Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

泣けた

▼本日のコンサート
 ダニエル・バレンボイム指揮
 ベルリン・シュターツカペレ
 ベルリン国立歌劇場来日記念特別演奏会
 10月12日(金)7:00 p.m.サ●トリーホール
 マーラー:交響曲第9番 ニ長調(のみ)
d0103632_2311442.jpg
結局、美術館巡りは延期。
それでも少し早く着きすぎたため開場までホール前で暇つぶしの撮影(写真左、中)。
本日の演奏は一曲(約80分)のみで休憩がないせいか、めずらしく男子トイレ前に長蛇の列。というか、トイレの占有面積が狭すぎる、もしくは便器の設置個数が少なすぎるのではないか。このホール、最近、リニューアルしたらしいけど。休憩がなければ、ショーガナイので開演前に白ワインを一杯。

前フリはいささか下品になってしまったが…
▼「黙って!あなたの声が聞こえるように」は、『沈黙の世界』(M.ピカート)の有名な一節だが、「マーラーの交響曲第9番」(ギョーカイでは上品にも「マラ9」と呼ぶらしい)はまさに「沈黙」で終わると言っても過言ではない。「マラ9」と「沈黙」。
しかし、この沈黙を体験するには、CDでは無理。今回と同様、バレンボイム&シュターツカペレによる「マラ9」(2006年11月15日収録)のCDはすでに発売されていて入手済みで何度も聴いているけれど、とりわけこの曲に限っては生の演奏でないとそのよさがわからない。それを実感して、とにかく感動した。クラシックの演奏会でこんなに緊張しながら集中して聴いたのも初めてかもしれない。第3楽章の途中からはもうどうにでもしてくれという感じ。
演奏中、指揮者はしばしばハンカチを取り出して汗を拭いていたようだけど、あたしゃ、不覚にも別の体液を拭くためにハンカチを取リ出してしまったよ。あな、恥ずかしや。
by ka2ka55 | 2007-10-12 23:12 | 音楽 | Comments(2)
Commented by ありちゅん at 2007-10-13 00:49 x
こんばんは。バレンボイムをお聴きになったんですね!ビックリです。バレンボイムの手記を読んでいたので来日公演が気になっておりました。また感想などを詳しく教えてくださいね。
Commented by ka2ka55 at 2007-10-13 18:18
バレンボイムも演奏もとてもよかったですよ。
たった一曲で、しかもA席で2万円は高いかなと思いましたが、
今回に限っては、これ一曲で十分すぎるほど。
大満足のひとときでした。