Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

続)T.アデス作曲《The Exterminating Angel》@ザルツブルク音楽祭(16/7/28初演)とはどんなオペラなのか

d0103632_34852.jpg今月22日(7/22)(金)に開幕する今年のザルツブルク音楽祭(Salzburger Festspiele)だが、3/10付記事(下記参照)の通り、新制作として上演予定のオペラ3本がそれぞれラジオ(OE1)で放送されるようなので、メモしておく(日時はいずれも現地時間)。

・T.アデス《皆殺しの天使》(THOMAS ADÈS • THE EXTERMINATING ANGEL)/放送(Live): 7月28日(木)19:00~

・R.シュトラウス《ダナエの愛》(RICHARD STRAUSS • DIE LIEBE DER DANAE)/放送: 8月6日(土)19:30~

・C.グノー《ファウスト》(CHARLES GOUNOD • FAUST)/放送: 8月13日(土)19:30~

今年のザルツブルク音楽祭(Salzburger Festspiele)は7月22日から8月31日まで開催されるが、オペラ公演に関しては、新制作3本、再演2本、初演1本のほか、聖霊降臨祭音楽祭(Pfingstfestspiele)からの借用1本、演奏会形式3本が予定されている(参考記事)。このうち世界初演(Uraufführung)として上演されるのが、英国ロンドン出身の作曲家・ピアニスト・指揮者トーマス・アデス(Thomas Adès, 1971-)作曲のオペラ《The Exterminating Angel》全2幕。じつは当初、昨年(2015年)上演される予定だったものの、なぜか今年に延期された公演のようだが、同音楽祭での上演後、2017年の春にはロンドン(ROH)、秋にはニューヨーク(MET)でも上演が予定されている、いわば注目作品である(関連記事)。しかし、もちろんオペラとしては新制作だが、かつて映画化され、『皆殺しの天使』という邦題で1981年に日本でも公開されたルイス・ブニュエル監督のメキシコ映画(1962年製作・公開)のオペラ化のようである。Wikiの記事によると「ストーリー」は以下の通り。
あるブルジョワジーの邸宅で、夜会が始まった。楽しげに振舞う列席者たち。ところが、邸宅の従業員が次々に辞職していき、執事ただ一人になってしまう。何とか晩餐を用意する主賓夫婦。食事の後、音楽室に移った列席者たちはピアノや歓談を楽しみ、帰る様子もなくそのうちジャケットを脱ぎ、すっかり腰を落ち着けてしまう。次の朝になってみると、なぜか誰も部屋から出られなくなってしまう。

by ka2ka55 | 2016-07-28 18:00 | オペラ | Comments(0)