Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

<   2008年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

本日の意外

d0103632_17591648.jpg
さっき近所に買い物に出た際、久しぶりに立ち寄ったN武線N駅前のこじんまりとした眼鏡屋さんのショーウィンドウに意外なモノを発見。近寄って見ると、ヘルメットもジャージもすべてホンモノ。というか、ここの店長さんは、アイウェアの面で片山梨絵選手をずっとサポートしているとのこと。
by ka2ka55 | 2008-09-30 18:01 | ニュース | Comments(0)

エクステンザ?

自転車メーカーというよりタイヤメーカーとして知られるBストン。これまでなぜか自転車(ロードバイク)用のタイヤは製造・販売していなかったが、どうしたわけかそのBストンサイクルから初のロード用タイヤが出る(10月発売)らしい。
本気なのだろうか。
d0103632_6223541.jpg
by ka2ka55 | 2008-09-29 06:19 | ニュース | Comments(0)

引退

このところ各界で引退が流行っている(?)が、自転車界でもついにという感じで、エリック・ツァベル(Erik Zabel)が今期限りでの現役の引退を発表した。
今年5月、久しぶりにTV観戦したジロ・デ・イタリアでは「まだやってるのか」と思ってしまったほどなので、ちっともサプライズではないが、なぜかこのところの各引退表明の中では誰に対してよりもしんみりしてしまった。ビルト紙のインタヴューでは"Ich gehe als Freund des Radsports"(サイクルスポーツの友として歩む)などと言っているが、プロとしての16年間に201勝という成績にはあらためて驚いた。
しかし、まだ38歳なんだよね。あたしが38歳のときには、まだ自転車(ロードバイク)に乗り始めてさえいなかった。ちなみに今年のエッツタール大会であのコースを7時間ジャストのトップタイムでゴールしたのは、やはり38歳(1970年生まれ)のイタリア人だった。
by ka2ka55 | 2008-09-28 02:10 | ニュース | Comments(0)

エッツタール大会 完走記(番外)-来年はどうする-

そろそろ(完走してから)4週間になるが、ようやく完走記も完走、いや完成した。まだ編集の余地はあるが下記の通り掲載。

 完走記(1)
 完走記(2)
 完走記(3)
 完走記(4)

さて、そこで「来年はどうする?」という問題が当然生じる。この2年間、「完走するまで」と言い続けてきた手前、「来年も行く!」と言えば「完走したのにまだ行くのか」と言われるに違いない。そりゃそうだけどさ。
(これから説得力のある、エレガントな口実をでっち上げなければなるまい)

▼本日の走行データ(丸子橋)
走行開始時刻/距離/時間: 14:25:14/40.1 km/02:07:59
速度最高/平均/: 53.5/24.6 km/h
心拍数最大/最小/平均: 163/65/123 bpm
消費カロリー: 756kcal
ケイデンス最大/平均: 142/87 rpm
最大勾配上り/下り: 17/11%
高度最高/最低/平均: 78/8/27 m
獲得標高上り/下り: 192/195 m
気温最高/最低/平均: 26/24/25℃


累積走行距離(月間年間)=242 km/5590 km

by ka2ka55 | 2008-09-27 17:46 | グランフォンド(GF) | Comments(0)

アルミンクの薔薇の騎士

d0103632_14129.jpg

いやー長かった。開演が18時で2回の休憩をはさんで終演が22時。地下鉄(半蔵門線)で車両事故などもあり、帰宅したら0時近かった。

いつも思うのだが、《薔薇の騎士》での主役は誰なんだろう。「タイトルロール」という意味では、オクタヴィアンなんだろうが、プログラムのキャストリストにはいつもきまって元帥夫人が最初に記載されている。ところが、カーテンコールではなぜか最後に登場するのもいつもきまってオクタヴィアンだ。今年3月の横浜で上演されたホモキ演出版では主役は明らかに元帥夫人だったと思うが、あのときもなぜかカーテンコールではオクタヴィアンが最後に登場した。そして昨夜もそうだった。
しかし昨夜の《薔薇の騎士》は「コンサート・オペラ形式」のせいか、どこか中途半端というか、焦点が定まらないというか、しいて「主役」を挙げるならば、オクタヴィアンでも元帥夫人でもなく、オックス男爵だったのではなかろうか。それほどにオックス男爵だけは安心して観ていられた。それとオーケストラ。これも安心して聴いていられた。まあ、ホントの主役は、ほかならぬ指揮者のアルミンクだったかもしれない。あの動きは、いかにもWienerらしくて、すっかり気に入った。ちょっとクライバーを彷彿させるところもある。いや、クライバーよりはるかにイイ男だけど。

それにしても最後のブーは演出家に対してのもの? たしかに昨夜の演出にはわたしも不満がなかったわけでもない。いやホントの不満は別にあり、そのおかげでクライマックスの三重唱でもとても泣けるレベルではなかった。しかし、だからと言って、あのブーイングはどうなんだろう?
by ka2ka55 | 2008-09-26 01:08 | 音楽 | Comments(0)

【謹告】ドタキャン

2008年9月25日
【謹告】『薔薇の騎士』ゾフィー役キャスト変更のお知らせ
9/25(木)、27(土)のトリフォニー・シリーズで『薔薇の騎士』にゾフィー役として出演を予定しておりましたルーシー・クローウェは体調不良のため出演できなくなりました。代わって、ヒェン・ライスが二日間とも出演致します。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
これで当初のゾフィー役は誰だったか忘れてしまった。
by ka2ka55 | 2008-09-25 13:02 | ニュース | Comments(0)

シマッタ

12月6日(土)、本邦初演のヘンデルのオペラ《タメルラーノ》がノーカット上演されるというので迷わずチケットをとったのはいいのだが、同日にはすでにチケット入手済みのマスカーニのオペラ《イリス》(セミ・ステージ形式)も上演されることが発覚。どちらも珍しい、もう二度と観られない可能性もある演目だけに、ついてない。ただ、築地で上演される《タメルラーノ》の開演が午後3時(上演時間4時間)、池袋で上演される《イリス》の開演が午後6時のため、どちらかの一部を犠牲にすれば、とりあえずチケットが無駄になることはなさそうだが…
それにしても、東京って(イベントに関しては)すごいところだ。
ヘンデルのオペラ『タメルラーノ』1724年初演稿をノーカットで上演する。総演奏時間は、約4時間。本邦初演、字幕付きの公演。幕開けから緊迫したドラマが展開するヘンデル・オペラの最高傑作。

プッチーニ・蝶々夫人の初演に遡ること10年、1894年ローマで初演されたジャポニズムの秘曲が1984年の日本初演以来、四半世紀の時を経て本邦2度目の上演決定! 井上道義により日本初演された幻の作品を井上自身の演出で新たなプロダクションとして上演。
(セミステージ形式、イタリア語上演、日本語字幕付)

by ka2ka55 | 2008-09-24 23:50 | 音楽 | Comments(0)

朝潮がどっと負けます

d0103632_1714012.jpg
撮影地:高田橋(神奈川県)

(ははは。タイトルをGoogleで検索すると、真っ先にこのブログがヒットするじゃないか。●●正直だね。Googleって。)

▼本日の走行データ(三増)
走行開始時刻/距離/時間: 11:01:37/80.3 km/04:11:12
速度最高/平均/: 64.0/20.5 km/h
心拍数最大/最小/平均: 175/77/152 bpm
消費カロリー: 1603 kcal
ケイデンス最大/平均: 128/76 rpm
最大勾配上り/下り: 17/14%
高度最高/最低/平均: 270/29/119 m
獲得標高上り/下り: 920/940 m
気温最高/最低/平均: 31/27/29℃


累積走行距離(月間年間)=202 km/5550 km

by ka2ka55 | 2008-09-23 17:28 | 自然 | Comments(0)

エッツタール大会 完走記(番外)

(しつこく)完走してから3週間。完走記もようやく完成に近づいた。

 完走記(1)
 完走記(2)
 完走記(3)
 完走記(4)
by ka2ka55 | 2008-09-22 23:08 | グランフォンド(GF) | Comments(0)

次はイタ車?

もし新車(フレーム)を一台、買ってもらえるなら、これこのカラーなら買ってもらってもいい。
「ダウンヒル時における圧倒的なスタビリティー」も魅力的だけど、「あなたがバイクに合わせるのではなく、バイクがあなたに合わせてくれる」だってさ。
「イタ車」と言っても"Made in Taiwan"だけどね。
by ka2ka55 | 2008-09-21 18:56 | 自転車 | Comments(0)