Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

カテゴリ:オペラ( 345 )

新制作《ルチア》@ NNTT(2017年3月14日(火)プルミエ)についてあれこれ(1)

新国立劇場(NNTT)の新(2016/2017)シーズンが来月2日(10/2(日))に楽劇「ニーベルングの指環」第1日《ワルキューレ(Walküre)》で開幕する。同シーズンでは上演される9作品のうち「新制作」とされているのは、《ワルキューレ》のほか、来年3月に上演予定の《ルチア(Lucia)》と同6月に上演予定の《ジークフリート(Siegfried)》の3作品だが、《ルチア》以外のワーグナー2作品はいずれも昨シーズン上演された《ラインの黄金》と同様すでに他界している演出家ゲッツ・フリードリヒ(Götz Friedrich, 1930-2000)が生前フィンランド国立歌劇場のために制作したプロダクションのレンタルであり、その意味でNNTTで上演するのは初めてであっても、必ずしも「新制作」とは言い難い。つまり名実ともに「新制作」と言えるのは、《ルチア》のみと言っても過言ではないのである。当ブログではすでに関連記事(下記参照)を掲載しているが、先日届いた新国立劇場・情報誌「ジ・アトレ」10月号ではこの《ルチア》が特集されていて興味深い内容でもあり、それを引用しつつ、同オペラ作品についてあれこれ書いてみたい。
▼関連記事
気になるオペラ演出(48)ルチア@新国立劇場(NNTT)2017年3月14日プルミエ(演出: J-L.グリンダ)
注目オペラ歌手(62)オルガ・ペレチャッコ(Olga Peretyatko, 1980-, 露)(col-S)
続)注目オペラ歌手(14)イスマエル・ジョルディ(Ismael Jordi, 1973-, スペイン)(T)
d0103632_02304982.jpg
新国立劇場で15年ぶりに上演する、ベルカント・オペラの傑作、ドニゼッティの『ルチア』。
新たなプロダクションの演出を担うのは、モンテカルロ歌劇場総監督のジャン=ルイ・グリンダだ。
クラシカルなスタイルの中に新たな解釈のエッセンスを織り込むという
グリンダの演出で、どのような『ルチア』の世界があらわれるか。
美術家リュディ・サブーンギにも同席いただき、演出プランについてうかがった。


by ka2ka55 | 2016-09-25 03:30 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(73)マックス・エマヌエル・ツェンチッチ(Max Emanuel Cenčić, 1976-, クロアチア)(CT)

マックス・エマヌエル・ツェンチッチMax Emanuel Cenčić, 1976-, クロアチア)(CT)公式サイト
d0103632_10474486.jpg
1976年9月21日クロアチア・ザグレブ生まれとあるので40歳になったばかりのカウンターテナー歌手(演出家兼)だが、公開されたばかり(2016/09/22に公開)のインタビュー動画(下記参照)が目にとまったので取りあげる(ドイツ語はネイティブとほとんど変わらない)。


同インタビューの冒頭でも話されているが、父親が(児童合唱団の)指揮者、母親がオペラ歌手、叔母もオペラ歌手という音楽一家に生まれ、Wikiの記事(下記引用)によると、1987年から1992年までウィーン少年合唱団に所属し、ソリストとして活躍したとあるが、6歳ですでにテレビ出演しているようでもある(下記動画参照)。
音楽一家に生まれ、オペラ歌手である母親の声楽指導を幼い頃から受ける。早くも6歳でテレビに出演し、モーツァルト作曲のオペラ「魔笛」の「夜の女王」のアリアを披露する。
1987年から1992年まではウィーン少年合唱団に所属し、ソリストとして活躍した。合唱団員時代に「魔笛」の三人の童子の一人として録音に参加。指揮者のゲオルク・ショルティに、これまで会った中で最高のボーイソプラノと称賛される。変声期以降はソプラノおよびメゾソプラノ声域の歌手としてのキャリアを進むことを決意。17歳にして、すでに800回近くの舞台を踏む経験を積んでいた。
▼参考動画



1992年(当時16歳)東京におけるリサイタル



by ka2ka55 | 2016-09-24 12:00 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(51)魔弾の射手@チューリヒ歌劇場(16/09/18プルミエ)ほか/演出: H.フリッチュ

▼演出: ヘルベルト・フリッチュ(Herbert Fritsch, 1951-, 独アウグスブルク)
d0103632_02394815.jpg
ちらっと見ただけでは演目が想像できない舞台写真だが、これが意外にもチューリヒ歌劇場(Operhaus Zürich)で上演中(9/18~10/22)の《魔弾の射手(Der Freischütz)》。トレイラー動画(下記参照)を見れば音楽で直ちにそれとわかるが、それにしても、これほどカラフルでユニークな《魔弾の射手》 の舞台は見たことない。もともとそれほど好きな演目ではないが、これは実演を見たいと思わずにはいられない…


気になる演出は、なぜか若い女性を想像したが、意外にも今年65歳の男性の演出家。Wikiの記事によると俳優、演出家、メディアアーチスト(Schauspieler, Regisseur und Medienkünstler)とあり、演劇や映像の分野での活動がメインのようで、オペラの演出はむしろ少ない。動画サイトにはやはりチューリヒで今年2月から4月にかけて上演されたH.パーセルのオペラ《アーサー王(King Arthur)》とベルリン(KOB)で来年再演される《ドン・ジョヴァンニ(Don Giovanni)》のトレイラーがそれぞれ公開されているが(下記参照)、演目に関わらずユニークな見た目の印象は共通するものがある。

▼参考動画



▼参考記事(レビュー)

▼参考動画(オペラ以外)




by ka2ka55 | 2016-09-23 06:00 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(72)シュテファン・ポップ(Stefan Pop, 1987-, ルーマニア)(T)

▼シュテファン・ポップ(Stefan Pop, 1987-, ルーマニア)(T)公式サイト / FB
d0103632_17433717.jpg
前記事のアニタ・ハルティッヒ(S)と奇しくも同郷(ルーマニア・ビストリツァ出身)のテノール歌手。見た目、相当に恰幅がいいせいもあり俄かに信じがたいが、1987年生まれとのことなので今年まだ29歳。国際的な初舞台は2009年12月ローマ歌劇場における《椿姫(La traviata)》のアルフレード役とあるので、デビュー当時22歳という若さ。同役はアテネ(ギリシャ国立歌劇場)、ウィーン国立歌劇場、トリエステ、ジェノヴァ、パレルモの各歌劇場、ハンブルク(E.グルベローヴァと共演)、フランクフルトなどでも歌っている。Wikiの記事によると、レパートリーは「比較的狭く」、アルフレードのほか《愛の妙薬》のネモリーノと《リゴレット》のマントヴァ公爵を中心にしているようで2012年にはネモリーノ役でROH(ロンドン)にも出演している。しかし、2011年には《夢遊病の女(La sonnambula)》のエルヴィーノ役でウィーン国立歌劇場、ヴェルディ《オテロ(Ottelo)》のカッシオ役でチューリヒ歌劇場にそれぞれデビューし、2013年には再びチューリヒで《ばらの騎士(Der Rosenkavalier)》の歌手役、2014年にはクロアチアのリエカと香港でグノー《ファウスト(Faust)》の題名役を演じるなど、けっして「狭い」とは言えないのではなかろうか(Operabaseのスケジュール一覧(Terminplan)を参照)。ちなみに来月(10月)スペインのオビエド歌劇場(Ópera de Oviedo)で上演予定の《ファウスト(Faust)》(10/9プルミエ)にも題名役で出演予定。

▼参考動画


同郷のA.ハルティッヒとのビストリツァにおけるリサイタル(2015年2月18日収録)






by ka2ka55 | 2016-09-21 02:00 | オペラ | Comments(0)

注目オペラ歌手(71)アニタ・ハルティッヒ(Anita Hartig, 1983-, ルーマニア)(S)

▼アニタ・ハルティッヒ(Anita Hartig, 1983-, ルーマニア)(S)
d0103632_01210964.jpg
ルーマニアの北部に位置するビストリツァ出身(今年33歳)のソプラノ歌手。いくつかのコンクールで受賞した後、オペラ歌手としての初舞台は2006年、クルジュ=ナポカ(Klausenburug)のルーマニア国立オペラ座(Opera Naţională Română)における《ラ・ボエーム》のミミ役。2009年にウィーン国立歌劇場の専属歌手となり、同歌劇場では《ラ・ボエーム》のムゼッタ役でデビューしている。レパートリーとしては、ミミ役およびムゼッタ役のほか、《フィガロの結婚》のスザンナ役、《魔笛》のパミーナ役、《カルメン》のミカエラおよびフラスキータ、《愛の妙薬》のジャンネッタ役、《ドン・ジョバンニ》のツェルリーナ役などが挙げられる。ちなみにミミ役ではウィーン以外、ミラノ・スカラ座、ロンドン(ROH)、ミュンヘン(BSO)、ニューヨーク(MET)にも出演しているが、2012年のウィーン国立歌劇場の日本公演では《フィガロの結婚》のスザンナ役として来日した。
しかし、今回注目したのは、ほかでもない本日(9/20)からチューリヒ歌劇場で上演(10/7までの5公演)される《ファウスト(Faust)》のマルガレーテ役として同歌劇場にデビューすることが目にとまったため(関連記事)。マルガレーテ役に関しては今年6月にトゥールーズ・キャピトル劇場(Théâtre du Capitole de Toulouse)で上演された《ファウスト(Faust)》に出演した際にロールデビューだった由(関連記事)。また、チューリヒでの公演の後、来年3月にウィーンで上演される《ファウスト(Faust)》にも同役で出演が予定されている(operabaseのスケジュール一覧(Terminplan)を参照)。

▼参考動画


ウィーン国立歌劇場が公開(2014/11/18 公開)しているインタビュー動画。Wikiの記事によると、母語はもちろんルーマニア語だが、父親がドイツ系(トランシルヴァニア・ザクセン人)らしく、家ではザクセン方言の一種(Siebenbürgisch-Sächsisch)が話されていたとある。そのためか流暢な(訛りのある)ドイツ語を話している(英語の字幕付き)






by ka2ka55 | 2016-09-20 12:00 | オペラ | Comments(0)

気になるオペラ演出(50)愛の妙薬@仏ラン国立オペラ座(16/10/21プルミエ)演出: S.ポーダ

▼演出: ステファノ・ポーダ(Stefano Poda, 1973-, 伊トレント)公式サイト
d0103632_08314717.jpg
前回前々回の記事の中で昨年トリノで上演された《ファウスト》の動画(全曲版トレイラー)を掲載したが、同プロダクションの演出を手がけたのがイタリア・トレント出身のオペラ演出家ステファノ・ボーダ氏。これまでのプロダクションの動画(本人のインタビューを含む)を見ると(下記参照)、好みが分かれる演出と言えそうだが、オペラ演出家には珍しく(?)、演出・衣装・照明・装置・振付のすべてを本人が手がけているという点で興味深い。本来、演出はそうあるべきなのか…
来月ストラスブールで上演予定(10/21プルミエ)の《愛の妙薬(L'elisir d'amore)》は演出家として初の演目のようだが、ネモリーノ役が(来年3月NNTTで上演予定の《ルチア》でエドガルド役の)イスマエル・ジョルディ(Ismael Jordi)、アディーナ役がダニエル・デ ニーズ(Danielle de Niese)なのでキャストの点でも注目される。

▼参考動画












by ka2ka55 | 2016-09-18 13:10 | オペラ | Comments(0)

独マグデブルクとミュンスターの新シーズンも新制作《ファウスト》で開幕(2016/09/10プルミエ)

独ドルトムント歌劇場(Oper Dortmund)で今月17日(9/17)にグノーのオペラ《ファウスト(Faust)》が今シーズンの開幕公演として上演されることは、すでに記事(9/8付)にした通りだが、あらためて検索してみると、今月10日(9/10)にマグデブルクとミュンスターの両劇場でも同オペラが新制作(プルミエ)として上演されたようなので、遅まきながら少し調べてみた。
d0103632_02522362.jpg

《ファウスト》@マグデブルク劇場の舞台写真より

マグデブルク(Theater Magdeburg)とミュンスター(Theater Münster)の両劇場については、前者は「気になるオペラハウス(23)」、後者は「気になるオペラハウス(18)」として記事にしているが、いずれも1,000席に満たない「小劇場」ではあるものの、これまでの公演内容を見る限り、個人的にはきわめて好感がもてる劇場と言える。しかも、奇しくも両劇場が今シーズンの開幕公演として上演したのが、個人的にいま最も観たいオペラの1つであるグノーの《ファウスト》であるというのも感慨深い。スタッフおよびキャストについては、各劇場サイトの同公演ページ(マグデブルク劇場ミュンスター劇場)を参照。

▼トレイラー


《ファウスト》@マグデブルク劇場版



《ファウスト》@ミュンスター劇場版

▼参考記事(レビュー)
Theater des Bösen(《ファウスト》@ミュンスター劇場のプルミエに関するOpernnetz評)
Die Oper Magdeburg beginnt die neue Spielzeit mit Charles Gounods „Faust“(《ファウスト》@マグデブルク劇場のプルミエに関するnmz評)

尚、開幕公演ではないが、シュトゥットガルト州立劇場(Staatstheater Stuttgart)で来月(10/30プルミエ)上演される《ファウスト(Faust)》も新制作(演出:フランク・カストルフ)であり、これも大いに注目される。

▼参考動画


C.グノー作曲《ファウスト》全5幕@伊トリノ(2015年6月3日プルミエ)
・Charles Castronovo (Doctor Faust), Ildar Abdrazakov (Méphistophélès), Irina Lungu (Marguerite), Vasilij Ladjuk (Valentin), Ketevan Kemoklidze (Siébel), Samantha Korbey (Marthe), Paolo Maria Orecchia (Wagner)
・Conductor - Gianandrea Noseda
・Orchestra and Chorus of Teatro Regio di Torino
・Director - Stefano Poda


C.グノー作曲《ファウスト》全5幕@パリ・オペラ座(バスティーユ)(2011年)

by ka2ka55 | 2016-09-14 04:00 | オペラ | Comments(0)

訃報: お気に入りオペラ歌手(3)ヨハン・ボータ(Johan Botha, 1965-2016, 南ア)(T)

訃報Startenor Johan Botha 51-jährig gestorben


Johan Botha in Memoriam (19.08.1965 - 08.09.2016)



▼過去の関連記事

▼参考動画(2014年10月24日付の記事より)











by ka2ka55 | 2016-09-08 17:35 | オペラ | Comments(0)

独ドルトムント歌劇場の2016/17シーズンは《ファウスト》で開幕(2016/09/17(土)プルミエ)

気になるオペラハウス(13)」として一昨年(2014年)12月に記事にした独ドルトムント歌劇場(Oper Dortmund)の2016/17シーズンは今月17日(土)にC.グノー作曲《ファウストFaust(Margarethe》(新制作)(19:30開演)で開幕する(11月11日(金)までの計9公演)。
d0103632_10273397.jpg
同演目についても説明は不要と思われるが、原題が"Faust (Margarethe)"とあるのは、ゲーテの『ファウスト 第一部』とミシェル・カレ(台本作家)の『フォーストとマルグリット』が原作であることによる(原語はフランス語)。
同歌劇場の関連サイトには"Zehn Dinge, die Sie über FAUST (MARGARETHE) wissen sollten"(ファウスト(マルガレーテ)に関して知ってほしい10の事柄)と題するページがあり大いに参考になる。
主要キャストは、マルガレーテ役がドイツ人ソプラノのエレオノーレ・マルゲール(Eleonore Marguelle, 1978-)、ファウスト役がルーマニア人テノールのルシアン・クラズネック(Lucian Krasznec)、メフィスト役(の1人)がオーストリア人バリトンのカール=ハインツ・レーナー(Karl-Heinz Lehner)ほか。
演出はイギリス人演出家のジョン・フルジェイムス(John Fulljames)だが、指揮は日本人の小林資典(Motonori Kobayashi)である点が注目される。
個人的には好きなオペラ(実演は未見)の1つであるが、日本で上演されることは滅多にないのがきわめて残念。NNTTでもまだ上演されたことはないようなので、是非、次期芸術監督(大野和士氏)の下で実現してもらいたい。ちなみに1894年11月24日に日本で最初に上演されたのが同オペラであることから11月24日は「オペラの日」とされている。

▼参考動画(2016/09/24公開トレイラー)


by ka2ka55 | 2016-09-08 12:00 | オペラ | Comments(0)

墺グラーツ歌劇場の2016/17シーズンは《トリスタンとイゾルデ》で開幕(2016/09/24(土)プルミエ)

「気になるオペラハウス(11)」として一昨年昨年 に記事にしているオーストリアのグラーツ歌劇場(Oper Graz)の新シーズンすなわち2016/17シーズンが今月24日(土)(17:00開演)に開幕するが、上演されるのはR.ワーグナー作曲《トリスタンとイゾルデ(Tristan und Isolde)》(11月25日までの計9公演)。
d0103632_23525374.jpg
同演目に関する説明は不要だろうが、スタッフとキャストについて簡単に触れておこう:
Am 24. September eröffnet die Oper Graz die neue Opernsaison mit „Tristan und Isolde“ von Richard Wagner. Nach Arbeiten an der Deutschen Oper Berlin und am Staatstheater Nürnberg inszeniert erstmals an der Oper Graz Verena Stoiber, die gemeinsam mit Sophie Schneider 2014 beim Ring Award sowohl den Ersten Preis, als auch die Preise des Landes Steiermark und der Stadt Graz gewonnen hat. Chefdirigent Dirk Kaftan, der für seine Augsburger Interpretation von „Tristan und Isolde“ von der Fachzeitschrift „Opernwelt“ als „Dirigent des Jahres“ nominiert war, realisiert mit dem Grazer Philharmonischen Orchester Wagners anspruchsvollste Partitur. Hochkarätig sind die Titelpartien besetzt, denn sowohl die deutsche Sopranistin Gun-Brit Barkmin, die als Wagner- und Strauss-Interpretin u. a. an der Wiener Staatsoper brillierte, und der ungarische Tenor Zoltán Nyári, der an der Oper Graz als Paul in der „Toten Stadt“ begeistert hat, geben hier ihre Rollendebuts als Tristan und Isolde.
Tristan und Isolde, Premiere am Samstag, 24. September 2016, 17 Uhr Vorstellungen bis zum 25. November 2016
上記記事によると、演出はベルリン(DOB)やニュルンベルク州立劇場での演出歴のある女性演出家ヴェレーナ・ストイバー(Verena Stoiber)、指揮は同歌劇場の主席指揮者ディルク・カフタン(Dirk Kaftan, 1970-)。タイトルロールの二人はいずれもロールデビューでトリスタン役がハンガリー人テノールのゾルタン・ニャーリ(Zoltán Nyári, 1970-)、イゾルデ役がドイツ人ソプラノのグン=ブリット・バークミン(Gun-Brit Barkmin, 1971-)。ちなみに同テノールについては、「注目オペラ歌手(21)」として昨年1月に取り上げている。
by ka2ka55 | 2016-09-08 01:00 | オペラ | Comments(0)