Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2008年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

寒くて撤退

d0103632_1426467.jpg
8時すぎにホテルのバイキングでたっぷり朝食を取り、チェックアウトは9時半すぎ。心配された天気は問題なし。ところが走り出してすぐに「寒い」と感じる。下半身は冬用の長タイツ+シューズカバーのため問題ないが、上半身が半袖+夏用のアームカバー+ぺらぺらのウィンドブレーカーのためだろうか。バランスも悪すぎる。もちろん体が暖まっていないせいもあるが、急に気温が下がっていたようだ。
まずは、前日は夜だったため外観などの様子がイマイチはっきりしなかった音楽堂へ行ってみる。福島市は作曲家・古関裕而の出身地でその記念館が併設されている。また、2日には記念音楽祭があるらしく看板が立っていた。ホールの外観も白亜でなかなか美しい。
音楽堂のすぐそばに福島市のシンボル的存在といわれる信夫山(しのぶやま、標高275m)があり、市街が一望できるというので公園となっている展望台までの激坂を上る。花見の季節には相当賑わいそうである。

▼本日の走行データ(福島市内→土湯温泉→郡山)
走行開始時刻/距離/時間: 09:54:26/82.2 km/03:33:55
速度最高/平均/: 57.4/23.0 km/h
心拍数最大/最小/平均: 157/77/129 bpm
消費カロリー: 1630 kcal
ケイデンス最大/平均: 129/80 rpm
最大勾配上り/下り: 16/18%
高度最高/最低/平均: 500/49/190 m
獲得標高上り/下り: 685/720 m
気温最高/最低/平均: 29/14/18℃

+走行データ(大宮→自宅)
 走行開始時刻/距離/時間: 16:45/53.0 km/02:30


累積走行距離(月間年間)=1321 km/6911 km

by ka2ka55 | 2008-10-31 23:17 | 旅行 | Comments(0)

福島へ

芸術の秋、スポーツの秋、そして紅葉の秋だが、まずは音楽堂で「オペラの夕べ」を楽しむ。
d0103632_18101856.jpg
どうやらこの音楽堂は備えられているパイプオルガン(デンマーク製)のためにあると言えるのかもしれない。「壁全体に北陸石川の九谷焼のタイルを施し、床には音響効果のためすべて桜のムク材を使用している。」(Wiki)とのこと。逆に言えば、声楽的にはどうなのか。
まあ、それはともかく、お目当てのアンナ・ヴェレヴァは(けっしてホールのせいではなく?)ひょっとしてあまり調子がよくなかったのかもしれない。プログラムに記載されている曲目のうち「慕わしきお名前」(《リゴレット》より)や「ああ、そはかな人か 花から花へ」(《椿姫》より)などが、いずれも軽めのアリアに差し替えられていた。それと知らなかったが、2日前(28日)にはサントリーホール(小)でもコンサートがあったらしい。
一方の「魅惑のテノール」アレハンドロ・オメルドは絶好調だったようで、ただでさえ哀愁の漂う東欧のアンナ・ヴェレヴァと典型的な陽気なメキシカンとの対比が妙であった。
しかし意外というか、最も印象的だったのは、アンナ・ヴェレヴァが最後にアンコールで歌った日本語による一曲。実はこの曲、ある日本のテノール歌手がカバーで歌って大ヒットした曲なのだが、個人的には大キライな曲。したがって、これまでマトモに聴いたことがなかった。ところが、彼女が歌うと印象がまるで違うのでびっくり。大キライな理由は(日本語に訳された)陰気くさい歌詞のせいもあるのだが、ほぼ完璧な日本語で歌われたこともあり、初めからお気に入りのソプラノ歌手が歌っていれば大キライになることはなかったかもしれないと思った次第。

▼本日の走行データ(東京駅)
走行開始時刻/距離/時間: 12:07:20/24.3 km/00:56:19
速度最高/平均/: 45.7/24.5 km/h
心拍数最大/最小/平均: 163/86/133 bpm
消費カロリー: 441 kcal
ケイデンス最大/平均: 124/90 rpm
最大勾配上り/下り: 10/15%
高度最高/最低/平均: 58/8/29 m
獲得標高上り/下り: 100/105 m
気温最高/最低/平均: 22/18/19℃


累積走行距離(月間年間)=1187 km/6777 km

by ka2ka55 | 2008-10-30 22:53 | 旅行 | Comments(0)

RE:エクステンザ?

d0103632_1550418.jpg
あたらしモノ好き、というか最近、M酒乱のタイヤがよくパンクするので買い換えてみた。ありそうでなかった噂の橋石製ロードバイク用タイヤMADE IN TAIWAN)。当面、レースに出る予定はない、というか安い(4K)ので「ロングライド向け」を選択。

▼本日の走行データ(鑓水)
走行開始時刻/距離/時間: 11:33:49/59.5 km/02:09:34
速度最高/平均/: 53.2/27.6 km/h
心拍数最大/最小/平均: 166/66/136 bpm
消費カロリー: 1115 kcal
ケイデンス最大/平均: 119/86 rpm
最大勾配上り/下り: 11/18%
高度最高/最低/平均: 168/21/80 m
獲得標高上り/下り: 335/325 m
気温最高/最低/平均: 26/23/24℃


累積走行距離(月間年間)=1162 km/6752 km

by ka2ka55 | 2008-10-29 16:12 | 自転車 | Comments(0)

リゴレット@初台

前回と同様、平日マチネのため昼すぎに自宅から初台へ。今回はいつものコースではなく初めてKOラインを利用したが意外と近道であることが判明。家から駅まで30分歩くが、急行に乗れば乗り換えることなく25分余りで初台に着く。こりゃいいや。
d0103632_0501813.jpg

昨年、オペラを頻繁に観るようになった当初は《リゴレット》が一番好きな演目だったが、一年余り経過して、いろいろ観るうちにフツーに好きな演目のひとつになってしまった。

それにしても《リゴレット》は音楽的にはもちろんだけど、印象として《椿姫》と妙にダブるところがある。原作者や話の内容はまったく別ではあるけど、たしか台本が同じ作者でほとんど同じ時期に作曲されているせいもあるのか。リゴレットとジルダの二重唱はジェルモン(父)とヴィオレッタの二重唱とまさにダブってしまう。まあ、たまたまDVDではレオ・ヌッチのリゴレットとジェルモンを何回も視聴しているせいもあるかもしれない。とにかく、これらの役に関して現時点ではヌッチの右に出る者はいないと思う。
ということは、逆に言えば、ヌッチ以外の誰がやっても満足できないということでもあり、今回のリゴレット(ラード・アタネッリ)についても残念ながらそれは当てはまる。ちなみにアタネッリは6月の《椿姫》ではジェルモン(父)をやっていた。顔も声もけっしてわるくはないが、物足りなさは、たぶん年齢(1964年生まれ)のせいもあるだろう。ヌッチとは20の年齢差。

最近のヌッチのリゴレット。ジルダ(最後の超高音が見事)はデジレ・ランカトーレ(Desirée Rancatore)。
ヴェルディフェスティバル(2008年10月6日、パルマ)にて。

by ka2ka55 | 2008-10-28 20:10 | 音楽 | Comments(0)

お宮参り

3月31日付の「ご報告」(ここでは4月7日付の記事)以来、まったく見ていなかったのだが、先月の11日に無事ご出産されていたようで、久しぶりに見たら、すでに「お宮参り」。
女性は第一子を産んだ後が一番綺麗なのだとか。まあ、この方はもともと十分にお綺麗だけど。
これに関連して、「出産デトックス」とか「高齢出産は究極のアンチエイジング」とか、なかなか興味深い記事を読んでしまった今日この頃。

▼本日の走行データ(新横浜)
走行開始時刻/距離/時間: 10:27:26/61.7 km/02:15:42
速度最高/平均/: 53.9/27.4 km/h
心拍数最大/最小/平均: 164/79/139 bpm
消費カロリー: 1180 kcal
ケイデンス最大/平均: 128/87 rpm
最大勾配上り/下り: 14/16%
高度最高/最低/平均: 97/11/39 m
獲得標高上り/下り: 315/306 m
気温最高/最低/平均: 28/22/26℃


累積走行距離(月間年間)=1102 km/6692 km

by ka2ka55 | 2008-10-27 13:33 | ニュース | Comments(0)

女性の…

最近のウィーン発のニュースの中にこんなのがあった。
【ウィーン16日共同】欧州に君臨したハプスブルク家が16世紀に創設した、ウィーンの「スペイン乗馬学校」は15日、女性の騎手見習いを史上初めて採用したと発表した。英国のサジョナ・モレルさん(17)とオーストリアのハンナ・ツァイトルホーファーさん(21)で、2人は同時に採用された男性2人の騎手見習いとともに修行を積み、騎手を目指す。騎手になるには8年から10年が必要という。
「史上初めて」とあるが、16世紀の創設以来なのでなんと430年の歴史。ハプスブルク家といえば、乗馬を好んだシシィのイメージがあるためちょっと意外な感じもするが、それにしてもなんで今更という感じもしなくもない。なんで?
ただ、この記事からだけではわからないが、ビデオ映像を見ると、そもそも「スペイン乗馬学校」の現総裁は女性(Elisabeth Gürtler)らしい。だからなのか。
そういえば、今年はウィーンフィルでも史上初の女性のコンサートマスター(コンミスと呼ぶらしい)が就任したようなので、なにかとそういう傾向があるということなのかもしれない。
まあ、せいぜい頑張っていただきたい。
by ka2ka55 | 2008-10-26 02:03 | ニュース | Comments(0)

ふりむけば紅葉坂

d0103632_22162932.jpg

▼本日の走行データ(鎌倉(パンク1回))
走行開始時刻/距離/時間: 11:52:42/92.2 km/03:46:48
速度最高/平均/: 57.8/24.4 km/h
心拍数最大/最小/平均: 169/83/133 bpm
消費カロリー: 1803 kcal
ケイデンス最大/平均: 126/83 rpm
最大勾配上り/下り: 26/18%
高度最高/最低/平均: 116/2/36 m
獲得標高上り/下り: 505/495 m
気温最高/最低/平均: 27/21/23℃


累積走行距離(月間年間)=1040 km/6630 km

by ka2ka55 | 2008-10-25 20:40 | 自転車 | Comments(0)

やっぱりダムラウ

d0103632_18412969.jpg
ドイツのオペラ専門誌"Opernwelt"(オペラ界)のサイトを見ると「年鑑」(Jahrbuch)の目次(Inhalt)が掲載されており、それによると昨シーズン(2007/2008)の最優秀女性歌手(Sängerin des Jahres)は、ここでも何度か記事(1)(2)にしたことがあるソプラノのDiana Damrau(ディアナ・ダムラウ)に決まったようだ。
表紙を見て初めはだれか、どの演目のシーンなのかもわからなかったが、これは間違いなく、ミュンヘンで上演された《ナクソス島のアリアドネ》におけるツェルビネッタ役のダムラウであろう。例によってYTにアップされた動画で確認できる。


いずれにしても個人的にも今一番ナマで観たい聴きたいソプラノといえば、やっぱりダムラウ。やっぱりいいわ。
by ka2ka55 | 2008-10-24 18:51 | | Comments(0)

もっと早く気づけよ!

スイスにある"Ospedale della Beate Vergine"という病院名を日本語で表記すべく調べたところ、ただ一件、「永遠なる童貞女病院」などと訳されているサイトがヒットして愕然とした。
いや、カトリック教会における修道女が(も)「童貞」と呼ばれることは百も承知だが…それにしても「永遠なる童貞女病院」って????
そこで気を取り直して、"Beate Vergine"のみを検索すると、イタリアの作曲家モンテヴェルディ(Claudio Monteverdi,1567-1643)の"Vespro della Beata Vergina"がヒット。これの日本語タイトルは《聖母マリアの夕べの祈り》となっているではないか。
もっと早く気づけよ!と誰かさん、いや、自分に(も)言いたい。
by ka2ka55 | 2008-10-24 00:05 | 翻訳 | Comments(0)

Echo Klassik 2008

「ヨーロッパ版グラミー賞」なのだそうだが、ドイツのクラシック音楽レコード賞"Echo Klassik 2008"(日本の関連サイト)の授賞式が19日(日)にミュンヘンで行なわれ、その模様がすでにYTの動画でも見ることができる。
そのうち女性歌手部門はメゾソプラノのチェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli、伊)、男性歌手部門はカウンターテナーのフィリップ・ジャルスキー(Philippe Jaroussky、仏)がそれぞれ2008年度の最優秀歌手に選ばれたのだが、奇しくも(?)この2人、来月7日8日に別々に東京でリサイタルを行なうことになっている。やっぱり東京ってヘンなところだ。




by ka2ka55 | 2008-10-23 01:48 | ニュース | Comments(0)