Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

ラヴェルのオペラ

"30 Frösche auf der Bühne"―「舞台に30匹のカエル」というタイトル(24日付Badische Zeitung)が目に留まり、何事かと思ったら、独フライブルク劇場(Theater Freiburg)で26日(日)にプルミエとして上演されるラヴェルのオペラ《子供と魔法》("L’ Enfant et les Sortilèges"またはドイツ語では"Das Kind und die Zauberdinge")を演出したレアンドラ・オファーマン(Leandra Overmann)氏へのインタヴュー記事だった。オファーマン氏はベオグラード出身の歌手(メゾソプラノ)であり、独ヴュルツブルク音楽大学の教授でもあるようだが、今回、演出家としてデビューとのこと。
by ka2ka55 | 2012-02-25 07:00 | 音楽 | Comments(0)