Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラハウス(23)マグデブルク劇場/歌劇場(Theater Magdeburg - Opernhaus)(独)

▼マグデブルク劇場(Theater Magdeburg)(独マグデブルク)
マグデブルクはドイツの北東部、ベルリンとハノーファーのほぼ中間に位置する人口約23万の都市。G.P.テレマン(Georg Philipp Telemann, 1681-1767)の出身地でもあり、隔年でテレマン音楽祭(Magdeburger Telemann-Festtage)が開催されている(次回(第23回)は来年(2016年)3/11~3/20に開催予定)。
d0103632_176941.jpg
http://www.magdeburg.de/Start/Bürger-Stadt/index.php?NavID=37.367&object=tx%7C37.6876.1&ModID=9&FID=37.102.1
歌劇場(Opernhaus)のファサード(写真)を見ただけはよくわからないが、キャパは「747席」ということなので「小劇場」と言えなくもない(ちなみに新国立劇場(初台)の中劇場は1,010席)。また、人口23万といえば、当地(川崎市多摩区)の人口(約21万)と大差ないが、当区のオペラ公演も可能な多摩市民館大ホールのキャパは約900席という規模。いや、もちろん比較すべきは「箱」ではなく中身である。
Video-Archivには2013/14年シーズン以降のオペラ・バレエ・演劇・ミュージカルを含む33の動画(トレイラー)が公開されているが、大スターが出演しているわけではないものの、このような公演が毎日のように近所で観られれば他に望むはないと言っても過言ではない。
ちなみに当歌劇場のGMDはキンボー・イシイ氏、フィルハーモニーのコンサートマスターは山下洋一氏。
by ka2ka55 | 2015-10-06 00:45 | オペラ | Comments(0)