Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

Simone Kermes



シモーネ・ケルメスSimone Kermes)。独ライプチヒ出身(生年不明)のソプラノ歌手(ドラマチック・コロラトゥーラ)。
昨日の紹介記事の中で《魔笛》の配役に関し、ほとんど知らない名前ばかりなのだが、そのうちの1人で「夜の女王(Königin der Nacht)」にキャスティングされているので検索してみて初めて知った次第。さすがにドイツは人材が豊富である。歌唱力はともかく、キャラクター的にこれほど「夜の女王」にうってつけのソプラノはいないだろう。ヴィヴァルディやヘンデルなどバロックが得意のようで、ひょっとしたら「夜の女王」は初役なのかもしれない。ちなみに、ここで歌っているのは、モーツァルトのオペラ《イドメネオ》の終幕近くで歌われるエレットラのアリア"D'Oreste, d'Aiace ho in seno i tormenti(オレステスとアイアスの苦悩をこの胸に感じる)"。
まだ1年以上先とはいえ、注目すべき《魔笛》であり、映像化が期待される。
by ka2ka55 | 2012-01-15 05:39 | | Comments(0)