Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

動画: G.F. ヘンデル作曲《エジプトのジュリアス・シーザー(Giulio Cesare in Egitto, HWV17)》を観る

《アルチーナ(Alcina, HWV34)》以外のヘンデルのオペラはそれほど熱心に聴いたり観たりしているわけではないが、なぜか《エジプトのジュリアス・シーザー(Giulio Cesare in Egitto, HWV17)》にはこのところちょっとハマリかけている。公開されている(複数の全曲版を含む)動画がいずれも秀逸ということもあるが、シーザーやクレオパトラなどきわめてポピュラーな登場人物がすったもんだしてハッピーエンドで幕を閉じるというバロックオペラならではの筋が私好みのせいかもしれない。「あらすじ」はココを参照。以下、例によって公開されている動画の一部を貼っておく。

▼2005年グラインドボーン音楽祭版(全曲)

指揮:ウィリアム・クリスティ
エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団、グラインドボーン合唱団
ジュリオ・チェーザレ:サラ・コノリー
セスト:アンゲリカ・キルヒシュラーガー
クレオパトラ:ダニエル・ドゥ・ニース
コルネーリア:パトリシア・バードン
アキッラ:クリストファー・モルトマン
トロメーオ:クリストフ・デュモー
ニレーノ:ラヒド・ベン・アブデスラム
クーリオ:アレクサンダー・アシュワース

演出:デイヴィッド・マクヴィカー
装置:ロバート・ジョーンズ
衣裳:ブリギッテ・ライフェンストュール
照明:ポール・コンスタブル
振付:アンドリュー・ジョージ

【2005年8月14日、17日 グラインドボーン歌劇場(グラインドボーン音楽祭、イギリス)におけるライヴ収録】

▼2012年ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭版(全曲)(ドイツ語字幕)

Andreas Scholl: Giulio Cesare.
Cecilia Bartoli: Cleopatra.
Anne Sofie von Otter: Cornelia.
Philippe Jaroussky: Sesto.
Christophe Dumaux: Tolomeo.
Ruben Drole: Achilla.
Jochen Kowalsky: Nirena.
Peter Kálmán: Curio.

Il Giardino Armonico
Conducted by Giovanni Antonini.
Directed by Moshe Leiser & Patrice Caurier.


▼2011年パリ(オペラ座)版



<第2幕>
Natalie Dessay (Cleopatra), Lawrence Zazzo (Cesare), Varduhi Abrahamyan (Cornelia), Isabel Leonard (Sesto), Christophe Dumaux (Tolomeo), Nathan Berg (Achille), Dominique Visse (Nireno), Aimery Lefèvre (Curio)
Le Concert d`Astrée, Emmanuelle Haïm (conductor) & Laurent Pelly (stage director)

▼2007年コペンハーゲン(王立劇場)版(全曲)



<第1幕>



<第2幕><第3幕>
Andreas Scholl (Giulio Cesare), Inger Dam-Jensen (Cleopatra), Randi Steene (Cornelia), Tuva Semmingsen (Sesto), Christopher Robson (Tolomeo), Palle Knudsen (Achilla) & James Huw Jeffries (Nireno)
Concerto Copenhagen, Lars Ulrik Mortensen

by ka2ka55 | 2015-06-11 02:43 | オペラ | Comments(0)