Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

カテゴリ:音楽( 486 )

第14回 東京音楽コンクール 声楽部門 第2次予選@上野(16/08/18)の感想と審査結果

先日(8/18(木))上野・東京文化会館小ホールで(午前11時から午後3時半まで)行われた「第14回 東京音楽コンクール 声楽部門 第2次予選」の様子を眺めてきた。滅多にこの種のイベントに行くことはないのだが、最近の日本の若手のレベルを知ることもでき、興味深いひとときであった。
d0103632_5103522.jpg
出場者は上記写真の左上~右上(1番~6番)、左下~右下(7番~12番)の計12名。それぞれ課題曲(歌曲とアリアを1曲以上、約15分のプログラムを構成すること。曲数は任意とする)をピアノ伴奏で順番に歌った。尚、これまで出場者は日本人に限られていたが、今回から外国人も出場可となり、12名中外国人は韓国人3名(4番、6番、9番)、ロシア人1名(5番)の計4名だった。年齢に関しては、1991年生まれ(今年25歳)が最年少で1980年生まれ(同36歳)が最年長、平均すると30歳なので本ブログの「注目オペラ歌手」の平均年齢とほとんど変わらいないと言える。また、第1次予選での応募者数は94名で内訳はソプラノ60名、メゾソプラノ14名、テノール9名、バリトン10名、バス1名、第2次予選での内訳はソプラノ5名、メゾソプラノ3名、テノール1名、バリトン2名、バス1名だった。ちなみに審査員は、市原多郎(T)、伊原直子(A)、大倉由紀枝(S)、大島幾雄(Br)(審査委員長)、久保田真澄(B)、小林一男(T)、砂川涼子(S)、彌勒忠史(CT)、山下牧子(Ms)、ヴィンチェンツォ・ヴィーヴォの諸氏。その他、たしか総合審査委員長の小林研一朗氏(指揮者)やコンクルール顧問の堤剛氏(チェリスト)などもお見掛けした。
d0103632_1501344.jpg
コンクールは大きなトラブルもなくスケジュール通りに進行した。しいて「トラブル」を挙げるとすれば、最終出場者が歌っている最中に猛烈な雷鳴がホール内にも響き渡ったことぐらい。
さて、私はもちろん審査員ではなく、一介の聴衆にすぎないが、素人なりに密かに審査しながら聴いていて、残念ながら予想を上回るような逸材を目の当たりにすることはできなかったというのが正直な感想。その中で私が高く評価したのは以下の4名だった。
 3番 大賀 真理子(Ms)1980年 兵庫県出身
 5番 ヴィタリ・ユシュマノフ(Br)1981年 露サンクトペテルブルク出身
 9番 キム・テウン(Ms)1988年 韓国クァンジュ出身
 12番 今井 実希(S)1989年 神奈川県出身
専門家による審査結果が発表されてからでは意味がないので、休憩中および終了時に私の「審査」を証拠としてツイートしておいたのだが、発表された結果(本選出場者)は以下の通り。
2番 平山 莉奈(メゾソプラノ) HIRAYAMA Rina, Mezzosoprano
V.ベッリーニ:歌劇「カプレーティ家とモンテッキ家」より “ロメオがご子息を死に至らしめたのなら”
E.W.コルンゴルト:「6つの素朴な歌」より “夏” Op.9-6
E.W.コルンゴルト:「3つの歌」より “私にとってあなたは” Op.22-1
R.シュトラウス:歌劇「ナクソス島のアリアドネ」より “気分を直しましょう!”
(ピアノ:山形明朗)
【本選演奏曲目】
G.ドニゼッティ:歌劇「ラ・ファヴォリータ」より “私のフェルナンド”
V.ベッリーニ:歌劇「カプレーティ家とモンテッキ家」より “君だけに、僕のジュリエッタ”
G.ロッシーニ:歌劇「チェネレントラ」より “悲しみと涙のうちに生まれ”

4番 アン・ジョンミン(バリトン) AHN JeongMeen, Baritone
S.ラフマニノフ:「12の歌」より “彼女は真昼のように美しい” Op.14-9
M.ラヴェル:「ドゥルシネア姫に思いを寄せるドン・キホーテ」より “乾杯の歌”
V.ベッリーニ:歌劇「清教徒」より “ああ!永遠にあなたを失ってしまった”
(ピアノ:キム・テヒョン)
【本選演奏曲目】
G.ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」より “天使のように美しい娘”
R.ワーグナー:歌劇「タンホイザー」より “死の予感のように~夕星の歌”
G.ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より “私の最後の日が来ました~私は死に行きます”

5番 ヴィタリ・ユシュマノフ(バリトン) Vitaly YUSHMANOV, Baritone
G.ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」より “残酷で不吉な苛立ちが”
G.ヴェルディ:「6つのロマンス」より “この骨壷に近づいてはならぬ”
N.リムスキー=コルサコフ:「春に」より “高みから吹く風が” Op.43-2
(ピアノ:山田剛史)
【本選演奏曲目】
G.ヴェルディ:歌劇「仮面舞踏会」より “おまえこそ心を汚すもの”
G.ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より “私の最後の日が来ました~私は死に行きます”

9番 キム・テウン(メゾソプラノ) KIM Taeeun, Mezzosoprano
J.ブラームス:「低音のための5つのリート」より “私の眠りはますます浅くなり” Op.105-2
J.マスネ:エレジー
P.マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より “ママも知るとおり”
(ピアノ:酒井愛可)
※曲順が変更となりました。
【本選演奏曲目】
A.ベルク:「初期の7つの歌」より “ナイチンゲール”
R.シュトラウス:「8つの歌」より “献呈” Op.10-1
J.マスネ:歌劇「ウェルテル」より “さあ涙を流させて”
G.ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より “おおむごい運命よ”

12番 今井 実希(ソプラノ) IMAI Miki, Soprano
G.ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より “慕わしき御名”
F.リスト:「ペトラルカの3つのソネット」より “平和を見出せず”
(ピアノ:高山真由香)
【本選演奏曲目】
J.ハイドン:オラトリオ「天地創造」より “いまや野は瑞々しい緑を差し出して”
C.グノー:歌劇「ファウスト」より “トゥーレの王~宝石の歌”
つまり、今回の第2次予選を通過して8月23日(火)の本選に出場できる5名のうち私が高く評価した4名中3名が入っていることになるが、この3名が第1位、第2位、第3位になるかどうかはわからない。ちなみに1位の賞金は100万円、2位は60万円、3位は40万円。

本選の結果

by ka2ka55 | 2016-08-21 05:00 | 音楽 | Comments(0)

続)動画: ドイツで一番人気のスター歌手へレーネ・フィッシャー(31)のベルリン・ライブ(2015年7月)

▼動画: ドイツで一番人気のスター歌手へレーネ・フィッシャー(31)のベルリン・ライブ(2015年7月)を観る(全曲版
へレーネ・フィッシャーがなぜこれほど人気があるのか、その決定的な理由はよくわからないが、優れた歌唱力やタレント性だけでなく容姿を含めた人柄の魅力もさることながら、個人的には彼女が歌う曲、とくにそのメロディーに妙になつかしさを感じるのである。1970年代から80年代にかけての日本の「流行歌」を彷彿とさせるとでも言うのか、誰もが難なく口ずさむことができる単純なメロディー、そして予定調和的なサビとたわいない歌詞…たとえば、ライブの6番目の曲(Wunder dich nicht)などにそれが顕著に表れているのではなかろうか。以下、オリジナルのドイツ語の歌詞と英訳と仏訳の字幕が挿入されているバージョンがあるので埋めておきます。



▼Songtext(歌詞)
WUNDER DICH NICHT

Er saß auf einer Treppe
Als sie nach Hause kam
Sie fragte: Was ist los? Ist was passiert?
Da sagte er: Du weißt doch
Wir hatten mal 'nen Plan
Davon, wohin das Leben uns noch führt
Ich wollt´ dir ein Traumschloss bau´n
Wollt mit dir den Globus sehn
Ich hab nichts davon erfüllt
Wirst du darum einmal geh´n?

Sie sagte:
Wunder dich nicht, dass ich dich liebe
Lieb´ mit allem, was du tust und bist
Wenn mancher Traum auch unerreichbar ist
Ist doch normal
Wunder dich nicht, dass ich dich liebe
Was ich auch los lass‘ – an dir halt ich fest
Nur du bist wichtig und der ganze Rest
Ist mir egal

Dann sagte sie, du weißt doch
Als ich dich damals fand
Da hatten wir doch gar nichts, nur das Glück
Wenn heut´ mal Träume platzen,
Dann gib mir nur die Hand
Und denk´ mit mir an diese Zeit zurück
Du warst immer für mich da
Warst mein Stern und mein Zuhaus‘
So wie du, das ist mir klar,
Sieht der Mensch zum Leben aus

Und darum:
Wunder dich nicht, dass ich dich liebe
Lieb‘ mit allem, was du tust und bist
Wenn mancher Traum auch unerreichbar ist
Ist doch normal
Wunder dich nicht, dass ich dich liebe
Was ich auch los lass‘ – an dir halt ich fest
Nur du bist wichtig und der ganze Rest
Ist mir egal

Sie setzte sich zu ihm und beide schwiegen
Bis er ihr sagte:
Ich seh´ es ein
Du könntest ja auch jeden Andern lieben
Doch wenn ich es bin, dann muss es Wahrheit sein

Sag's noch mal:
Wunder dich nicht, dass ich dich liebe
Lieb‘ mit allem, was du tust und bist
Wenn mancher Traum auch unerreichbar ist
Ist doch normal
Wunder dich nicht, dass ich dich liebe
Was ich auch los lass‘ – an dir halt ich fest
Nur du bist wichtig und der ganze Rest
Ist mir egal

http://www.helene-fischer.de/musik-songtexte/farbenspiel/wunder-dich-nicht

by ka2ka55 | 2015-12-24 16:55 | 音楽 | Comments(0)

小柄な女性指揮者はお好きですか…クリスティーナ・ポスカ(指揮)@武蔵野市民文化会館(2015年8月2日)

▼指揮: クリスティーナ・ポスカ(Kristiina Poska, 1979-, エストニア)
『女性指揮者はお好きですか(「ドイツ指揮者賞2013」関連)』の記事を投稿(2013-04-30)してから2年余り経過したとはいえ、昨日(2015-08-02)武蔵野市民文化会館大ホール(東京・武蔵野市)で開催された東京交響楽団による《フレッシュ名曲コンサート》のためだけに初来日、期待/予想通りすばらしい指揮ぶりを披露してくれた。
▼プログラム
(前半)ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 op.58 *ピアノ=岡田奏
(後半)マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」
▼ピアノ: 岡田 奏(Kana Okada, 1991-, 函館市)Twitter
意外だったのは、まず前半のピアノコンチェルト…ピアノの岡田 奏(かな)さんは今回初めて聴いたのだが、予想外にすばらしく、休憩中にプログラムのプロフィールを見て思わず納得。まだ24歳(1991年函館市生まれ)で十分に若いのだが、「8歳でリサイタルデビュー」とのこと。いずれにしても相当の逸材であることは間違いなし。以下、一部引用。
14歳のとき、パリ国立高等音楽院ピアノ科審査委員全員一致主席合格し渡仏。同音楽院ピアノ科審査全員一致最優秀卒業&室内楽科最優秀卒業。さらに同音楽院ピアノ科修士課程提出論文「日本に於けるフランス音楽の目覚め」で最優秀成績を得、同課程終了。現在パリ国立高等音楽院第3課程に在籍。パリ在住。
以下の動画は2年前(2013年)の第12回Piano Compus国際コンクールで優勝したときの演奏(シューマン『子供の情景』)と思われる(関連記事
▼参考動画



一方、注目(メイン)の指揮者クリスティーナ・ポスカさん、演奏とはとくに関係ないが、意外にも小柄であることにちょっと驚いた。ピアノの岡田さんもけっして大柄には見えないが、一回り小さく、おそらく160cmはない印象。その小柄な指揮者がマーラーの「巨人」を指揮するのだから愉快。そういえば、マーラーも男性にしては小柄で身長は163cmだったそうだが…以下、プログラムの「プロフィール」から一部引用。
 エストニア中部チュリに生まれ、1998年、首都タリンの音楽学校で合唱指揮を学び始めた。2004年より、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でクリスティアン・エーヴァルトに師事し、管弦楽指揮をスタートした。2006年から2011年までカペラ・アカデミアの主席指揮者を務めたほか、フンボルト大学ベルリンの学内オーケストラの指揮者を務めたことで、定期的にベルリン・コンツェルトハウスで指揮する機会を得た。(中略)2010-11シーズンには、ベルリン・コーミッシェ・オーパーで『椿姫』を指揮し、聴衆・楽団の双方から熱狂的な支持を受け、さらに同劇場でオッフェンバック『ラ・ペリコール』を指揮。歌劇場の次期支配人予定だったバリー・コスキーは、彼女を2012-13シーズン以降の第1カペルマイスターに指名した。2012年2月には、ワイル『7つの大罪』を指揮、ネーションワイド・プレスに「驚異的」と称賛された。
ちなみにKOBがオフシーズンの今だから来日可能だったことは言うまでもないが、今回どのような経緯で来日したのかはともかく、これを機に定期的に客演してくれればありがたい。

▼参考動画



G. ドニゼッティ《ヴィーヴァ・ラ・マンマ(Viva la Mamma)》@ウィーンフォルクスオーパー
(2015年1月17日プルミエ)におけるカーテンコール



上記公演(R. ビラゾン演出)のメイキング/リハーサル動画(指揮者のインタビュー(独語)あり)







by ka2ka55 | 2015-08-03 14:40 | 音楽 | Comments(0)

ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団 東京公演(2015年5月26日)

▼ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団(Mozarteum Orchestra Salzburg)東京公演(PDF版チラシ)
  指揮: アイヴォー・ボルトン(Ivor Bolton)
 ソプラノ: サンドリーヌ・ピオー(Sandrine Piau)

やや日にちが経ってしまったが、今週の火曜日(5/26)に上野の文化会館で聴いたコンサート。個人的には前記事で「予告」した通り、ソプラノのサンドリーヌ・ピオーを聴くのが目当てでチケットを購入。前回来日した際と同様、ピアノ伴奏によるリサイタルは別途、王子ホールであったのだが(当該記事)、モーツァルト中心でCD化もされている、こちらのプログラムがむしろ魅力的だった。しかも「フィガロ」の中でも最も好きなスザンナのアリアである"Deh vieni non tardar"(さあ来て 遅れずに)を第1曲目に歌ってくれたのも嬉しかった。歌唱力はさすがに仏政府から勲章を受勲するだけあって文句なしにスバラシイ(ちなみに故・吉田秀和氏は「鈴を転がすような声」と絶賛したらしい)。前半に2曲、後半に2曲、アンコールに1曲(「ポントの王ミトリダーテ」第3幕より 「ah ben ne fui presaga... pallid' ombre」 (アスパージアのアリア))、すべて上のCDに収録されているモーツァルトのオペラのレチタティーヴォとアリアが披露された。以下の動画は前半2曲目に歌われた「ルーチョ・シッラ」(Lucio Silla)からのアリアだが(少なくとも2年ほど前に収録)、意外にも着ているドレスが上野で着ていたのとどう見ても同じである…

▼参考動画



by ka2ka55 | 2015-05-29 23:57 | 音楽 | Comments(0)

ソプラノ・リサイタル: エカテリーナ・レキーナ@武蔵野市民文化会館小ホール(2015年5月18日)

▼エカテリーナ・レキーナ(Ekaterina Lekhina, 露)col-S
今月(5月)はなぜか後半にコンサートが目白押し(当社比)で一昨日(17日)の渋谷オーチャードホールでの《トゥーランドット》(演奏会形式)に次いで、昨日(18日)は武蔵野市民文化会館小ホール(最寄駅は三鷹)でエカテリーナ・レキーナ ソプラノ・リサイタルを聴いた。来週はさらに2つのコンサートに行く予定。
さて昨夜のリサイタルだが、同ホールに行くのは昨夜が2回目でさすがに前回(4/20)のように道に迷うことなく開演前に無事到着(ただし、南武線、武蔵野線、中央線快速の連絡がよければ中野島から三鷹まで40分ほどだが、昨日は数時間前に武蔵小金井駅で人身事故があり、辛うじてその影響を免れた)。いずれにしても同ホールで開催されるこの種のコンサートもしくはリサイタルの最大のメリットは、けっして超一流もしくは超有名な歌手とは言えないまでも、海外の実力ある若手歌手を安価な料金(通常¥2,500)で聴けること。今回も前回もそうだが、たとえば、昨年6月には個人的に今一押しのジェシカ・プラット(関連記事)が来日し同ホールでのみリサイタルを開いている(残念ながら聴き逃したが)。したがって、チケットは発売直後に完売するケースがほとんどなので、「主催公演カレンダー」のチェックは欠かせない(今回のリサイタルのチケットもすぐに完売になったが、なぜか公演前日に関係者用とされた数席が復活していた)。
昨夜のプログラム(曲目)は、ピアノ伴奏の斎藤雅広氏のブログに詳しく掲載されているが、特に印象的だったのは、最後に歌ったオランピアのアリア>>"Les oiseaux dans la charmille" from Les contes d'Hoffmann<<とアンコールに歌ったA.アリャビエフ(Aleksandr Aleksandrovich Aliabev, 1787-1851, 露)の「ナイチンゲール(Nightingale)」(下記動画参照)。

▼参考動画





by ka2ka55 | 2015-05-19 14:10 | 音楽 | Comments(0)

ヴェルビエ音楽祭20周年記念祭の1シーン(2013年7月25日)

バイロイト音楽祭が開幕(7/25~8/28)(上演予定表)して欧州の夏の音楽祭も佳境を迎える今日この頃、その音楽祭の1つ、スイスの山岳リゾート地で開催されるヴェルビエ音楽祭 Verbier Festival(7/19~8/4)は、今年20周年目の記念祭。ただし、コンサートが中心でオペラの公演はいわゆる演奏会形式によりヴェルディの《オテロ》第1幕とワーグナーの《ワルキューレ》第3幕のみが、バイロイト音楽祭の開幕に合わせるかのように25日(日本時間26日午前2時~)上演され、ネット(MEDICI.TV)で生中継された。
d0103632_12363296.jpg

by ka2ka55 | 2013-07-26 12:38 | 音楽 | Comments(0)

バッティストーニの指揮でレスピーギの交響詩「ローマ三部作」を聴いた(2013年5月30日夜)

d0103632_23292192.jpg
休憩中のロビーのモニター

東京フィルハーモニー交響楽団 第78回 東京オペラシティ定期シリーズ
2013年5月30日(木)19:00開演/東京オペラシティコンサートホール(初台)

指揮: アンドレア・バッティストーニ(Andrea Battistoni)
コンサートマスター: 三浦 章宏

レスピーギ:交響詩「ローマの噴水」
レスピーギ:交響詩「ローマの祭」
休憩
レスピーギ:交響詩「ローマの松」

by ka2ka55 | 2013-05-30 23:40 | 音楽 | Comments(0)

錦糸町で「ベトピ3」と「モツレク」を聴いた(2013年5月29日夜)

d0103632_335079.jpg
手塚幸紀 指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団&成城合唱団 特別演奏会
2013年5月29日[水]19:00開演
すみだトリフォニーホール
d0103632_34847.jpg
ベートーヴェン
ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 Op.37
ピアノ: 高橋 礼恵

モーツァルト
レクイエム」ニ短調 K.626
ソプラノ: 秦 茂子
アルト: 福原 寿美枝
テノール: 吉田 浩之
バリトン:三原 剛
合唱: 成城合唱団/合唱指導: 高橋邦幸

by ka2ka55 | 2013-05-30 03:06 | 音楽 | Comments(0)

ガラのトリはアンナ・ネトレプコのこんなマクベス夫人@サンクトペテルブルク(2013年5月2日)


by ka2ka55 | 2013-05-05 12:30 | 音楽 | Comments(0)

N●Kホールの天井桟敷でヴェルレクを聴くの巻(2013年4月20日)

d0103632_2146399.jpg
N響 第1752回 定期公演 Cプログラム
2013年4月20日(土)開場 2:00pm 開演 3:00pm(終演 4:30pm)
NHKホール
ヴェルディ/レクイエム
指揮:セミョーン・ビシュコフ
ソプラノ:マリナ・ポプラフスカヤ
メゾ・ソプラノ:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ
テノール:ディミトリ・ピタス
バス:ユーリ・ヴォロビエフ
合唱:新国立劇場合唱団(合唱指揮/三澤洋史)
コンサートマスター:堀 正文

by ka2ka55 | 2013-04-20 21:54 | 音楽 | Comments(0)