Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(46)蝶々夫人@ヨーテボリオペラ他(演出: 笈田ヨシ)

▼演出: 笈田ヨシYoshi Oida, 1933-, 兵庫県神戸市)公式サイト
現在、スウェーデンのヨーテボリオペラ(GöteborgsOperan)で上演中(2/13~5/18)の《蝶々夫人(Madame Butterfly)》を演出している日本人。1933年兵庫県神戸市生まれとあるので相当に高齢(7月に83歳)であるが、Wikiの記事の「来歴」には以下のように記載されている:
慶應義塾大学在学中、文学座に入団。劇団四季を経て1968年にロンドンでピーター・ブルック演出の実験劇「テンペスト」に出演。1970年にブルックが設立した国際演劇研究センター(CIRT)に参加。以後パリを拠点に、主に各国の劇場で活躍。著書に「俳優漂流」(五柳書院、1989)がある。90年代に笈田ヨシ、あるいはヨシ笈田に改名。1992年にフランス芸術文化勲章シュバリエ受勲。以降2007年に同オフィシエ、2013年には同コマンドゥールを受勲。
しかし、日本人演出家による《蝶々夫人》でありながら、しかもタイトルロールの蝶々さん役はダブルキャストであるにもかかわらず、いずれも韓国人ソプラノ(Jung Nan Yoon / Karah Son)であるというのは、いささか残念と言わざるを得ない。ちなみに日本人はダンサー役としてKyoko Matsumotoのみキャスティングされている。

▼参考動画









《ピーター・グライムズ(Peter Grimes)》@仏リヨン(2014年4月)/指揮: 大野和士




《真珠採り(Les Pêcheurs de perles)》全曲@仏パリ・オペラ=コミック座(2012年)指揮: レオ・フセイン

by ka2ka55 | 2016-03-24 09:11 | オペラ | Comments(0)