Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

Tenor aus dem Steaklokal rettet Mahler-Konzert

テノールがステーキレストランから出てマーラーのコンサートを救う」―タイトル(直訳ではあるが誤訳ではないはず)を見ただけでは何のことやらさっぱりだが、部分的に笑えるニュースである。
30.03.2012 | 18:44 | (Die Presse)
Johan Botha sprang im letzten Moment im Musikverein für einen Kollegen ein, der einen Schwächeanfall erlitten hatte.

Er hatte soeben sein Abendessen – ein umfangreiches Steak – verzehrt, als das Telefon klingelte: Die Wiener Gesellschaft der Musikfreunde rief Johan Botha um Hilfe. Tenorkollege Torsten Kerl hatte wenige Minuten vor dem geplanten Auftritt, vermutlich aufgrund einer Kolik, einen Schwächeanfall erlitten. Auf dem Programm: Mahlers „Lied von der Erde“, die vorletzte vollendete Symphonie des Komponisten, eine Folge von sechs großen Gesängen mit fernöstlichen Texten – daher der ungewöhnliche Titel.

http://diepresse.com/home/kultur/klassik/745152/Tenor-aus-dem-Steaklokal-rettet-MahlerKonzert?_vl_backlink=/home/kultur/index.do
墺紙Die Presseの3月30日付文化欄の上記記事によると、ウィーンの楽友協会で29日(木)に行われたズービン・メータ指揮&ミュンヘンフィルのコンサートでマーラーの「大地の歌」の出番直前に急病(腎疝痛?)で倒れたテノール歌手トルステン・ケルルTorsten Kerl)の代役として、ステーキハウスで夕食中のテノール歌手ヨハン・ボータJohan Botha)が電話で呼び出され、タクシーで駆けつけて間一髪で演奏に間に合ったとのこと。
ヨハン・ボータといえば、昨年のバイエルン歌劇場の日本公演(ローエングリン)でも急遽代役として来日して大好評だったが、「白鳥の騎士」ならぬ「白鳥の力士」などと言われるほどの巨漢。ステーキを食べかけて店を飛び出し、あの巨体を揺らしてホールへ向かうシーンを想像すると、ちょっと笑える。それにしても、こうした代役が一瞬で見つかるところが、さすがにウィーンである。なお、トルステン・ケルルは回復に向かっているとのこと。
by ka2ka55 | 2012-03-31 20:46 | ニュース | Comments(0)