Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(37)さまよえるオランダ人@ウィーン劇場(15年11月12日プルミエ)演出: O.ピィ

▼演出: オリヴィエ・ピィOlivier Py, 1965-, 仏グラース)
同演出家については、すでに昨年12月に記事にしているが、今月12日(木)にアン・デア・ウィーン劇場で初日を迎える《さまよえるオランダ人(Der fliegende Holländer》の演出がちょっと気になるので再度取り上げる。同公演は、指揮がM. ミンコフスキーでオケがグルノーブル・ルーヴル宮音楽隊である点でも興味深いのだが、同劇場のウェブサイトの現在のトップページに掲載されている写真(さらに「オランダ人」の公演ページの写真)がどうも気になる。
d0103632_23404334.jpg
もう一枚の写真は小さくて見にくいが、明らかに日本の千円札を用いたコラージュのように見える。しかし出演者の中にオランダ人役の韓国人(Samuel Youn)はいるが日本人はいないので、この写真は誰なのか…
11月8日(日)には同演出家が出席するいわば「オペラトーク」(Einführungsmatinee)が開催されるようなので、そこで何か明らかになるかもしれない…

*関連記事: http://derstandard.at/2000025543107/Olivier-Py-Nichts-ist-wirklich-ausser-dem-Theater-selbst
by ka2ka55 | 2015-11-05 23:44 | オペラ | Comments(0)