Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

続)気になるオペラ演出(17)魔笛(Die Zauberflöte)@チューリヒ2014ほか(演出: T. ギュルバカ)

*本日(4/24)オスロでプルミエの"La Traviata"の短いトレイラー(1時間前に公開)が目にとまったので貼り付けておきます。



▼以下、2015年2月18日付の記事
▼演出: タチヤーナ・ギュルバカ(Tatjana Gürbaca, 1973-, 独)(姓のカナ表記は間違っている可能性あり)
ベルリン出身の演出家。名門(?)の「ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン」で演出を学び、2000年に《トゥーランドット(Turandot)》@墺グラーツの演出でデビューしている。個人的には2009年にベルリン(DOB)で観た《さまよえるオランダ人》の演出家なのだが、印象に残っているのは、終演後の「ブーイングの嵐」。その後、再演された様子はなさそうなので、やはり演出に難点があったのは間違いなさそう。しかし、Operabaseのスケジュールを見ればわかるように、ここ数年の欧州各地での仕事量はけっして少なくはない。やはり個人的には、あの「オランダ人」の演出家…という印象しかないのだが…

by ka2ka55 | 2015-04-24 23:25 | オペラ | Comments(0)