Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

注目オペラ歌手(77)ディミトリー・コルチャック(Dmitry Korchak, 1979-, 露)(T)

▼ディミトリー・コルチャック(Dmitry Korchak, 1979-, 露)(T)
d0103632_11073881.jpg

今年(2016年)4月に新国立劇場(NNTT)で「新制作」として上演されたJ.マスネのオペラ《ウェルテル(Werthel)》(下記動画参照)にウェルテル役で出演(NNTT初登場)したロシア出身のテノール(今年37歳)。同公演は私も観たが、当初出演予定だったテノールが降板して代役としての出演だったせいもあるのか、予想以上の好演が印象的だった。NNTTのサイトの「プロフィール」には以下のように記載されているが、先ごろ来日して10/16に上野で上演されたマリインスキー・オペラの《エフゲニー・オネーギン》にレンスキー役で出演、さらに本日(10/18)は三鷹でリサイタルが予定されている。
ロシア生まれ。これまでにミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン州立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、英国ロイヤル・オペラ、ローマ歌劇場、パレルモ・マッシモ劇場、サン・カルロ歌劇場、モネ劇場、パリ・オペラ座、チューリヒ歌劇場、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルなどに出演。これまでに、「ウェルテル」タイトルロール、「セビリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、「愛の妙薬」ネモリーノ、「コジ・ファン・トゥッテ」フェルランド、「チェネレントラ」ドン・ラミーロ、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ、「エウゲニ・オネーギン」レンスキー、「オテロ」(ロッシーニ作曲)ロデリーゴ、「清教徒」アルトゥーロ、「真珠採り」ナディールなどを歌っている。今後の予定としては、メトロポリタン歌劇場「セビリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、バルセロナ・リセウ大劇場、バイエルン州立歌劇場において「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオなどがある。新国立劇場初登場。
▼参考動画








by ka2ka55 | 2016-10-18 12:00 | オペラ | Comments(0)