Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

勝利の女神? ― P. プティボンとの再会

「ついてた」といえば、大会の前日つまり先月30日(土)に翌朝は遅くとも午前4時に起きるべく早寝しようと思って午後9時前にベッドに入ったものの、すぐには眠れず、何の気なしにTVをつけると、オペラ(モーツァルトの《後宮からの誘拐》)を放映しているではないか。こんなの見ていたら余計眠れなくなると思いつつ見ていると、なんと、ブロンデ役は、パトリシア・プティボン(Patricia Petibon)。どうやら2003年チューリッヒ歌劇場で収録されたものらしい。4月の初来日公演ではすばらしいパフォーマンスに圧倒されて大ファンになってしまったソプラノだが、まさかこんなタイミングで「再会」できるとは…
d0103632_2533998.jpg

そこで、あらためてYTを検索すると、昨年7月に初めて記事にした際にリンクして、その後削除されてしまった映像が再び見られるようになっている。一瞬、ドキッとする映像だが、《ホフマン物語》のオランピア役として、これも圧倒的なパフォーマンスと言えるだろう。「N●Kで大晦日に放映してほしい」の理由が、わかってもらえるかな?
by ka2ka55 | 2008-09-05 02:57 | 音楽 | Comments(0)