Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(53)ドン・カルロ@パリ国立(17/10/10プルミエ)演出:K.ワルリコフスキ

▼演出:クリストフ・ワルリコフスキ(Krzystof Warlikowski, 1962-, ポーランド)
d0103632_10043569.jpg
http://www.nowyteatr.org/en/people/warlikowski
個人的に印象的なのは、昨年7月にエクサン・プロヴァンス音楽祭で上演されたヘンデルのオラトリオ《時と悟りの勝利(Il trionfo del tempo e del disinganno)HWV46》(下記動画参照)の演出なのだが、正直なところよくわからない奇妙な演出という点で印象的。また、最近では今月(7月)ミュンヘンで上演されたフランツ・シュレーカーのオペラ《烙印を押された人々(Die Gezeichneten)》の演出も話題になった(下記トレーラー参照)。これらを勘案すると、今年10月から11月にかけてパリ国立オペラ座で上演予定の《ドン・カルロ(Don Carlos》(10/10プルミエ)も何か風変わりな演出が予想される。ちなみに下記動画のインタビューを見ると(オペラ演出家としては普通とも言える)「ゲイ」であることはほぼわかるが、Wikiの記事によると、興味深いことに同性愛者にもかかわらず女性の舞台・衣装デザイナー(Małgorzata Szczęśniak)と結婚しているようである(Warlikowski ist, ungeachtet seiner Homosexualität,[1] mit der Bühnen- und Kostümbildnerin Małgorzata Szczęśniak verheiratet. Beide arbeiten auch beruflich eng zusammen und realisierten viele Theaterproduktionen gemeinsam.[2])。

▼参考動画






by ka2ka55 | 2017-07-31 12:00 | オペラ | Comments(0)