Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

続)気になるオペラ演出(29)ペレアスとメリザンド@フィレンツェ(15年6月18日プルミエ)他

▼すでに上演中ですが、いわばメイキングの動画が公開されていたので貼り付けます。





▼以下、元記事
▼演出: ダニエレ・アバド(Daniele Abbado, 1958-, 伊)(D)
イタリア・ミラノ出身の演出家および芸術監督。父親は知る人ぞ知る指揮者の故クラウディオ・アバド(Claudio Abbado, 1933-2014)。つい最近トレイラーで見たミラノ・スカラ座やロンドン(ROH)で上演された《ナブッコ(Nabucco)》の映像が印象的なので俄かに興味津々なのだが、6月にフィレンツェで上演予定の《ペレアスとメリザンド(Pelleas et Melisande)》(指揮: D. ガッティ)の舞台イメージにも洗練されたセンスの良さが感じられる。ちなみに父親のアバドはプッチーニのオペラを指揮することはなかったが、息子のアバドは《蝶々夫人(Madamma Butterfly)》も《トスカ(Tosca)》も演出している。また、2005年から2007年にかけて上演された《魔笛(Die Zauberflöte)》では息子が演出して父親が指揮をしている。

by ka2ka55 | 2015-06-22 01:12 | オペラ | Comments(0)