Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

独ドルトムント歌劇場の2016/17シーズンは《ファウスト》で開幕(2016/09/17(土)プルミエ)

気になるオペラハウス(13)」として一昨年(2014年)12月に記事にした独ドルトムント歌劇場(Oper Dortmund)の2016/17シーズンは今月17日(土)にC.グノー作曲《ファウストFaust(Margarethe》(新制作)(19:30開演)で開幕する(11月11日(金)までの計9公演)。
d0103632_10273397.jpg
同演目についても説明は不要と思われるが、原題が"Faust (Margarethe)"とあるのは、ゲーテの『ファウスト 第一部』とミシェル・カレ(台本作家)の『フォーストとマルグリット』が原作であることによる(原語はフランス語)。
同歌劇場の関連サイトには"Zehn Dinge, die Sie über FAUST (MARGARETHE) wissen sollten"(ファウスト(マルガレーテ)に関して知ってほしい10の事柄)と題するページがあり大いに参考になる。
主要キャストは、マルガレーテ役がドイツ人ソプラノのエレオノーレ・マルゲール(Eleonore Marguelle, 1978-)、ファウスト役がルーマニア人テノールのルシアン・クラズネック(Lucian Krasznec)、メフィスト役(の1人)がオーストリア人バリトンのカール=ハインツ・レーナー(Karl-Heinz Lehner)ほか。
演出はイギリス人演出家のジョン・フルジェイムス(John Fulljames)だが、指揮は日本人の小林資典(Motonori Kobayashi)である点が注目される。
個人的には好きなオペラ(実演は未見)の1つであるが、日本で上演されることは滅多にないのがきわめて残念。NNTTでもまだ上演されたことはないようなので、是非、次期芸術監督(大野和士氏)の下で実現してもらいたい。ちなみに1894年11月24日に日本で最初に上演されたのが同オペラであることから11月24日は「オペラの日」とされている。

▼参考動画(2016/09/24公開トレイラー)


by ka2ka55 | 2016-09-08 12:00 | オペラ | Comments(0)