Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(52)アンドレア・シェニエ@ミュンヘン(2017年3月12日プルミエ)演出: Ph.シュテルツル

▼演出: フィリップ・シュテルツル(Philipp Stölzl, 1967-, 独ミュンヘン)
d0103632_01582263.jpg

現在、ベルリン(DOB)で上演中の《パルジファル(Parsifal)》(再演)を演出したミュンヘン出身の演出家だが、昨年(2015年)3月から4月にかけてザルツブルク復活祭音楽祭で上演された《カヴァレリア・ルスティカーナ(Cavalleria rusticana)》の全曲版(下記参照)が動画サイトに公開されているのを見て、ちょっと気になったので検索してみると、ベルリンでは以前にも取り上げたことがある《リエンツィ(Rienzi)》や《ファウスト(Faust)》(いずれもDOB)、《イル・トロヴァトーレ(Il trovatore)》(UDL)などを演出しており、いずれも独特の雰囲気のある舞台が印象的。しかし、けっしてオペラ専門の演出家というわけではなく、むしろ映画監督やビデオクリップなど映像作家としての仕事がメインのようでもある。オペラの演出に関しては、来年3月から4月にかけてにミュンヘン(BSO)で新制作として上演される《アンドレア・シェニエ(Andrea Chenier)》の演出が(一般的にはキャストのほうが注目されそうだが)個人的には気になる。

▼参考動画







by ka2ka55 | 2016-10-17 03:30 | オペラ | Comments(0)