Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

腐っても鯛、太ってもネトレプコ

なぜか今頃になって今年8月1日にザルツブルク祝祭大劇場でプルミエ上演された「ボエーム」の収録映像(8月20日放送NHKプレミアムシアター版)を観た(まあ、もともと『ボエーム』はクリスマス前後の話なので今頃観るのがむしろ適切なのかもしれない)。上演直後に結構話題になっていた公演だが、なんだかんだ言って、やはりミミ役のアンナ・ネトレプコの存在感が圧倒的である。いや、けっして太ったからというわけではない(ちなみに脚は意外と細い)。どこか次元の違いを感じさせる。まさか苦手な「ボエーム」を観て泣くとは思わなかったわ。以下、YouTubeにUPされているオーストリアTV(ORF)が収録した同じ映像(ドイツ語字幕)。演出(ダミアノ・ミキエレット)もセンスがよく、ガッティ指揮、ウィーンフィルの演奏もすばらしい。



by ka2ka55 | 2012-11-28 11:15 | 音楽 | Comments(0)