Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラハウス(12)レーゲンスブルク劇場(Theater Regensburg)@独レーゲンスブルク

▼レーゲンスブルク劇場(Theater Regensburg
レーゲンスブルクは、ミュンヘンやニュルンベルクと同様、バイエルン州に位置する人口約14万の小都市で旧市街がユネスコの世界遺産に登録されている。ちなみに、このドナウ川沿いの町も30年以上前に訪れたことがあるが、世界遺産に登録されたのは2006年なので、そのはるか以前の話。ただし同劇場での観劇経験はなく、もし再訪することがあれば、観劇以外の目的は考えられない…
それにしても同劇場の歴史は古く、設立は1804年とのことだから、わたしが生まれるはるか以前の話。その後もちろん改築等は行われているとは思うが、主要劇場のキャパは500席余りと相当に小ぶり。いや、小ぶりだからこそ興味がそそられるのだが…しかし、さらなる興味は、同劇場の音楽総監督に2008年から阪哲朗氏が就任していること(関連記事)、さらに2013年からは舞踊部門の芸術監督・主席振付家に森優貴氏が就任していること(関連記事)が挙げられる。

▼参考動画



《トリスタンとイゾルデ》(2014年9月27日プルミエ)(指揮:阪哲朗/演出: Lotte de Beer)




バレエ《ドン・キホーテ》(2014年10月17日プルミエ)(振付・演出:森優貴)

by ka2ka55 | 2014-11-30 01:21 | オペラ | Comments(0)