Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

RE:Plov

ピラフ」というと、少なからず洋風もしくは欧風のイメージがあるが、日本語版Wikiの記事をみると、(フランス語の)ピラフ(pilaf)の語源はトルコ語の"pilav(ピラヴ)"であり、トルコで一般的な料理らしく、トルコからフランスに入ってフランス料理のピラフとなったとある。洋風のイメージがあるのは日本ではフランス料理としてのピラフが伝えられたためだろうか。
一方、トルコから中央アジア(ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスなど)に伝わったピラフもある。こちらがどうやら"Plov"つまり「プロフ」(写真参照)となり、旧ソ連時代にロシア、ウクライナ、グルジアなどにも広まっていったようである。



「プロフ」の調理法が収録されている動画は多いが、当然のことながら説明はロシア語がほとんどのため詳しくは聞き取れないものの映像を見れば大体のことはわかる(ような気がする)。
上の動画は独デュッセルドルフの(たぶんウズベキスタン人の)レストランシェフによる調理法の紹介。国や地域によって材料や調理法に多少の違いはあるものの基本的には同様で、いずれもニンジンの千切りを大量に投入することなどを含めて、フランス料理のピラフや中華の炒飯(チャーハン)などとは決定的に違うようである。
by ka2ka55 | 2012-05-27 23:39 | | Comments(0)