Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラハウス(7)ハレ歌劇場(Oper Halle)@独ハレ(ザーレ)

▼ハレ歌劇場(Oper Halle
ハレ(ザーレ)(Halle/Saale)は《ドイツのザクセン=アンハルト州の都市である。かつてはプロイセン王国、戦後は東ドイツに属した。人口は約23万人である。都市名はハレ・アン・デア・ザーレ[3]とも表記される》(Wikiの記事より)。近くの大きな都市としては、約35キロ南西にライプツィヒがあり、ライプツィヒには何度か訪れたが、ハレにはまだ行ったことがない。ちなみに同歌劇場のキャパも672席と相当に小ぢんまりとしている。
また、ハレといえば、G.F. ヘンデル(Georg Friedrich Händel, 1685-1759)の出生地でもあり、残存する生家が記念館(
Händel-Haus)として公開されているほか、毎年、ヘンデル音楽祭が開催されている(プログラム)。

いくつかの動画を見ると、韓国人歌手が主役級で活躍している公演があり、たとえば現在上演中の《魔笛》ではパパゲーノ役のテノール(Ki-Hyun Park)、さらに同公演では同歌劇場合唱団所属の日本人ソプラノ(Kaori Sekigawa)がパパゲーナ役である。









by ka2ka55 | 2014-11-15 16:00 | オペラ | Comments(0)