Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(50)愛の妙薬@仏ラン国立オペラ座(16/10/21プルミエ)演出: S.ポーダ

▼演出: ステファノ・ポーダ(Stefano Poda, 1973-, 伊トレント)公式サイト
d0103632_08314717.jpg
前回前々回の記事の中で昨年トリノで上演された《ファウスト》の動画(全曲版トレイラー)を掲載したが、同プロダクションの演出を手がけたのがイタリア・トレント出身のオペラ演出家ステファノ・ボーダ氏。これまでのプロダクションの動画(本人のインタビューを含む)を見ると(下記参照)、好みが分かれる演出と言えそうだが、オペラ演出家には珍しく(?)、演出・衣装・照明・装置・振付のすべてを本人が手がけているという点で興味深い。本来、演出はそうあるべきなのか…
来月ストラスブールで上演予定(10/21プルミエ)の《愛の妙薬(L'elisir d'amore)》は演出家として初の演目のようだが、ネモリーノ役が(来年3月NNTTで上演予定の《ルチア》でエドガルド役の)イスマエル・ジョルディ(Ismael Jordi)、アディーナ役がダニエル・デ ニーズ(Danielle de Niese)なのでキャストの点でも注目される。

▼参考動画












by ka2ka55 | 2016-09-18 13:10 | オペラ | Comments(0)