Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

オペラ座の怪人?―バイロイト音楽祭2011開幕

25日にバイロイト音楽祭が開幕、昨日は初日の《タンホイザー》がラジオで生中継された。ワグネリアンというわけでもなく、それほど関心があるわけではないので第2幕の途中からちらっと聞いていたが、案の定、カーテンコールでの(たぶん演出に対する)ブーイングが最も印象的だった。ラジオの生中継はイタリアの放送局(RAI)などで連日聴けるようだが、TVは昨年と同様、NHKが8月14日に《ローエングリン》を生中継するようである。8月28日(日)まで(公演予定表
d0103632_1136661.jpg
diepresse.com
写真の怪しげな男性はレッドカーペット上を歩いて劇場に入るVIPに付き添うボディガードに見えなくもなく、名前(Joachim Sauer)を聞いても顔を見ても「誰?」と言えなくもないが、歴とした夫君である。ウィキの記事によると「妻とともにバイロイト音楽祭(ワーグナーのオペラの音楽祭、ドイツの極めて有名な社交行事)に出席した後、ザウアーはドイツのマスコミによって「オペラ座の怪人 (Das Phantom der Oper)」というあだ名をつけられた[1]。ザウアー教授は、ワーグナーの音楽の熱烈な愛好者として知られている。」とのこと。
by ka2ka55 | 2011-07-26 11:41 | | Comments(2)
Commented by ありちゅん at 2011-07-26 16:12 x
こんにちは。ストーカーのごとく、しょっちゅうお邪魔してすみません。顔にモザイクをかけていらしたのでウケました。誰なのかすぐ分かりましたが… そういえば、何かの晩餐会か演奏会で、この方が胸元の開いたセクシードレスをお召しになっていた衝撃画像がありましたよね。ka2kaさんのブログで拝見したのを思い出しました。何かと話題を提供してくださる方ですね。
Commented by ka2ka55 at 2011-07-27 00:09
この画像ですね。http://www.afpbb.com/article/politics/2629750/4445757
彼女、あくまで旦那孝行であって、オペラはサッカーほど好きではないかもしれません。