Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

海外専門家コメント

「レベル7」に引き上げられたことに関連して海外専門家のコメント(複数)がSMC(一般社団法人サイエンス・メディア・センターhttp://smc-japan.org/)に掲載されている。すでに日本当局から発表された内容と大きく食い違うものではないが、チェルノブイリ事故との違いについて触れているコメントを以下に転載する。
なお、同サイトの記事について「私的/商業利用を問わず、記事の引用・転載(二次利用)は自由です。」とのこと。
ジム・スミス博士(Dr. J.T. Smith)
ポーツマス大学准教授(専門:環境物理学)
 福島での事故の国際評価尺度(INES)のレベル7への引き上げは、陸と梅への放射線核種の放出の深刻度を示しています。
 しかし、福島原発と同じレベル7のチェルノブイリ事故との間には様々な違いがあります。これまでのデータを拝見したところ、チェルノブイリ原発事故で放出された放射能量は福島の約10倍です。また、福島原発周辺では重要な健康保護対策が実施されています。チェルノブイリ事故では、事故発生から48時間が経過してから、地元住民に避難命令が出ました。原子炉が燃えている中、子どもたちは外で遊んでいました。また、ヨウ化カリウム錠も配布されてはいませんでした。チェルノブイリ事故の数週間後でも地元の人たちは放射性ヨウ素で汚染された牛乳や葉野菜を食べ続けていたのです。
 原発周辺の人たちの避難、食品の出荷禁止、そしてヨウ化カリウム錠の配布を実施したことにより、日本政府は福島原発事故の最悪の健康被害を阻止できたと思います。放射性ヨウ素の量も放射性崩壊によって急速に減少しています。現在の量は事故発生後に比べると約10分の1になっていると考えられます。
 しかし、陸と海に大変な汚染が広がったことは明らかです。その結果、広い地域で避難命令や出荷禁止措置が取られています。これまでのデータを見る限りでは、福島の北西地域では放射性セシウム濃度が高いと見られます。放射性セシウムは長期的に環境に残るためこれに関する対策(たとえば出荷禁止)は、これから数十年続ける必要があるでしょう。
【以下原文】
Dr. J.T. Smith, Reader in Environmental Physics at the University of Portsmouth, said:
“The preliminary grading of the Fukushima accident as Level 7 on the International Nuclear Events Scale reflects the severity of radionuclide releases to land and sea. But there are key differences between Fukushima and Chernobyl, the only previous Level 7 accident. From the data so far, it seems that about ten times more radioactivity was released at Chernobyl. Crucially, key health protection countermeasures have been put in place at Fukushima. At Chernobyl, local people were not evacuated until about 48 hours after the accident: children were still playing outside as the reactor burned, and potassium iodide tablets were not distributed. In the weeks after Chernobyl, people continued to eat milk and leafy vegetables highly contaminated with radioactive iodine.
“By evacuating and sheltering the population, implementing food bans, and distributing potassium iodide tablets, the Japanese authorities will have prevented the most serious health effects of Fukushima. Levels of radioactive iodine are declining rapidly by radioactive decay – current levels are about a tenth of what they were when the accidents happened. But, it is clear that there has been a major contamination of land and sea. The effects of this are being seen now, with evacuation and food bans in place over a wide area. It appears from the data available so far, that there has been significant radiocaesium contamination, particularly of an area of land to the northwest of Fukushima. Radiocaesium remains in the environment for the long term and initial data suggests that this could mean that countermeasures (for example, food bans) will need to be in place in some areas for decades.”

by ka2ka55 | 2011-04-13 17:22 | ニュース | Comments(0)