Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

注目オペラ歌手(67)エヴリン・ヘルリツィウス(Evelyn Herlitzius, 1963-, 独)(S)

▼エヴリン・ヘルリツィウス(Evelyn Herlitzius, 1963-, 独)
d0103632_341143.jpg
http://www.berliner-zeitung.de/kultur/musik/sopranistin-evelyn-herlitzius-ich-mach--das-jetzt-einfach--2788302
「注目オペラ歌手」のカテゴリーでは原則として40歳以上(1976年以前生まれ)の歌手は対象外にしているのだが、たまに例外として取り上げることがある。今回取り上げるE.ヘルリツィウスはWikiによると1963年4月27日ドイツ・オズナブリュック出身で現在53歳。オペラ歌手としてのデビューは比較的遅く30歳(1993年、《タンホイザー》のエリーザベト役)、初めはダンサーだったようでもある。2002年(39歳)には「指環」のブリュンヒルデ役でバイロイトにデビュー、その後2006年と2007年の《パルジファル》でのクンドリー役、2010年の《ローエングリン》でのオルトルート役、さらに昨年(2015年)の《トリスタンとイゾルデ》でのイゾルデ役で出演している。つまりワーグナー歌手と言っても過言ではなさそうだが、ソプラノ歌手のタイプとしてドラマチックソプラノ(Dramatischer Sopran)に分類されており、今回注目した理由は、昨日の記事の参考動画(ヴェルディのオペラ《オベルト》)の中でのレオノーラ(Leonora)役がとくに印象的なため。そこで、operabaseで今後のスケジュールを見ると、「指輪」のブリュンヒルデ役、《ローエングリン》のオルトルート役以外では、《エレクトラ》の題名役、《カヴァレリア・ルスティカーナ》のサントゥッツァ役が予定されている。ちなみに2010年以降の来日は確認できないが、2007年11月にドレスデン歌劇場の来日公演《タンホイザー》のヴェーヌス役で出演したことは間違いない。

▼参考動画

















by ka2ka55 | 2016-08-08 04:00 | オペラ | Comments(0)