Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(25)後宮からの誘拐@独ヴィースバーデン2015年3月28日プルミエほか

▼演出: ウーヴェ・エリック・ラウフェンベルク(Uwe Eric Laufenberg, 1960-, 独)
ドイツ・ケルン出身の演出家。以前、「気になるオペラハウス(17)リンツ州立劇場」の記事でもちらっと触れているように、2016年にバイロイトで新制作される《パルジファル(Parsifal)》の演出家でもある。2009/10シーズンからケルン歌劇場のインテンダント(総監督)を務めていたが、運営面でのトラブルで任期途中で辞任、昨年(2014年)ヘッセン州立劇場@独ヴィースバーデンのインテンダントに就任している。就任後初の公演は《影のない女(Die Frau ohne Schatten)》。ヴィースバーデン、ケルン、リンツ以外ではドレスデンの《ばらの騎士(Der Rosenkavalier)》、さらにウィーン国立歌劇場で上演中の《エレクトラ(Elektra)》(3/29プルミエ)も演出している。ちなみにヴィースバーデンの《後宮からの誘拐(Die Entführung aus dem Serail)》については、フランクフルター・ルンドシャウ紙が"Die Entführung aus dem IS"と題してレビュー記事(3/30付)を掲載しているが、この調子だと、バイロイトの《パルジファル》の演出も例によって物議を醸すのではなかろうか…

▼参考動画












by ka2ka55 | 2015-03-31 07:51 | オペラ | Comments(0)