Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

Ring Saga

一昨日ちょっとふれた"Ring Saga"だが、けっしてこのタイトルの別作品があるわけではなく、ワーグナーの「指環(Ring)」すなわち「ニーベルングの指環」の全4部作《ラインの黄金》《ワルキューレ》《ジークフリート》《神々の黄昏》のいわば短縮版としてのプロダクション名である。どれほどに短縮されているかというと、オリジナル版の全上演時間の約16時間に対して、約9時間。しかも時間が短縮されているだけではなく、オーケストラの人数も大幅に縮小されていて、見た目はまるで室内楽風。具体的には例えばコントラバスもハープもそれぞれ1台しか使われていない(オリジナル版ではコントラバスは8台、ハープは6台の指定)。しかし、いわゆるコンサート形式の上演とは違って舞台装置も衣装も含めて演出はきっちりなされているので意外と物足りなさは感じない。むしろ、短縮されることによって濃縮された感じもするほど。ちなみに《ワルキューレ》ではオリジナル版ではブリュンヒルデを除く8人のワルキューレたちが登場するが、この短縮版では3人しか登場しない。さらに、《神々の黄昏》では序幕の3人のノルンのシーンは完全にカットされているが、ほとんど違和感はない。
d0103632_021989.jpg
いわゆるビッグネームはキャスティングされていないが、若手中心ながら歌唱陣も概ね申し分ない。オケの規模が小さい分、力士級のヘルデンテノールが不要というのも利点の1つかもしれない。この短縮版でのジークフリート役はJeff Martinという米国人(写真右)。また、《ジークフリート》の第2幕でジークフリートと絡む「森の小鳥(Waldvogel)」役のMélody Louledjian(ソプラノ)が実にイイ(写真左)。1982年ニース生れのフランス人らしいが、ワーグナーやシュトラウスなどの作品に多く出演しているものの、なぜかドイツ語圏の歌劇場にはほとんど出演していない(過去に来日はしているらしい)。「森の小鳥」以外では、《ラインの黄金》と《神々の黄昏》のヴォークリンデ(Woglinde)役、および《ワルキューレ》のゲルヒルデ(Gerhilde)役で出演している。いずれにしても端役ではもったいないほどの(好みの)美貌の持ち主でもあり、個人的には注目のソプラノである。

なお、arteでは"Ring Saga"の下記ライブ収録ビデオ(全4作品)を3月末~4月初め頃まで視聴可能(字幕はフランス語)。
第1部:ラインの黄金Das Rheingold)(01:52:56)
第2部:ワルキューレDie Walküre)(02:34:06)
第3部:ジークフリートSiegfried)(02:13:03)<森の小鳥は00:55:25から登場>
第4部:神々の黄昏Götterdämmerung)(02:34:52)
by ka2ka55 | 2012-01-10 13:21 | 音楽 | Comments(0)