなさそう。じっさい、外部のモニタに接続すれば問題なし。このところノートの使用頻度が高く酷使したためのストレスが原因か。
そこで症状をキーワードに検索してみたところ、どうやら液晶部に組込まれているバックライト(蛍光灯?)が切れたか、それに付属するインバータなるものの不具合によるものらしい。
by ka2ka55 | 2009-04-25 23:54 | ニュース | Comments(0)

あやしい看板

d0103632_22254270.jpg

▼本日の走行データ(府中四谷-鑓水-連光寺-ランド坂)
走行開始時刻/距離/時間:14:07/54.82 km/02:15:54
速度最高/平均/: 48.0/24.2 km/h
心拍数最大/最小/平均: 178/75/134 bpm
消費カロリー: 1341 kcal
ケイデンス最大/平均: 135/77 rpm
最大登坂/降坂傾斜度: 13/14 %
高度最高/最低: 168/21 m
積算登坂/降坂高度: 541/543 m
最大/平均出力: 603/175 w
★累積走行距離(月間年間)=749 km/1927 km
by ka2ka55 | 2009-04-24 22:24 | 写真 | Comments(0)

全裸

日本では(たぶん)上演できないオペラとして、先月ミラノで観たR.カーセン演出の《アルチーナ》が挙げられるだろう(当該記事)。
その理由は、素面の男性数名が全裸で登場、若干の演技をするため日本では差し詰め「公然わいせつ罪」になりかねないからだが、同演出は(好みにもよるが)きわめて優れたもので、たしかに全裸で丸見えではあるけど「罪」でないことは明らか。その意味では(誰の演出とは言わないが)美しさも斬新さも感じられないツマラナイ演出のほうがはるかに罪である。
いや、だからと言って、オペラにおける全裸の演出を無条件に支持しているわけではない(中にはこんな「最低・最悪」の演出も)。とりわけオペラ歌手の裸など見たくもない。そういえば、やはり先月、ケルンで観た《サロメ》ではタイトルロールのキャサリン・ネーグルスタッドが「七枚のヴェールの踊り」のシーンで脱ぐと言われており、ハラハラ、ドキドキしたが、幸いにも脱がなかった。その理由はともかく、脱がなかったのは、きわめて賢明と思った次第。
by ka2ka55 | 2009-04-23 23:18 | ニュース | Comments(0)

狂ったタイトル

ドニゼッティが作曲した(断片を含めて)80余りのオペラの中に気になる(へんな)タイトルの作品がいくつかある。そのひとつが、
"I Pazzi per progetto"。
《計画的な狂気》あるいは《偽装狂人》などと訳されていたりするが、中にはストレートすぎて書くのを躊躇せざるをえない(変換できない)タイトルもある(内容はタイトルどおりの話)。
もともとめったに上演されることのないオペラではあるが、同タイトルでは少なくとも日本で上演することは許されないだろう。
ただし、NMLには堂々と同タイトルで音源(アルバム)が登録されていて全曲(ライブ録音)を聴くことができる。まるでロッシーニのブッファを思わせる(あるいは、モーツァルトのフィガロのパロディ?)が、意外とマトモな感じ。しかも短い(60分前後)ので上演しやすそうに思うのだが…
d0103632_2201740.jpg

▼本日の走行データ(多摩川大橋-新横浜-あざみ野)
走行開始時刻/距離/時間:16:08/50.57 km/02:12:43
速度最高/平均/: 48.6/22.8 km/h
心拍数最大/最小/平均: 164/70/128 bpm
消費カロリー: 1202 kcal
ケイデンス最大/平均: 138/81 rpm
最大登坂/降坂傾斜度: 14.2/6 %
高度最高/最低: 77/1 m
積算登坂/降坂高度: 340/356 m
最大/平均出力: 725/135 w
★累積走行距離(月間年間)=694 km/1872 km
by ka2ka55 | 2009-04-22 22:01 | 翻訳 | Comments(0)

愛がない

以前、オペラのタイトルには意外にも「愛」がない、というか、ドニゼッティの《愛の妙薬》ぐらいしか思い浮かばないと書いたが、来月、横浜で上演されるオペラのタイトルは《愛の白夜》(特設HP)である。なんとなく歌謡曲もしくは昼メロのタイトルような感じがしなくもないが、それもそのはず、これは「日本のシンドラー」と呼ばれる外交官・杉原千畝がモデルの作曲も台本も日本人による日本語のオペラなのだ。
by ka2ka55 | 2009-04-21 23:45 | 翻訳 | Comments(0)