Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

気になるオペラ演出(1)『ニーベルングの指環』@バイエルン国立歌劇場(演出:A. クリーゲンブルク)

一昨年(2012年)新制作としてK. ナガノの指揮で上演され、来年(2015年)2月から4月にかけてK. ペトレンコの指揮で再演が予定されている独バイエルン国立歌劇場(ミュンヘン)『ニーベルングの指環』(Der Ring des Niebelungen)4部作それぞれのトレーラー。(ちなみに《ラインの黄金》(序夜)と《ワルキューレ》(第1日)の初演は1869年と1870年にいずれもバイエルン宮廷歌劇場で行われた)
問題の演出(A. クリーゲンブルク)に関しては、断片的にしかわからないため何とも言えないが、まさに断片的に気になることはたしか…



総括トレーラー(話は同歌劇場のN. バッハラー総裁)




《ラインの黄金(Das Rheingold)》序夜の序奏部




《ラインの黄金(Das Rheingold)》序夜




《ワルキューレ(Die Walküre)》第1日




《ワルキューレ(Die Walküre)》第1日の第3幕序奏部「騎行」




《ジークフリート(Siegfried)》第2日




《神々の黄昏(Götterdämmerung)》第3日

by ka2ka55 | 2014-10-27 01:13 | オペラ | Comments(0)