Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(36)ヘンゼルとグレーテル@ウィーン国立(15年11月19日プルミエ)演出:A. ノーブル

▼演出: エイドリアン・ノーブル(Adrian Keith Noble, 1950-, 英)
今月19日(木)にウィーン国立歌劇場で初日を迎えるE.フンパーディンク(Engelbert Humperdinck, 1854-1921, 独)のオペラ《ヘンゼルとグレーテルHänsel und Gretel)》を演出する英国の演出家(theatre director)。周知のように11月~12月は同オペラの上演がとくに多く、Operabaseによると同2カ月間だけでも38都市で39種類のプロダクションが計203回上演される予定。なぜ38都市で39のプロダクションかというと、ウィーンでは国立歌劇場とフォルクスオーパーの両方で上演されるからだが、とくに国立歌劇場は新プロダクションで、しかも指揮がC.ティーレマン(Christian Thielemann, 1959-, 独)ということもあり(関連記事)、初日は完売かと思いきや意外にも売れ残っている。
演出に関しては新制作であることは間違いなく、もうすでにリハーサルは最終段階にあると思うが、さすがにGP前でもあり、ほとんど情報が見つからず現時点ではどんなものになるのかまったく不明。したがって、比較的最近上演された公演(ウィーン国立では2010年に《アルチーナ》を演出)の中から公開されている動画を参考にして予想してみるしかない。なお、昨年(2014年)5月に上野で上演されたローマ歌劇場(ムーティ指揮)の引越し公演《シモン・ボッカネグラ(Simon Boccanegra)》の演出家でもある。

▼参考動画











by ka2ka55 | 2015-11-05 18:05 | オペラ | Comments(0)